« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月31日 (水)

減水開始

20190731220447002019073122044800

梅雨が明けると桧原湖は減水開始です。その影響で昨日は40アップ多数、数も伸びた虫パターンでしたが今日は少しトーンダウンでした。それでもポツリポツリ、わかさぎのパターンでもポツリ、と数が伸びていきました。
都内などはかなりの猛暑になっているようですが、桧原湖は風が吹いたり雲があったりすると涼しさを感じる快適な夏になっています。今週は今のところ夕立もなく最高ですね。

| コメント (0)

2019年7月29日 (月)

桧原湖ガイド

201907291844180020190729184418012019072918441900

桧原湖ガイド、本日よりスタートしています。今年はトーナメントスケジュールの変更などがあり、バタバタしていて予定表をアップする前に色々と日程が埋まってしまいました。短い間ですが避暑地の夏を楽しんできます。
昨日の雨で梅雨も明けたかなぁという感じで、今日は朝から虫パターン炸裂。大変よく釣れました。
虫パターンにはPE、フロロとラインの選択肢があるのですが、私はちょうちん釣りなどにしないのであればフロロカーボンの通しを推奨しています。超上手い人はいいですが、細いPEでラインスラッグの扱いは意外と慣れないと難しいと思いますよ。もうひとつフロロのほうがいい理由があるのですが、それはまたの機会に!
虫はブーンチン、ブーン、三原虫、青木虫、あと名前覚えてない何か最近出たどこかの虫、4インチグラブノーシンカーなどで今日はキャッチ。バスが飽きないように色々とローテーションがおすすめ。他には2インチヤマセンコーのスロー引きとまことストレート試してみたら良く出ました。

| コメント (0)

2019年7月25日 (木)

旧吉反省会

| コメント (0)

2019年7月22日 (月)

TOP50第3戦東レ・ソラロームカップ2日目、決勝

Img_20190720_164122_506Img_20190721_201054_805

2日目は初日に流入した濁りが全域に周り、21人がノーフィッシュという激タフコンディションとなりました。逆に言えば濁りに加えイレギュラーな水位変動、そもそものフィールドコンディションを考えると、28人も釣ってきたという事実が凄いともとれます。その中でも私は2匹も釣った超凄い人なのですが、1匹目が小さく、合計1475gと初日とあまり変わらず。それでも単日13位なのに総合18今で落ちてしまいました。
そして決勝の最終日、前日までのイメージを払拭してパターンもプランも無視して勝負に出てきました。トータルウエイトで勝負が決まるため、ローウエイトな今回の試合はまだ優勝のチャンスもあったからです。しかし唯一のバイトはカバー奥で無情にもフックアウト。第3戦東レ・ソラロームカップはそのまま、総合20位まで順位を落とし、終了となりました。
しかし年間総合は一つ順位を上げて5位。少し点差はありますが、まだまだ可能性のある位置だと思っています。だから悔しさを噛み殺して前を向いて行きます。

たくさんの応援メッセージありがとうございました。一つ一つお返事できないこともあり、申し訳ございません。次回も応援よろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2019年7月19日 (金)

東レ・ソラロームカップ初日

2019071919405000

今日は土砂降りだったので魚の写真撮れず。しかしこの雨、いつまで降るのか… TOP50第3戦東レ・ソラロームカップ、初日は2本1400gちょっとで15位。さすがにこのカテゴリー、もっと釣れないかと思っていたけど、なんだんだと皆一匹は持ってくる。たかが一匹?と思うかもしれませんが、この一匹こそがザ・トーナメント。明日も本気だして頑張ってきます‼️

| コメント (0)

2019年7月17日 (水)

旧吉野川

Img_20190717_202203_516

TOP50第3戦、東レ・ソラロームカップが今週末に徳島県の旧吉野川で開催されます。明日はその公式な直前プラクティス。徳島は30℃を超える暑さになっていますが、明日からお天気は下り坂。雨、そして満水定水日の旧吉野川はけっこう厳しい戦いになりそうですが、気合いを入れて頑張ってきます。

| コメント (0)

2019年7月15日 (月)

Lithi-Bについて大塚プロに聞いてみました

| コメント (0)

2019年7月11日 (木)

旧吉野川プリプラ

201907110017440020190711001744012019071100174402

プリプラクティスも期限は明日まで。しかもその最終日が朝から大雨の予報です。ここまでことごとく雨の予報で降っていないTOP50の行程。どんだけの晴れ男がいるのでしょうか?
旧吉野川のデータも蓄積してこんな量。しかし今回はこれが役に立つのか…わからないほどのフィールドコンディションです。

| コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

TOP50第2戦ベイトブレスカップ

Img_20190704_193253_02615622176889492019070517225700

私は遠賀川も北九州も大好きなのですが、なぜか相性の悪いフィールドでした。その遠賀川をもう鬼門と呼ばせない、これが今回のテーマでもありました。年間を狙う上でも大切な序盤のゲーム。先入観を取り払うことを練習から心がけました。
まずこのフィールドでは圧倒的な強さの沢村選手、そして相性の悪い私。人の釣りにほぼほぼ興味をもたない私ですが、ブラックバスには興味があります。どうしてそういうことが起こるのかという結果に対しての理由はとても気になるところ。今回の試合でも圧倒的な大差をつけられてしまいましたが、少しは色々と見えてきたものがありました。
初日はカバーを打ってリミットメイク、そして少しの入れ換え。ルアーはモコリークローのテキサスリグです。これはどこに行っても安定して釣れる釣り。初日は2600gちょっとで13位。しかし初日でカバーはもう限界という感じでした。
2日目は案の定、カバーを狙う人が初日より多く、私は早めに離脱しました。ここから立て直すことができないのがいつもの私の遠賀川戦。集中力を保つことを意識し、ネコリグでキーパーを拾い、DEEP-X100で1500gのキッカーをキャッチし、順位を落とさず予選を通過することができました。
年間を狙うにはもう少し順位を上げておきたい、そう思っていた3日目。プロセンコーのネコリグをほんのちょっと変化させただけで、次々とキーパーをキャッチすることができました。
入れ換えも行ったのですが、一匹がデッドになってしまい、やむなく4本でのウエイイン、順位は12位でフィニッシュ、年間の暫定順位もひとつあげて6位となりました。
たられば、ですが最終日のアクシデントは少し堪えました。しかし、あれだけ苦戦続きだった遠賀川での試合、ゲームを作れたということが大きな自信になりました。
釣り方ひとつで「もうどこにもバスはいない」と思ってたところが、面白いほど釣れる。それがバスフィッシング。もう鬼門でもなんでもないですね。
今回もたくさんの応援ありがとうございました。次の第3戦東レ・ソラロームカップは7/19-213年ぶりの旧吉野川で開催されます。頑張って来ますので、引き続き、熱い応援よろしくお願いいたします。

| コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »