« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月26日 (火)

七色ダム

第1戦のプラクティス開始しております。既にプラクティスに入っている方も数名おられ、一昨日は湖上では今江プロと遭遇しInstagramにもアップしました。
私がトップカテゴリー、当時のワールドシリーズに上がりたての1998年、その上位ランカーたる選手たちの練習量にはとても驚かされました。その中でも今江プロ、河辺プロ、深江プロは特に期間も長く、早朝から日没までみっちり練習されていました。一口に練習量といっても日程をかけるには当然先立つものが必要です。自分のためのプラクティスの間は収入は得られないわけですから、日程を作ろうにも当時の私には難しかったわけです。
しかし強い人と練習量で更に差をつけられていては追い付くことなど出来る訳ないですよね。色々なものを犠牲にして…とにかく練習を増やしました。
気がつけばいつの間にか誰よりも先にプラクティスに入っているようになり、「いつ来ても小森はおるな」とある日今江プロに言われたときは、ようやく戦える準備ができたと、とても嬉しかったのを覚えています。
練習をたくさんしたから勝てるわけではありません。しかしその間に我々トーナメントプロはスキルを積んでいます。二日連続で釣りをしてだけでも一日だけとは倍以上の経験を得られると感じたことのある人は多いと思います。もちろん上釣りは手くはなるし、直結はしなくても、何日もの積み重ねは、いつかの勝利に繋がります。
私の場合は三回のタイトルと六回の優勝に繋がりましたから、努力は裏切らないということですね。
さて本題、JBTOP50第1戦ゲーリーインターナショナルカップは候補地ダムの減水から七色ダムに開催地が変更になり、4/5,6,7に開催されます。今年からのルール変更で一部トーナメントの練習禁止期間がなくなっており、今回もこのプラクティスのまま試合に突入する感じです。花粉症以外は体調も絶好調。残り10日間、とにかくがむしゃらに練習してみます。

2019032519305500_12019032519302900_12019032519360500_1

| コメント (0)

2019年3月23日 (土)

Megabass i-WING135 アクション動画

| コメント (0)

2019年3月22日 (金)

亀山ダム釣行

2019032121455100
2019032122110700
もう一日房総で釣りをしてから七色に向かいたいな、と思っていましたが、今日の天気予報がとても魅力的だったので亀山釣行を決定しました。休日や大潮も重なり、混雑は予想できましたが、荒れた天候の中で一日巻く、これをやりたかったのです。
ハードルアーとワームはハートテールだけしか持ってこず、ロッドも4本、数の釣り方は検討ついているので、穏やかな天候の日はそれをフィネスで釣ればいいのですが、悪天候のどさくさに紛れて釣れるバカデカいのは、攻めなきゃ獲れない、ダメでも攻めてみる価値はある。
しかし天候は思ったより穏やかでした。一番期待していた雨がほとんど降らず、風のタイミングではもう晴れてしまっていました。この時期安定のワンテンJr.で岬やシャローフラットを攻めてポロポロ釣れるのはアベレージの♂ばかり。午前中かけて湖を半周し、もう♀のドデスカンを出せるとしたら岩盤しかないと判断、岩盤中心に午後はひたすらヴァタリオン190、バイブレーションXヴァタリオンを投げて巻きました。ちなみにこのルアー、私はギア比7.0:1のリールで私は普通に巻いています。これが一番実績のある使い方です。
ホテル下岩盤で一回あたりましたが、フッキング出来ず←実はこれデカそう…(涙)結局♂ポロポロで本日は終了となりました。
俺に釣れないんだから、誰にも釣れねぇ、って、釣りはそんなものではないですよね。現に今日は同じメガバスチームの松本恵太が52cmを釣っているし、他の友人はラインブレイクをやらかしており、それはやはり岩盤での巻きの釣りでした。悔しいですがこれはまぁ一発勝負なので仕方ないですね。
この後TOP50七色戦→琵琶湖ガイドとしばらく房総とはご無沙汰になりますが、またタイミングが会えば狙ってみたいですね。

| コメント (0)

2019年3月20日 (水)

釣光

釣光TV https://www.youtube.com/channel/UC6ia6RXivuiFtCdmztH_cTA
名古屋、キープキャストで取材を受けた「小森嗣彦プロに突撃取材!2019メガバスの関東に効くルアー教えて下さい」 がアップされました。よかったらご覧ください。

https://youtu.be/BlEd_x11CuM

釣光TVさんには少し前に居酒屋トークもアップされています。まぁ酔っぱらいのトークなので(笑)そちらもお酒でも飲みながら観ていただければと思います。

| コメント (0)

片倉ダム

2019031913244800昨日はアングリングバス連載「究極のフィネスへの道」の取材で片倉ダムへの釣行でした。前号の戸面原に続き、今回もほぼ初めての春の片倉ダム。水温は10~11℃、だいぶ暖かくなってはいるのですが、多くの釣果はまだディープからというフィールドコンディション、シャローは前回の雨のタイミングだけ釣れていたという情報でした。
季節の過渡期、魚の動くタイミングでないといい釣りは期待できないのが早春の特徴ですが、そこを考えて、工夫して手にする一匹一匹のバスはホント嬉しいものですし、そういった釣りは経験をともなってよりバスのことを知ることになります。この連載ではできるだけ読んでくださった方の釣果に少しでも繋がるようにアプローチしています。是非発売をお楽しみにして下さい。

| コメント (0)

2019年3月17日 (日)

ボートの準備

ボートの準備
開幕直前、TOP50初戦の七色ダムで使うサウザー395の整備をプロショップケイズの秋月くんに手伝ってもらってやってきました。低馬力船戦用にサウザーを導入して4年目にしてようやくステンレスペラを購入。その性能は…とここまではInstagramにあげたのですが、整備が完了しテストランに出てきましたが、立ち上がりと停止時のレスポンスは少し悪いですが(2秒くらい)、トップスピードは2人乗りでも10%くらいアップ、以前から気になっていた走行中のバタつきもなくなりました。
元々はアルミのペラが付いていました。ステンレスのペラの方が重たいのですが、回転中のたわみが少なく水をよく掴みます。そのため、そのため、もちろんパフォーマンスが上がるわけですが、ただピッチ13のアルミペラに対してどのステンペラがベストマッチなのかはなかなかわかりません。こればかりは試してみないと、言うのがだいたい専門家の意見です。試すといっても…ですよね?ということで今回は一発勝負で買ってみました。結果はダイヤも同じピッチも同じステンレスペラにしただけでそこそこ正解だったみたいです。
バストーナメントはスピード競争ではないので、これが成績に直結するとは思えませんが、遠いエリアにいても帰着時間前にもう1投できるのは大きいかと思います。プラグも各オイルも交換してまずボートはOKです。

| コメント (0)

2019年3月11日 (月)

名古屋キープキャスト

名古屋キープキャスト
名古屋キープキャスト
会場にお越しくださいました皆様、ありがとうございました。今年も名古屋のキープキャストはとても盛り上がりました。
私は二日間、恒例のメガバスブースにいました。お越しくださいました皆さんと、そしてスタッフの皆さんと、それからライバルのアングラー達と、今年は例年になく貴重な時間を過ごせたと思います。
もうすぐシーズンが始まります。来週から私は本格的な活動開始。さて、今年も自分の信じた道を突き進むだけです。ひとまず名古屋で出会えたみなさん、ありがとうございました。

| コメント (0)

2019年3月 8日 (金)

名古屋キープキャスト2019

名古屋キープキャスト2019
明日からキープキャスト開幕です。今年はステージに上がります。

KEEPCAST東ステージでは11:00から、メガバスステージでは15:00から両日とも琵琶湖ガイドの杉村さんと行います。

ホントの話しかしませんので、皆様のお越しをおまちしております。

| コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

Suica

Suica
電車はやっぱ切符でしょ?と今まで近郊だろうが新幹線だろうが切符を購入して今したが、心境の変化でついにSuicaを購入しました。まぁそんなどうでもいい話ですが、特に書くこともないのでそんな話。
明日から名古屋入りです。今日は都内でお祝いの会があり、そのあとヨハネスブルグに転勤になる大学の同級生たちと10年以上ぶりに再開。飲み会のハシゴでしたが、みんな変わらずで楽しい時間を過ごし、エネルギーを貰いました。

| コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

THE KEEPCAST 2019

THE KEEPCAST 2019
THE KEEPCAST 2019
THE KEEPCAST 2019
今週末は名古屋、THE KEEPCAST2019です。私は昨年同様、メガバスブースで皆様のお越しをお待ちしております。THE KEEPCASTはここでしか手に入らないアイテムがあるのが魅力ですね。
さて、シーズンインも近く、今週末までも準備などに終われている私ですが、来週からは花粉症と戦いながら釣りに出まくる予定です。

| コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

KomoriBoardFishingSchool第6回

| コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »