« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月30日 (土)

亀山ガイド開始

2019113021083000

今朝は一段と冷え込みました。そのため亀山ダムの水面は霧が立ち込めました。大雨の被害から1ヶ月半。濁りはほんの少しだけマシになった程度ですが、ガイド再開初日の今日はけっこうバイトがありました。
ただやはり濁っているからか、今朝の冷え込みか、食いが浅く上がってくるバスは少なかったです。それでも、外れた中には、かなりいい引きをするものもあったので、サイズも混ざってくるのでは、という期待ありです。釣れるところは例年通りです。少しレンジは浅いですね。そしてやっぱりレッグームワームの黒、ダウンショットは強いです。

| コメント (0)

2019年11月29日 (金)

KOMORICUP2019 詳細

KOMORICUP2019 詳細
⽇時:2019 年 12 ⽉ 7 ⽇(⼟)
会場:亀山ダム トキタボート
申し込み方法:トキタボートへ事前申し込み。
競技時間:06:50〜15:00
検量規定
 ・キーパーサイズなし。リミットはバス 5 匹の総重量。ブルーギルもウエイイン可です。(ギルは 0.7 匹として換算しますので、ギルのみなら 7 匹、バス 1 匹+ギル 6 匹、バス 2 +ギル4匹、バス3匹+ギル3匹でのミックスバックウエイインも可能です。)
・死⿂は検量いたしません。⿂を⼤切に扱ってください。
・エアレーターや外部循環装置のついたライブウエルを必ずご⽤意ください。 (わずかにエラが動いていても瀕死のものは検量いたしませんので早めにケアに努めてくだい。 エア抜きなどができない⽅は周囲の⽅の声をかけてできるだけ⿂を守りましょう。)
エリア制限はありませんが、湖のルール、⾏政の法律は厳守してください(一昨年度より各ボート屋さんの桟橋、ボートは禁⽌となっております。ご注意ください。また、 岩盤やダムサイドなどのブイやロープの内側へは絶対に⼊らないでください。)
ライフジャケットはいかなる理由があろうと必ずウエアの⼀番外に常時着⽤して下さい。
当⽇は⻲⼭湖オータムフェスタにより紅葉クルーズが開催されております。観光船の航 ⾏の妨げにならないようにご協⼒お願いします。
受付は 05:30 からトキタボート事務所で⾏います。松下ボートさんから出船の⽅は先に お⾞等で受付をしていただくと助かります。もちろんスタート後に受付していただいても ⼤丈夫ですが、受付してからの釣りのスタートになります。先に受付のない⽅は検量でき ませんのでご了承下さい。
検量は14:30から⾏います。最終帰着は15:00です。15:00までにトキタボート桟橋に て帰着申告を必ず⾏ってください。帰着後の釣果は検量対象外です。なお松下ボートさん の営業は 16:00 となりますなで、松下ボートさんから出船の⽅はできるだけお早めに検量 をお済ませ、桟橋にお戻り下さい。外来⽣物法に基づきお⾞での⿂の移動はできませんの で、検量は必ずトキタボート桟橋からお上がりください。
表彰式は 16:00 を予定しております。このお時間に再びトキタボート桟橋周辺にお集ま りください。
その他、詳細なルールにつきましては当⽇発表いたします。 今年も夜の懇親会を有志で⾏いたいと考えております。翌⽇お忙しくない⽅は、ぜひご参 加ください。

| コメント (0)

2019年11月28日 (木)

アングリングバス取材

2019112723575800

池原からダッシュで帰って来た今日は冷たい雨の中、房総リザーバーでアングリングバス取材でした。連載、究極のフィネスヘの道。カリフォルニアロールのカバーネコで寒さも疲れもぶっ飛んだ50UPをキャッチ。途中雨が激しくなりインタビューなどで中断しましたが、数も上がりとても楽しめました。来月発売のアングリングバスをお楽しみに。

| コメント (0)

2019年11月24日 (日)

第16回カーブの店カップ

157460294625915746054653861574605467921

今年は池原チャプター年間3回のスーパーロコ、ピュアフィッシングフィールドスタッフ井上真二郎とチームを組んで、毎年恒例のカーブの店カップに参加しました。昨日まで数日間釣りをした感じでは、水深6mまでの流れのアウトサイドになるガレ場~岩盤にレッグームのダウンショットを落としていくと30~37cmとたまに45cm近いとバスが釣れるという感じでした。このパターンでキーパー(35cm)をそろえて、後半は上流に入ってくるキッカーを狙っていこうと考えていたのですが…
信頼できるパートナーと組み、お互いの意見が一致したことで、お互いに他を疑う余地がなくなっていました。ひょっとしてバスのメインの水深はもっと深い?と気づいたときには終了間際でした。その片鱗は見えていたのですけど、見落としていましたね。
結局小さいのはたくさん釣れましたが、クオリティのあるのは1260g1本のみ。ちょっと残念な結果になってしまいました。全層ターンオーバー時はもっと広い範囲を見ておく必要がある、これメモですね。
今年の優勝は河辺プロと七色ダムで活躍中のゲーリーファミリー雪谷くんのペアでした。フットボールと4インチグラブのセット、それからハートテールのフリーリグ、そしてレッグームのダウンショットで3本の5キロオーバー…おめでとうございます…
試合は勝てませんでしたが、それでも抽選会では弥一さんのカニを無事ゲットできたので満足です。
今年もご参加くださいました皆様、ありがとうございました。カーブのおっちゃん、運営の皆様、ありがとうございました。

| コメント (0)

2019年11月22日 (金)

池原二日目

2019112218012900

このところ池原は公表されている水位表を見てわかる通り、毎日水位が下がっています。昨日までは夜に放水があり、日中は少し水位を戻す感じでした。朝方はこの放水に引っ張られてバックウォーターの冷たい水が降りてくるため釣れない所が、日中に本湖の水が戻るために魚が入ってくる、そういうこともあります。これ、2016年の早明浦ダムでの私のウイニングメソッドでもありました。
今日も午前中はサイズが出なかったですが、午後からいいサイズが出ました。ルアーはボイルやベイトを狙ったワーミングより、ボトム方向へ逃がしてやるような、いつものレッグームダウンショットがいい感じです。ハードルアーはDeepX200を試しましたが、どちらかというとSHADING-X75の方がハマリです。
水深は5mまでがグッドサイズ、その下は選べません。今日はこんな感じでしたが、明日はどうなるか…楽しみですね。
日曜日は毎年恒例のカーブの店のカップです。こんなサイズで揃えたいですね。

| コメント (0)

2019年11月21日 (木)

池原ガイド

20191121215048002019112121504900

昨日池原入りをして今日から数日間だけガイドです。水温14~15℃、水位が少し動く感じでバスは広範囲に散っていて少し難しい感じですが、ポロポロは釣れます。でかいのは水温が上がる後半が狙い目だと思っていましたが、やはり。チャンスはありましたが…
数を釣るならやはりレッグーム。白川筋はブラック系がオススメ。もちろんフックはスーぺリオのLO。いいレンジにバスがいたので明日はDeepX200で狙ってみます。

| コメント (0)

2019年11月20日 (水)

Komclusion

1574129335831

Komclusion(コンクルージョン)
これまで小森嗣彦として、或いはKGSとして行ってきた活動をまとめ、プロモーションブランドとしてKomclusionを始動いたします。
Komori+Conclusion(結論)=Komclusion
というネーミングです。数々のタイトルを獲得し、経験を積み重ね出されたバスフィッシングの結論を形にしていこうと思います。これまでもその過程で産み出してきたもの、選んできたもの、全てがそのときのベストであり、結論ではありました。すなわち、ここまでもKomclusionなのですが、これからさらに突き詰めて、何が産まれてくるか、全てをぶつけて出しきって行こうと思いますので、今後の展開をお楽しみにしていて下さい。
ちょっと一部で噂になってますが、今までスポンサーいただいてるメーカーを移籍することはありませんし、メーカーを立ち上げるわけではありませんのでご安心下さい。

| コメント (0)

2019年11月19日 (火)

KomoriBoardFishingSchool第11回

ENGINEから新発売のSUPERIORフックについて解説。レッグワームにはこのフックだ!!

| コメント (0)

2019年11月17日 (日)

12月ガイド予定

20191117163134002019111716313300

12月は恒例の亀山ガイドを行います。度重なる台風や豪雨で11月現在状況はあまりよくありませんが、厳しい中、基本からしっかりとガイドいたしますので、皆様のお越しをお待ちしております。
※日程は近日中にHPのガイドコーナー、スケジュール表へ反映いたします。

| コメント (0)

2019年11月11日 (月)

柳川クリークへ行って来ました

201911111707490120191111170750002019111117074900

この週末は九州は福岡県柳川市でゴミ拾いをメインに釣り大会などのイベントを行っているクリーンフィールドのイベントにゲスト参加してきました。20年くらい前からJBのトーナメントでは凌ぎを削りあってきた九州の釘崎プロとのトークライブと、少し道具をお借りして釣りもしてきました。
柳川は幅3~15mほどの水路が迷路のように入り組んでいるオカッパリメインのフィールドです。エリアの総延長はかるく500kmを超えると言われるほど膨大で、オカッパリでバスフィッシングをするのにこの上ない環境です。
しかし当然ながら、特にこのようなオカッパリフィールドは駐車の問題やゴミ問題、近隣の住民の方々との問題など、さまざまな問題点が発生しうる場所です。また、一部の営利目的のためにフィールドが壊滅していく様は今まで幾度となく見てきています。素晴らしい環境は素晴らしいアングラーを育みます。この先もずっと楽しめるフィールドであって欲しいと心から思いました。
初めて会う方ばかりなのに、温かくしてくださり柳川のみなさん、ゴミ拾いに、釣りに、熱心に打ち込んでいる柳川アングラーのみなさん、本当にありがとうございました。来年もどこかのタイミングで必ず柳川を訪れたいと思います。

| コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

北浦→浜松→北浦

20191107204518002019110720451900

北浦出船。台風以降、まぁまぁコンディションはよくないですが、昨日聞いたの貴重なお話はさっそく釣果に繋がりました。う~ん面白い!

| コメント (0)

メガバス

Img_20191106_190558_209

プロジェクトコードSuperVそしてSuperZ始動。今日はすぐに言葉にするのが難しい感動と発見と真実に触れてきました。一時はトーナメントを極めた私もまだまだ成長の途中だということを認識しました。釣れるルアーとはこういうことか…。今度のメガバスはさらに奥が深い。そしてこれだけは言える。きっとルアーのたどり着く先はここだろう。

| コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

2019年シーズン終了

2019110419173000

昨日のJB SuperBassClassicをもちまして、今シーズンのプロトーナメントは全て日程が終了いたしました。今年も一年間、応援ありがとうございました。
今シーズンの結果は…一言でいうと中途半端。悪いときにズルズル行かなかったのはよい面だけど、チャンスを100%生かせなかったことは大いに反省です。TOPカテゴリーに上がって21年目のシーズンでしたが、まだまだ戦えるという自信と、このままでは再び突き抜けることができないかもしれないという不安が残りました。来期に向けてオフシーズンの間にしっかりと準備をしておきたいと思います。
来シーズンも応援よろしくお願いいたします。

| コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »