« 引越しのお知らせ | トップページ

2020年4月13日 (月)

滋賀県滞在中

Img_20200407_220613_542

緊急事態宣言、外出自粛、休業要請…文字だけ並べてもわかるほど、とんでもないことになってきましたね…。多くの方々が日常生活にも大きな影響がでてきいると思います。12月に新型肺炎のニュースを始めてみたときは、私はそのニュースが印象に残っていますが、中国の内陸かぁ、またコロナウィルスかぁ、どうせ日本へは関係ない…的に思ってました。きっと多くの方がそうだと思います。いや、そのニュースすら覚えていない方も多いのではないでしょか。そのとき、こんな世界的なパンデミックを誰が予想したでしょうか。私も想像だにしてませんでした。
いよいよ日本も本格的に感染が蔓延してきました。この事実にあれこれ言うのは簡単ですが、広まってきているものを今は避ける、私にはこれしかできません。しかし薬局に行っても、マスクも消毒剤も、一時はトイレットペーパー、はては体温計まで手に入らなくなっていました。これには困ったものです。私は不幸中の幸いか、花粉症重症者だったため、マスクだけはたくさん持っており、騙し騙し使えば2ヶ月分は持ちこたえそうです。これで仮にもし自分が知らずに感染しても、拡散する可能性を少しは押さえられると思います。あとは三密と呼ばれる密閉、密接、密集を極力避けて消毒、手洗い、うがいを徹底してやっていくことでしょう。それでも完璧かどうかわかりません。

生活があるのはみんな同じだと思います。部屋に籠っていても、仕事にいかなければならなくても、今の暮らしや先行きに、表現の仕方は違えどストレスや不安を抱えているのはみんな、多くの方々が同じだと思います。こんなときに人の粗を探しても殺伐とするだけなので、暇だがといってSNSで人を見るより、私は暇だから自分自身を見直してみようと思います。見直して落ち込むかもしれませんけど?

以前、熊本地震の災害ボランティアに行ったとき、始めに行った家は寝たきりの母と二人暮しのおばさんでした。地震の恐怖、そしてそのあとの暮らしの厳しさを聞いていると、現実を目の当たりにして暗い気持ちになりました。しかし私が不安そうな顔をしていると、そのおばさんは突然大笑いし「笑って笑って、こんなときは笑ってればいいことあるからー。何もかもなくなっても笑顔は残ってるから」と。カッコいいこと言ってくれるおばさんだと感心しました。気分が下がるときは、そんなことを思いだしたりしています。これからが正念場です。笑っていこうと思います。
さて昨日、諸般の事情を鑑みてガイドスケジュール表を調整中とし、一般募集を一旦中止させていただきました。既にご予約を下さった方、ご相談の方には個別で返信をさせていただいております。今後も小森嗣彦ならびコモリガイドサービスをよろしくお願いいたします。

« 引越しのお知らせ | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。