« 初バス | トップページ | 五十嵐カップ »

2018年1月 3日 (水)

釣れる画像と釣れない画像

釣れる画像と釣れない画像
釣れる画像と釣れない画像
上の画像は水中に沈んだおそらく枝系のものの右上にバスらしき魚影が映っています。下の画像はボトムにベッタリと線状に映っているのがバスらしきものです。
魚影の画像はボートを止めてしまうと地形がわかりづらいのですが、動いている魚は線状に映ります。
この季節、上の画像の浮いているバスは釣りづらいです。フォールやクランクベイト、メタルバイブなどで食うこともありますが、下のボトムべったりの方が私は釣りやすい映像だと思っています。
理由は簡単、ボトムをとって釣りができるからです。この時期、バスは体の後ろにあるものをわざわざ食べに行きません。視界の前方の狭い範囲のものしか反応しないようなイメージです。泳いで浮いているバスの目の前をルアーが通る率は低く。ボトムなら二次元に捉え、何方向からか通し直せば目の前も通る確率も上がるからです。
しかし、上の画像に映る枝、これをバスが意識しているなら話は別だと思いますが、意識しているならこの時期は枝の中に居そうなものですね。

« 初バス | トップページ | 五十嵐カップ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。