« 2018年10月 | トップページ

2018年11月14日 (水)

久々の亀山

久々の亀山
春以来、ホント久しぶりの亀山ダムです。今年もこの時期になりました。さて、久々にきた亀山ダム、水の色も水位も、う~ん、久々すぎてさすがに頭がついてきません。このところずっと霞ヶ浦水系だったし、ベイトタックルばっかりだったし…
じゃあシャローを見て回ろうと、亀山でも以前から好調のカリフォルニアロールカバーネコでポツポツ。久々の亀山ダムは釣りをする時間は短かったですが、それなりに楽しめました。しかしディープの魚探映像…かなりいい感じなのでこちらは明日以降攻略していきたいと思います。

| コメント (0)

2018年11月10日 (土)

利根川釣行

利根川釣行
バサクラから2週間ぶりに利根川に出船しました。カリフォルニアロールのカバーネコで使用した67MH。このロッドはSTUDIOUS 67MH MGS FrontierのTAFブランクスバージョンでTAFブランクスの軽くて強いという特性が67MH Frontierにどのようなメリットをもたらすか試しに作ってもらったワンオフのロッドでした。
軽いことにより振り抜けがよく、軽いルアーをピッチングしやすかったり、より細かいアクションが出せたり、小さいアタリがとれたりと、カバーネコにぴったりのロッドです。
2週間前のウイニングパターンの検証とあわせてこのロッドの動画撮影をしてきました。釣果のほうはカリフォルニアロールで今日もキロオーバーを連発でした。

| コメント (0)

2018年11月 8日 (木)

ゲーリーミーティング

ゲーリーミーティング
今日はこのメンバーでミーティング。これから楽しいことの始まる前触れ♪打ち合わせは朝から夜まで続きました。
もう11月も半ばなのに今日の河口湖はかなり暖かいことに驚きです。

| コメント (0)

亀山ガイド再開

コモリカップ直前、11/15,16亀山ダムガイドが可能となりました。皆様のお越しをお待ちしております。
お申し込みはホームページからお願いいたします。http://komori-bass.com/fishingguide/

| コメント (0)

2018年11月 5日 (月)


この一本、このプラで釣れた1600gが先週のバサクラで、戦いの舞台を利根川に決めた一本でした。フラットキャップが似合ってるとか、似合ってないとか…そんなことはどうでもよく…
これは6日前の月曜日。潮位の変動にあわせ減水から水かさがが増えてくるタイミングを狙っての葦前でキャッチ。バスの水位に対する対応の速さに、これはここ(利根川)で勝負ができる、と確信しました。なぜなら
、ポイントに対してバスの供給があるということですから。この日はこういったタイミングを意識しながら3本で4200gくらいのウエイトが出せました。ルアーはカリフォルニア、モコリー、ナックルLD(デカイ方)です。

| コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

コモリカップ開催予定

今年も亀山ダムにてコモリカップ2018を開催いたします。大会ルールおよび詳細、お申し込み方法は以下の通りです。

・日時:2018/11/17(土)
・お申し込み:トキタボート
・参加資格:参加者が知り合いか、もしくはその友人等、参加希望の方は一度お伺いください。(オープン大会ではありません)

・受け付けは当日トキタボートボートハウスで6:00頃から行う予定です。松下ボートさんから出船される方は一度トキタボートへ上陸して受付を済ましてからスタートしてください。
・競技時間:6:50頃~15:00(06:45より桟橋上で簡単なミーティングを行います。スタートは06:45、掛け声とともに一斉スタート予定)
・キーパーサイズなし。リミットはバス5匹の総重量。ギルもウエイイン可です。
(ギルは0.7匹として換算しますので、ギルのみなら7匹、バス1匹+ギル6匹、バス2匹+ギル4匹、バス3匹+ギル3匹でのミックスバックウエイインも可能です。)
・特別なエリア制限や厳しいルールはありませんが、湖のルール、行政の法律は厳守してください。また、ボートの航行やポイントへの入り方など、他のアングラーの方に迷惑をかけないように注意してください。
・エアレーターや外部循環装置のついたライブウエルを必ずご用意ください。
不注意でバスを殺してしまった場合は厳しいペナルティーがあります。
エア抜きなどができない方は周囲の方の声をかけてできるだけバスのケアに努めてください。
・帰着、ウエイインはトキタボートのみで行います。

その他、詳細なルールにつきましては当日スタート前に発表いたします。

今年も夜の飲み会を有志で行いたいと思います。翌日お忙しくない方、そのあとにお車を運転されない方は、ぜひご参加ください。

| コメント (0)

2018年11月 2日 (金)

カリフォルニアロール

カバーネコリグは2016年JBTOP50開幕戦早明浦ダムで使用し優勝した、私の得意なリグの一つです。あのときはカットテールワームでしたが、今回はカリフォルニアロール。このカリフォルニアロールというワームの特徴は、剣のような平たく尖ったテールです。このテールができるだけ縦になるようにセットします。このワームはシェイクをすると、ストレートワームのネコリグとは違った左右への微波動が発生します。ネコリグのワームはただクネクネく動けばいいというのは間違いです。素早くバスの食感に訴えるには、ベイトフィッシュが泳ぐときに発生する左右方向への水の動きがあった方がいいと感じています。そしてビッグフィッシュに対してはボリューム感も大切です。1/11ozというネイルシンカーをインサートしました。カリフォルニアロールはそれなりに大きさと重さがあるので、風が強くてもベイトでキャストがしやすいのもポイントです。

タックルはFantasista STUDIOUS FSNC-67MH MGS FrontierのTaf製法で作ったプロトタイプ。リールはRevoLTXBF8、ラインはG7トーナメントジーン14ポンド、ワームにはG7&YABAIコラボのプロテクトチューブ5mmを着けてセットしています。フックはエンジンで開発中のカバーネコフックです。

| コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ