« TOKITAビッグフィッシュトーナメント | トップページ | 60MLSパワースピニング FantasistaSTUDIOUS TAFSP »

2019年1月27日 (日)

初、戸面原

近年レンタルボートが利用できるようになった房総半島のリザーバー。そのうち三島、豊英ダムは既に知り尽くしていたのですが、戸面原ダムは未だに釣りをしたことがなく、なんと今日のプライベートが生まれて初めての釣行でした。
冬に初場所の釣り?聞こえは難しそうにも思えますが、亀山ダムに代表されるウィンターフィッシングのメッカ房総のリザーバーということもあり、また冬は条件も絞りやすく、バス探しも地形から入ることができるので意外と取りつきやすい面もあります。そんな戸面原初釣行でしたが、今日は北風だか西風だかが日中は吹き荒れ、まあまあ洗礼を受けた感じになりました。
なんとか絞り出したのはディープの立木。2次元魚探では慣れないとわかりづらいのですが、今日は立木の中層にバスが浮いているのがなんとなく掴めました。昼近くまでやってボトムでは反応が得られず、4インチグラブのにゃん玉システムでスイミング気味に中層を誘いキャッチできました。にゃん玉シンカーのウエイトは1.8g。ロッドはSTUDIOUSFNS-60MLS Tafspin。リールはRevoMGXtreme2000SH、ラインはPE0.8号にストラテジックフィネス4.5ポンドのリーダーを少々。少し強めのタックルなのは立木を警戒してのこと。他にも3バイトくらいありましたがそれはキャッチに至らずといった釣果でした。
ともあれ初めてのフィールドはとてもワクワクがありますね。こういった場合のバスとの出会い方、今日のセルフ動画がきちんと撮れてればまた公開いたします。

« TOKITAビッグフィッシュトーナメント | トップページ | 60MLSパワースピニング FantasistaSTUDIOUS TAFSP »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。