« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月30日 (火)

29日

Img_20190429_185202_539

北風が吹くと微妙に厳しくなる気がします。29日は天気予報も悪く、ボートも少な目でした。それでも連休3日目、それなりに混雑した湖上でした。昨日からかなり水温が下がったので、少し深い沖のエリアと冷たい湖流を避けるショアよりのエリアを回り60,45,42,46,40,38…ラストに来た62は量りをお借りして計測すると4350g。和製10lb.に肉薄するgoodサイズ。朝イチにもジャスト60がキャッチでき、昨日に続きロクマルの登場でした。
今日、平成最後の日はまあまあまの雨。今日は出船していませんが、この雨のあとどう変わるのか楽しみです。水温が大きく下がらなければいいのですが。

| コメント (0)

2019年4月28日 (日)

ロクマル登場

201904282116130020190428211614002019042821161401

今日も決して楽な展開ではなかったのですが、日中陽射しがあり、水温が上がってくれたお陰でポロポロと釣っていく中にドカンとロクマルが入りました。ランディング係としてはこのサイズはさすがに緊張します。一度魚体を納めたネットから飛び出そうとした時にフックアウトしましたが、なんとか手を伸ばしたらそのままネットイン。いや間一髪でした。これ掬い損ねたらシャレにならんですからね。
毎日ガイドでは同じポイントを回る訳ではなく、朝イチの様子をみてアレコレと理論立てて探っていくわけで、そこにはストーリーがあります。色んなことを検証しながら釣りをしていて、色んなことを感じて次の手を打つ感じです。今の琵琶湖はウィードが少し生えはじめてはいますが、ほとんどありません。普段は背丈の高いウィードに隠れて大きいワームも一部しかバスから見えなかったりするのですが、今は丸見え、な訳ですから、ワームサイズを少し下げてやる。今はそんなことに気付けるだけで好釣果に繋がります。ワームサイズ下げてもこんなサイズ食ってきますよ。

| コメント (0)

2019年4月27日 (土)

北西爆風、雨、寒波、GW

20190427145033002019042714503301

気温9℃。まだ朝の冷え込みならわかるけど13:00の気温。そしてタイトルのような天気。日本海側では雪の降っているところもあるとか…。とにかく真冬なら覚悟もできていましたが、この時期には滅多にない荒れた天候でした。中止も検討しての集合でしたが、山ノ下湾は風が西寄りで、朝は風も然程でもなく、条件付き出船しました。
水温も昨日からかなり下がりましたが、魚はポロポロと釣れました。お昼頃に少しだけ穏やかな時間帯もありましたが、今日はその後も風が強くなる予報なので午前中で終了でした。体感のかなり寒い中、一生懸命頑張ってくれたゲストさん、ありがとうございました。
今日の風は西に寄っていたので午前中のみできましたが、風向きによっては安全判断で出船できないこともあります。せっかく現地まで来ていただいて、私としてもとても心苦しいのですが、そのような日に万が一当たってしまった場合は、申し訳ございませんがご了承ください。

| コメント (0)

2019年4月26日 (金)

一転

20190426230459002019042623045901

昨日ほボコボコはなんだったのかと言うくらい静かな日でした。少し北風が強くなったのが原因か、まぁイージーではなかったです。明日はさらに北風爆風。さらに冷え込み。そして雨の予報。寒いのはもう勘弁…。諸々もつのか心配ですが、楽しんでやってきます。

| コメント (0)

2019年4月25日 (木)

カリフォルニアロール

2019042521235100201904252123510120190425212352002019042521235201

今日は本当にボッコボコに釣れました。しかも行く先々様々な場所で。スーパーなのは混じりませんでしたが、サイズは47~53cm。主にカリフォルニアロール!
こんな日ばっかりだったらいいのですが、相手は自然。また良くない日も来るだろうし、荒れる日もあると思います。それに合わせて楽しむのが釣りですからね。

| コメント (0)

2019年4月24日 (水)

雨の恩恵?

20190424233138012019042423313800

3日ぶりに琵琶湖ガイドに復帰です。たまに小雨がちらつき、風も吹かず暖かかった今日は、行く先々で狙っているスポットにも入れ、ナイスフィッシュが出てきました。しかしそのほとんどはプリっぽい魚。これからどんどんポストスポーンの魚も釣れてくるとは思いますが、天候や釣り方でその辺りは釣り分けることもできます。晴れて暖かくなった方が産卵後の魚は釣りやすいですね。反面プリは少し悪天候の方が釣りやすくなってきています。どちらも寒いのはイマイチですが、残念ながら今週末はまた寒くなる予報…片付けたばかりの防寒を再び使わなければならなさそうです。

| コメント (0)

2019年4月22日 (月)

体感Fantasista

1555904246497

フィッシングエイト 大阪南店さんでFantasistaシリーズの展示受注会を5/6まで行っております。なかなか関西では私のSTUDIOUSシリーズは触れられる機会が少ないと思いますので、ぜひ手にとって体感していただければと思います。今年の新アイテムFNS-60MLS Tafspinは今琵琶湖ガイド中でも実際に使用しているハイパーでありながら繊細なスピニングロッドです。長めのロッドが主流の中、感度を生かしたショートロッドはウィードの少ない今年の琵琶湖攻略には欠かせません。また同じく今年発売のFNC-67MH FrontierV2は昨年のBassAllstarClassicのウイニングロッドです。カバーネコはこのロッドがベスト。触っていただいて「へー小森はこんなアクションでカバーネコやるんだ」とか感じてもらえればと思います。

| コメント (0)

2019年4月21日 (日)

日曜日

201904212000570020190421200057012019042120012900

状況的には今日がひとつのヤマ場かなと思います。お天気もよい日曜日なので湖上はかなり賑わっていました。ポロポロとロッドの曲がるシーンにも遭遇しました。今日のヒットルアーはカリフォルニアロール、カットテール4、レッグワーム2.9。レッグワーム2.9は今少し深いところで魚探に映るベイトのモロコとサイズがマッチしています。困ったらコレのダウンショット3/32ozは全国共通お助け最強リグです。もちろんデカいバスも釣れます。いつかこんなタイミングもあると思ってましたが、レッグワームのダウンショット×琵琶湖。ウィードがなく難しい今こそ、このメソッドをぜひ試して体感してみてください。

| コメント (0)

2019年4月20日 (土)

行楽日和

20190420182949002019042018294901

最高の行楽日和が最高の釣り日和ではないことは誰もがご存知だと思いますが、私個人としては風も吹かない、気温も上がる、今日のような一日をいつも希望しますね。今日は合計7本。フレッシュな場所ばかりでした。生えはじめているエリアもありますがウィードのない琵琶湖、いつもならウィードに隠れて少ししかバスに見えていないワームも今はモロ見えな訳で、それを意識して小さく、そしてボトムタイトにしてやるとバイトを増やせると思います。でかいのはワームが小さくても狙っているエリアが合っていれば、とくにこの時期は必ず食ってきます。

| コメント (0)

2019年4月19日 (金)

暑い?寒い?

20190419203513012019041920365302

20℃を超えるポカポカ陽気ですが、北風が吹いたら寒い、そんな天気の一日でした。ファーストスポーンで魚が動いた直後は少し厳しい状態になるのは例年のことですが、次の群れはどこ?ウィードがほとんどないのでポストの魚がつく場所もなかなかつかみづらく、探し回って釣っていく感じです。それでも琵琶湖は恩恵がでかいですから探す価値はありますね。

| コメント (0)

2019年4月18日 (木)

スポーン

201904182025470020190418202547012019041820254800

だいぶ魚が動きましたね。毎年スポーニングが始まった最初はかなり釣りづらくなりますが、ウィードの全然ない今年は更に難しいです。それでも産卵を終えた♀やまだまだこれからのプリ、頑張って探せば出会えますね。
今日はゲストさんにSTUDIOUS FNS-60MLS Tafspinをメインに使っていただきました。扱いやすさ×パワーはシャローのショートディスタンスでも、沖のロングキャストでも、ビッグバスとのファイトを適度に楽しく、そして確実にものにできる感じです。

| コメント (0)

2019年4月16日 (火)

4/16釣果

201904162135040020190416213504012019041621350502

昨日の強風はかなり季節を進行させたように思います。今日はお腹ブリブリの50アップやら60やらが続々登場。日中バイトの遠い時間もありましたが、トータル的に春っぽい釣果になりました。どれもこれもお腹出すぎ…(笑)その割にはメチャ引きます。

| コメント (0)

2019年4月15日 (月)

風強すぎ~

20190415184844012019041518484402

今日は予想はしてましたが風強すぎな一日でした。ゲストさま、そんな中頑張って下さり、ありがとうございました。さすがに今日の風はテクニック云々ではなく気合いでバイトをとる感じですね。明日からはようやく暖かくなってくるようなので期待です。

| コメント (0)

2019年4月14日 (日)

雨のガイドスタート

一番ガイダーのゲストさん(笑)今日は思ったより冷たい雨になってしまいました。日曜日ということもあり、場所もあまりは入れず、またショートバイトばかりで大苦戦。カリフォルニアロールでバイトのあったところに、カットテール4インチまでサイズを落としてようやくキャッチ。釣れればだいたいデカかったです。
カリフォルニアロールは普通にマスバリの2番などでネコリグで使用しましたが、新しく発売中のFantasistaSTUDIOUS FNS-60MLS Tafspinはこれが楽に背負えて投げれる上に繊細なアクションもできて、ショートロッドなのでショートバイトもとりやすいロッドです。元々は重めのジクヘッドやダウンショット、スピニングでのミノーイング、PEラインを使ったパワーフィネスなどを想定して幅広い用途で作ったのですが、琵琶湖でもグッドです。なかなか触ってもらえる機会がないのが残念ですけれど、ショートレングスの琵琶湖用ロッドをお探しの方には是非お薦めでしょう。

20190414184237002019041418423701

| コメント (0)

2019年4月13日 (土)

ガイドプラクティス

明日からのガイドスタートに合わせてガイドのプラクティス。2日間朝イチからではないのですが、友人に手伝ってもらい湖を回りました。正直に言いますが、ウィードの全く生えていない琵琶湖は、まぁ例年に比べると圧倒的に難しいですね。簡単に釣ってるガイドさんもいるかもしれませんが、魚の足は早いし、こんなとき着くであろうモノ…ショアのマンメイドは限られたものしかできないし、沈みものもほとんどが知られてますから、フィッシングプレッシャーがハンパないし。水温が上がってくればもっとよくなると思いますが、今は偏差値70くらいの難易度です。
しかし、それ故に攻略し甲斐もあります。難しいですが釣れないわけでも、面白くないわけでもないですからね。水深、水質、水温、風向き、ベイト、ルアー、それから釣れた魚のコンディション、性別、そういったことから考えて読んでいくのがバス釣りの本質。いい日も悪い日もあるでしょうが、毎日楽しく読み解いていこうと思います。4月ももう2週目、桜も終わったので、春は始まっています。寒いのだけはもう止めてくださいね(笑)

20190413175325002019041317541400

| コメント (0)

2019年4月12日 (金)

発売開始

TAFブランクスのFantasistaSTUDIOUSのニューアイテム2機種がいよいよ発売開始になりました。
何度も紹介していますが、もう一度どんなロッドかをおさらいしますと、まずは67MH Frontier V2。これは昨年オールスター優勝に大きく貢献した機種です。ライトテキサス、カバーネコリグなどのワーミングに適したロッドで、ルアーアクションをしやすいティプの適度な軟らかさと、TAFブランクスのパワーが絶妙なバランスで噛み合い、最高の使い心地です。
60MLS Tafspinは初期STUDIOUSの60MLSがベースで訳10年ぶりにラインナップ入りです。硬めのソリッドティップは重た目のリグも背負え、パワーのあるフッキングが決まりやすく、全体的なバランスのいいパワーは通常のライトリグからPEラインを使ったパワーフィネスの釣りまでハイレベルにこなせます。
お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、2本とも昨年から密かに実戦投入していた実績十分の渾身のロッドです。

2019041202145700

| コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

TOP50第1戦ゲーリーインターナショナルカップ

七色ダムで行われたJBTOP50第1戦ゲーリーインターナショナルカップは表彰台に一歩及ばず、7位でフィニッシュとなりました。
ビッグフィッシュがサイトで狙える上流と、小さいがキーパーが安定してとれる中下流域、上位2名はその上流で3日間狙いきる技と覚悟と自信のある選手でしたが、大半の選手は中下流域でキーパーを揃えてから上流で入れ換えてを狙う、あるいは朝など一定の時間一発を狙い、そのあとキーパーをあげるという作戦だったと思います。
私はそのどちらでもない中下流域でハイアベレージを狙うパターンを見つけていましたが、これがイマイチハイリスクな戦略に変わってしまいました。初戦ということもあり大事に行きたく、爆発的なビッグウエイトは優先せず3日間4-3-3kgベースで表彰台を狙う計算だったのですが…
その戦略とはカバー撃ちです。得意のカリフォルニアロールなどのカバーネコリグで攻めましたが、直前までの冷え込みとデータ通り上昇しなかった水位でいいサイズのバスがカバーに入りきらなかったようでした。
オブザーバーの同船した初日はバッテリー不良というトラブルがあり、途中でメンテナンスに戻りましたが、なんとか目標の4kgに近いウエイトを作ることができ6位、2日目は一人になり浮き足立ってしまいミスが連発。まるでダメな自分と戦いながら13:00までノーフィッシュという展開でした。久々のトーナメントでしたが2日目にこんな風になるとは思いもしませんでした。花粉症も酷く、鼻水とくしゃみも止まらなくなり、途中からキャストも入らないわ、もうどこをやってるかもわからなくなるほどでした。このまま終わっちゃう感漂うなか、そこからも決してリズムを取り戻したわけではなく、ミスは連発したのですがなんとか4本まで伸ばすことができ、順位を落とさずにいれました。
3日目は前日の嫌な思い出を絶つために先にキーパーを揃えにいき30分でリミットメイク、水面サイトで50アップを一発仕留め、あとは西ノ川でたくさん見えている60アップだけをサイトで狙い逆転に望みを繋ぎましたが、こいつが手強くタイムアップとなりました。
タックルやルアーにつきましては、また落ち着きましたら公開いたします。そして試合についてはBasser誌連載の「小森ノート」にて振り返りたいと思いますので、月末発売のそちらを是非ご覧下さい。
今回もたくさんの応援ありがとうございました。次戦も応援よろしくお願いいたします。

Img_20190407_224356_294

| コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

明日から開幕戦、ゲーリーインターナショナルカップ

いよいよTOP50開幕戦です。初戦は七色ダムでゲーリーインターナショナルカップ。いきなり気合いを入れなくてはならない冠ですね。
ここまで11日のプラクティスを行いましたが、季節が逆戻りしたような気候で、明日からの気温上昇に役立ったかどうかは微妙です。それでも自分を信じてやってきたことは、これまでも結果に繋がってきたので、明日もとにかくいっぱい釣れるように頑張ります。ちなみに七色ダム、池原ダムの近辺は今桜が満開です。

20190404185208002019040418575900

| コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

テスト更新

スマホからブログが更新できなくなり、停滞しています。テスト更新です。

Img_20190401_212123_524

| コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »