« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月26日 (土)

    STUDIOUS New Rod②

<br />
    STUDIOUS New Rod②
<br />
    STUDIOUS New Rod②
Fantasista STUDIOUSシリーズに新たに加わったニューアイテム、FNS-64SULS SuperSoftを解説いたします。

このロッドは遡ること2012年、私が3度目のTOP50総合優勝V3を成し遂げたときに限定で発売したFSNS-67SULS Recaptureというロッドがベースとなっています。
まず、Recaptureがどういったロッドかというと、この年の桧原湖戦で勝つためにアジングのロッドを改造したロッドでした。とにかく軽いルアー(1/32ozのダウンショットなど)が投げられること、それからルアーやシンカーがボトムについたとき、そしてそれをボトムから持ち上げるとき、できるだけソフトタッチにできること、そして超ライトラインで時間をかけたやり取りができるということを求めました。ただプロトで桧原湖戦で使用したロッドはベースがアジングロッドだったので、あまりバスが大きいとやはりロッドの強度に不安がありました。実際のプロトはその後、破損してしまいました。製品化するときは強度をいくらか改善しましたが、TAF製法によってそれをさらに軽くしながら強化できると知り、新しいSuperSoftを開発したわけです。ちなみに硬さを表すSULSはスーパーウルトラライトソリットディプの略で、私の勝手に作った表記です。レングスが6.7から6.4と少し短くなったのはTAF製法ブランクスによりバットパワーの役割が短くても機能を発揮してくれるので、軽さと操作性を生かすために少し短くしました。
軽いシンカーのダウンショットリグやネイルショットリグ、軽いライトキャロ、それから水面での波動系ノーシンカーなどに適しています。
リールは私はMGXtreme2000SH、RevoSTUDIOUSなど2000番がオススメです。

| コメント (0)

2018年5月25日 (金)

STUDIOUS New Rod①

STUDIOUS New Rod①
STUDIOUS New Rod①
Abuのロッドブランド Fantasista。その中で私がプロデュースしているSTUDIOUSシリーズから今期のニューアイテムFNC-65ML SHALLOW CRANKING(ベイト)とFNS-64SULS SuperSoft(スピニング)がいよいよ発売になります。開発段階で何度か紹介してきましたが、改めてどういったロッドか解説いたします。

まず、今日はFNC-65ML SHALLOW CRANKINGについでです。以前から私は水深2mくらいまでのクランキングには6フィート半ほどのレングスでMLクラスレギュラーテーパーのカーボンロッドを使用してきました。同じようなロケーションではグラスロッドなどの選択肢もあるのですが、さまざまなタイプのロッドを試してきて辿りついた結果です。
シャロークランキングのロッドに必要なのは、キャスト精度、感度、魚のばれにくさの三点です。船を寄せることのできないシャローストラクチャー回りへのタイトなアプローチは、やはりグラスロッドではやり易いとは言い難く、しかも軽いほうが手返しもよくなります。
ルアーがボトムタッチしたときの感度もとても重視したいところで、狙ったストラクチャーに確実にルアーがコンタクトしたことが分かったり、広いエリアを探っているときはボトムの質を感じたりできれば大きなアドバンテージです。
また、浅いレンジなので掛けた魚がすぐ水面でジャンプしてしまうため、フックアウトを防ぐ軟らかさも必要です。
新しいFNC-65MLはTAF製法の特性を生かし、それらシャロークランキングに必要な要素に加え、細目のブランクスで振り抜けのいい軽さと、タフさ、そして魚を寄せる強さを備えました。SHALLOW CRANKINGとサブネームをつけておりますが、キャスト精度が求められるトップウォーター、1/4ozくらいまでのスピナーベイト、ミノーのジャークや春先のサスペンドシャッドなどにも適しています。
ちなみにリールは同じくAbuのRevo LT7を私はセットしています。このリールはリーズナブルでいてとても使いやすくオススメです。

| コメント (0)

2018年5月18日 (金)

プリプラ2日目

プリプラ2日目
昨日までの暖かさで油断してましたが、今日の湖上は風が冷たく、ロンTにレインを着ただけの格好では寒かったです。今回の北浦戦は昨年までよりかなりエリアが縮小されたので、プリプラの日程的にはかなり余裕がありますが、毎日違う向きの風で吹き荒れるので、やれるエリアが毎日変わり、やれるときにやっておかないといけない感じです。
この水系はパターンにこだわると失敗するので、プリプラでは主に魚探がけに徹するのがいつもの私流なのですが、風が強く寒いとそうもやってられず、仕方なくロッドを出したら、久々の茨城県産50アップゲットです。まぁこれは試合に関係ない魚ですけどね。
明日からも勝利を目指して頑張ってきます。

| コメント (0)

2018年5月15日 (火)

プリプラ準備

プリプラ準備
今週からTOP50第2戦、北浦戦のプリプラクティスを開始するため、今日は準備。琵琶湖ガイド中にトラブルが発生したHDSの修理を待ちながら、新しいアレを取り付けていました。風が少しありましたが、天気もよく、絶好の準備日和。今頃になっての花粉症がちょっと辛かったですが、今日やるべきことはあらかた完了しました。水曜日くらいには湖上にでられそうです。

| コメント (0)

2018年5月12日 (土)

琵琶湖→桧原湖

琵琶湖→桧原湖
琵琶湖ガイドツアーが終わり、ドタバタと諸々の案件を片付け、琵琶湖期間中滞在したレオパレスを引っ越し、そして1ヶ月ぶりに帰宅、貯まっていた仕事をしてと超ドタバタしていましたが、今日から桧原湖に来ています。明日は私は出場していませんが、JB桧原湖シリーズ第1戦の運営をしています。
桧原湖はまだ春になったばかりという雰囲気です。明日出場するJB桧原湖の選手のみなさん、頑張って下さい~。
明日の夜には帰宅し、明後日からは北浦のプラクティスという予定ですが、おそらくどこかで力尽きそう(笑)

| コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

雨上がり、水温低下

雨上がり、水温低下
雨上がり、水温低下
雨上がり、水温低下
水温が下がり、まあまあ食わなくなってきた感じです。ウィードの少ない今年の琵琶湖は案外小さいワームでもいいサイズのバスが釣れます。むしろよりフィネスにした方がサイズアップするような傾向もありました。今日はレッグワーム2.9のダウンショットが活躍。少し重めのシンカーでベイトで使うもよし、スピニングで普通に使うもよし、重めのシンカーで硬い目のスピニングで使うもよし。ポイントはフォールのリアクションとアクション後のステイです。困ったときはレッグワーム。東西問わずエサと呼ばれるワームです。

| コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

どしゃ降りな1日

どしゃ降りな1日
どしゃ降りな1日
今日は予報通りどしゃ降りな1日でした。終盤には雷も鳴り、集中力を維持するのが大変です。午前中はバスは放水とローライトの影響で少し浮きぎみだったようですが、午後は水温の下がりからボトムに近くなっていったように感じました。
こんな天気のときはプリスポーンの魚体がまだ釣れます。これにドデカイのが混じるかと思いましたが今日は53まで。それでも丸々とした魚は琵琶湖の醍醐味ですね。
私の琵琶湖ガイドツアーも残すところ明日を入れてあと2日。今回はほぼ毎日出船していましたから、体も道具もピークです。最後まで気を抜かずに頑張ります。

| コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

今日も激荒れ

今日も激荒れ
南風の強い1日でした。ゆっくり出船しましたが風は収まらず、風を避け南エリアでのんびり…ゴールデンウィークにこんだけ荒れると困りますね。

| コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

天候不良

天候不良
天候不良
天候不良
今日は朝から爆風。しかもガイドの私は少し風邪気味になってしまい、そんな私の体調を気遣ってかゲストさんは、ロクマル一本さっと釣って上がりますよと言ってくださいました。
そんな簡単にロクマルなんかは釣れませんよ~と私が言った直後のこと、開始ソッコーで、はい、でました60センチ。ルアーはモコリークローの7gテキサスリグです。
風も強く、目的を達成したのでお昼に上がり、遠方へ食事に観光にとゲストさんのご希望を案内してまいりました。

| コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

雨
雨
雨
今日は風は穏やかなでしたが、午後から雨が降りだしました。幸いパラパラ程度の降り方でしたが、雨が降ってからは沖は少しバイトが遠ざかった気がします。しかしプリスポーンの魚が再び混じってきましたので、雨上がり、また気温が上がったら色々と期待できそうな予感がします。
ビッグワンこそ来ませんでしたが、50アップも入り、数もそこそこ上がった1日でした。

| コメント (0)

2018年5月 1日 (火)




琵琶湖ガイドも今日から後半戦。残りは休みなしで突っ走ります。平成もあと一年を切った今日は見事な五月晴れ。気温もぐんぐん上がりました。今日は午前中北湖へ行ったりしました。コンディションは連休入りました!と言わんばかりのタフぶりですが、きっちりやれば数もサイズも狙えます。タフってからが見せ場があるのが私の釣りです。
先日パワーポールが壊れ、今は片方しか動かないのですが、今日はエレキのマウントが壊れました。ミンコタ歴半年ちょっとの私には予期できぬ故障でしたが、幸いパーツも見つかり、発売元のメーカーもとても親切に対応してくださり、ゲストさんも手伝ってくださり、本日中に無事に復旧することができました。そしてこのトラブルを今後未然に防ぐ情報まで知ることができました。みなさま、ありがとうございました。
しかし壊れるときは次々とくるもので、午後には魚探に写真のようなシンクホールが開いたような黒点が現れました。明日電源を入れて大きくなってたらやだな、と思いながら今日は終了です。明日からは少し天気が下り坂の予報。荒れないことを祈りますよ。

| コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »