« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月28日 (月)

雨接近中

雨接近中
雨接近中
雨接近中
雲の多いローライトの1日でした。1週間ぶりの雨が降ろうとしています。この雨で状況はガラリと変わる…?

| コメント (0)

2014年4月27日 (日)

GW2日目

GW2日目
GW2日目
今日も朝は北風が冷たく感じましたが、いい天気で気温も上がり、ぼちぼち数も釣れ、湖に浮いていれば楽しい1日でした。まだまだ本調子とは言えない琵琶湖ですが、ドデカイのがそろそろ釣れる予感です。

| コメント (0)

2014年4月26日 (土)

GW初日?

GW初日?
GW初日?
同じようなタイトルのブログがインターネット上に溢れてるであろうGW初日。昨日まあまあ釣れたので、今日は調子のってアフターのデカイのだけを狙って行きましたが、そうそう甘くないのが現実です。狙い通りの場所で単発がくるにはくるのですが、サイズは狙いには少し足りなかったです。

ヤマセンコーのノーシンカーはベタ凪時の最も強力な武器。新しいルアーを試したくなる心境もわかりますが、このワームをタックルボックスから外したらきっと後悔します。今日はそのヤマセンコーで釣れました。

| コメント (0)

2014年4月25日 (金)

| コメント (0)

一転

一転
一転
一転
今日は一転して40アップ18本、船中20本とよく釣れました。水が昨日より生命感あるように感じましたが、程よい風が吹いていたのが好転の要因か、たまたま回ったコースがよかったのわかりません。昨日のデータからいくとそろそろ釣れ始めるはずなので、それが今日なのかも知れません。マリーナの近くでもペアリングしているのが今日はたくさん見えるようになっています。テンション上がってきましたね。

| コメント (0)

2014年4月24日 (木)

どうしたんだ琵琶湖…。

どうしたんだ琵琶湖…。
どうしたんだ琵琶湖…。
今日はゲスト様5本キャッチです。もう少し釣れてもいい時期です。
あまりの厳しさに去年の釣果ノートを開いてみました。去年もまあまあ厳しく感じていたのを思いだして。
2013年4月24日、雨、北の風。水温は南部13.8℃、赤野井12.5℃。今年はすでにこれより2〜3℃高い。もっとも昨年も翌日の25日は天気がよく、約2℃あがりました。
雨の中の釣果は、Deep-X150、ジグヘッドで40〜50cmを3人で10本。翌日の晴れた日も同じく3人で10本でした。あまり変わらない感じですが、場所はほぼ今年と同じですが何より連発してます。
ちなみに2012年4月24日は晴れのち曇り、水温南部で15.5℃、釣果は3人で25本、50アップ3本。こちらも場所はほぼ同じような感じです。
一概に比較はできませんが、去年から厳しいのです。しかし30日には3人で16本、50アップ2本、5月1日には20本釣っています。今年もぼちぼち目覚めるのか?

| コメント (0)

小森ノート

Dsc_0641今月発売号のBasser(つり人社)にて「小森ノート」という新連載がスタートします。
私のトーナメントプラクティスで使用したノートや釣果を書いた釣りノートを公開しながら体験談を紹介していきます。読み応えのあるリアルな内容なのでぜひお楽しみにしていたください。

| コメント (0)

2014年4月22日 (火)

ネコリグ追加情報

ネコリグ追加情報
ネコリグ追加情報
ネコリグって私はスモラバについでトーナメントではあまりやりません。一年中ネコリグしか投げない選手もいる近代トーナメンターには珍しいタイプです。
もちろんプラクティスでは投げますし、プライベートやガイドでは使いますが、思えば遠賀川でのエリート5。ことごとくバラしまくったあの試合、放送さしてないものもあると思いますがリミットメイク=優勝のゲームで2日で14本というミスに、ネコリグはトーナメントでは封印としていたのです。
あれから、なぜバレるかを考えました。理由はマスバリ、リグの熟練度、それから自分はワームキーパーを使用していないことが可能性として考えられました。収縮系はそもそも煙草を吸わない私は湖上でライターをよく失うからむいてません。事前につけておいても、硬くなり緩んでしまいます。他のはリグがシンプルじゃなくて微妙です。
そんな中、最近みつけたのがこれ。怪しいペンチとチューブのセット。桧原湖でのマイクロクローラー3のネコリグで初めて使用しましたが、かなりいい感じです。フックはチューブごとワームに横ざしです。フッキング率は劇的にアップした上にワームがなかなかなくなりません。
今の琵琶湖でよく使うカットテール5インチならチューブは6mmがちょうど合います。こうやってワームにサイズを合わせるのが大事なのですが、ピッタリ合えば本当に便利です。どのワームならどの大きさか、そのリストも公表して欲しいところですけどね。
これで琵琶湖で練習してトーナメントでもぜひネコリグ再投入します。

| コメント (0)

釣り日和

釣り日和
釣り日和
釣り日和
ローライトで風がない、自分的には釣り日和。今日のゲストさんはなんと石井君。いやいや、メインはその友人です。
先週末、まあまあ良くなってきた感じがして、2日置いての久しぶりの出船でしたが、劇的によくなっている感はありませんでした。しっかり釣っていかないと危険です。しかし、しっかり釣っていくと、数は出るようになってきています。
そのしっかりというのは、今はネコリグをベストフィネスで。ワームは個人的には圧倒的にカットテールワーム。サイズも色々ありますが、状況によって使い分け、今日は5か5-3/4が良かったです。
比較的軽いネイルシンカーでもワーム自体の重さで飛距離を稼げ、なおかつ水中でウィードを押す比重とフッキングのよさ、ウィードの隙間から見える微妙のテール。カットテールは今更ながら本当よく釣れます。特に琵琶湖で困ったときは迷わずこれでしょう。
他にはジグヘッドや4ヤマセンコーなどで釣れました。

| コメント (0)

2014年4月19日 (土)

寒い1日…。

寒い1日…。
寒い1日…。
今日は北西爆風の予報がでていたので、午前中は完全守りに入りましたが、昨日ほどバイトもなく、サイズも上がらず苦戦しました。しかし、予報通り風が吹かず次の展開に移すのにためらいながら、時間だけが過ぎていく展開。先週からの流れではガイドとしては危険な感じでした。
そして午後は予報通りの風。しかもこの風は冷たく、体の芯から冷えました。まあまあ焦りましたが、厳しいながらも風向きが変わる度に風裏を巡り、なんとか釣果を伸ばせました。
そして最後はゲスト様のルアーチョイスがバッチリはまり、終わってみれば久しぶりの二桁釣果。昨日の雨で少し進行した季節、「進んだ季節は巻き戻らない」冷えても上がったところにはたくさんいます。あとは釣り方ですね。
琵琶湖はこの季節でも日本海からの風でまだかなり寒い日もあります。不要になるかもしれませんが、防寒対策はまだ必要です。

| コメント (0)

2014年4月18日 (金)

救いの雨

救いの雨
救いの雨
救いの雨
朝から雨でしたが、予報より気温も高く、風も吹かず、この雨は少し状況を打開してくれる救いの雨となりました。
今日はゲストさんに合わせてベイトタックル縛り。ベイトフィネスの登場で正直、琵琶湖ではジグヘッドとスプリットショット以外はスピニングでなきゃならない理由があまりなくなりました。この二つのリグはラインのさばき方とキャストの理由でベイトでは無理です。
朝はまず湾奥のフィーディングを狙い59cm。昨日夕方からボイルがあったのでチェックしてみて正解です。これはカットテール5インチのベイトフィネスネコ。他にも数匹小さめがでました。
雨のあとは曇天のベタ凪ぎ、沖のスポットでヤマセンコーのノーシンカー。今日はこれが良かった。しばらく荒れた日もなく、流れもなく、水もキレイで晴れていたので、こういうなんか夏っぽい釣りがはまりました。水温も16℃超え、活性も高く、昨日まで釣れなかったチビバスも釣れましたよ。
今日はそんな救いの雨となりましたが、明日は北西の風が強くなりそうなので、また大変そうです。

| コメント (0)

水温15℃超え

水温15℃超え
今日も天気がよく、水温は15℃を超えました。しかし数があまりつれませんね…。コーナンサイズに恵まれると助かりますが、二桁釣果が夢のようです。明日の雨で好転期待。

| コメント (0)

2014年4月16日 (水)

55、53

55、53
55、53
大潮、そして薄曇りのローライト、微妙な南風…。釣れそうな要素満載ですが、なかなか重い扉がひらかない今年の春。バイトが遠いのが難点です。それでも徐々によくなってはいるのか、今日はナイスサイズが2本入りました。ジグヘッドとバイブレーションXです。

| コメント (0)

2014年4月15日 (火)

DVD発売予定

DVD発売予定
3月末発売予定のDVD「THE PRACTICE」、諸事情により、少し発売が遅れておりましたが、ようやく4月20日発売になります。
このDVDはプリプラクティスの様子を撮影したものです。普段知ることのできないプロトーナメントのプラクティスってこんな感じです。
気になる方はぜひご覧下さい。


サンプル動画
http://youtu.be/SqhlW6H83JY

| コメント (0)

2014年4月13日 (日)

少し上向き?

Dsc_0524Dsc_0536今日は少しローライト気味の空と大潮まわり、それから昨日に比べ格段にボートの数が少なくなったため、水温は少し下がりましたが、少し状況は上向いた感じです。バイト数は昨日と同じくらいですがしっかりフックアップできるバイトが多くなっていました。

釣れてくるのは写真のようなプリプリの♀ばかり。ビッグママが混ざるのも時間の問題か?
今日は重めのジグヘッドでバークレーパワーユーホリアがよかったです。ローライトで期待したバイブレーションは水温低下でお預けでした。沖の巻きは自分は今の水温、水質とベイトのポジションでは手を出せません…ジグヘッドはポヨン~~ジーー~ピクッって感じのアクションが効果的です。

| コメント (0)

2014年4月12日 (土)

琵琶湖ガイドスタート

琵琶湖ガイドスタート
琵琶湖ガイドスタート
琵琶湖ガイドスタートしています。かなり暖かい日も続き春本番になってきました。琵琶湖も水温13℃と、もういい温度です。しかし、しばらくお待ちください、の感じです。毎年このタイミングではそうなのですが、かなり厳しい感じです。
ただどこかのタイミングで爆釣開始するかわからないのも事実です。次の大潮かな…。
昨日はゲーリーカットテール5-3/4ネコリグ、ユーホリアのジクヘッド、ゲーリー4インチワームのジクヘッドで、今日は昔買ったズームの長いワームで釣れました。後半はバイブレーションで。
プリの♀を狙っています。何が起こるかわかりません。それが春です。

| コメント (0)

2014年4月 7日 (月)

TOP50第一戦七色ダム最終報告

開幕戦の早春クリアウォーターリザーバーは過去上位で乗り越えたのは2012年の早明浦ダム7位のみ、2006年旭川5位、2010年野村ダム5位は共に若干の濁りの中でのゲームでした。特に苦手意識があるわけではないですが、言葉では伝えにくい難しさがあります。
今回はおそらく釣れ始めるだろうというエリアの条件は絞れました。シャローフラットに連なるフラット、アウトサイドの岩盤、各クリーク。しかしプリプラ中、ほとんど釣れませんでした。僅かなバイトなどから、その中でバスの濃いであろう、エリアを絞ることくらいしかできなかたった。釣り方が見えてこなかったのです。
それらを全く無視したバックウォーターサイトフィッシングに走る、という手がありました。これはいくつか釣り方を見つけていましたが、この選択肢はダメだったとき自分では悔いが残るので却下しました。見えている魚が10匹いれば、見えない魚は100匹いるというのが私の考えです。
ようやくまとまって釣れたのは直前プラクティス。リミットメイクはできましたが、プレッシャーに弱い岩盤のミドルサスペンドのバスのみ。軽いダウンショットを見せて止めておく釣りで、これを釣るのは得意なのですが、これしかないのでは試合中のリミットメイクは不可能です。その他のバスは微妙なクセを見抜くことができず、完全に釣り負ける結果になってしまいました。
初日は好スタートを生かして朝一にいい魚をキープできましたが続かず、2日目は2度のチャンスもフックアウトしてしまい、バスをキープできたのは14:35。終了25分前です。水温が上がったこと、帰着に向かう選手が上流に集結したため、引き波が消えたことが釣れた要因だと分析しました。
最終日は全くダメ。天候も荒れ、新たな魚は期待できず無情にも時間だけが過ぎてしまいました。あと一本。ノーフィッシュが連発する中、ジャンプアップのチャンスなのに、この一本がどうしてとれないのか…。
いやあれだけ見えていない状況で予選通過までもってこれただけでもよしとするしかありません。
こんな結果で終わってしまいましたが、たくさんの応援メールありがとうございました。まだ初戦。諦めてません。捲ります。

| コメント (0)

2014年4月 5日 (土)

TOP50第一戦七色ダム2日目

終始アンラッキーな展開の中、今日のたった一匹のバスをキャッチしたのは終了20分前。頑張った。明日はいいことある。あるに決まってる。

| コメント (0)

2014年4月 4日 (金)

TOP50第一戦七色ダム初日

スタートが3番目以内だったらと考えていたプランを2番スタートだったので遂行しました。慣れないことをしたもんでリズムがあわず、バッティングした選手に見事な釣り負けっぷりでワンフィッシュのみでした。でもそれなりのサイズだったので首の皮一枚勝負が繋がっています。
明日は本来のプランで攻めてきます。ここから頑張ります。

| コメント (0)

2014年4月 3日 (木)

JBTOP50第一戦七色ダム

明日からいよいよ今年の第一戦が始まります。桜も満開ですが、今夜の雨から一気に冷える予報。状況はまあまあシビアですが、トーナメントはこんなときいかにどうするか。精一杯頑張ってきます。

| コメント (0)

2014年4月 2日 (水)

じゃばら飴

じゃばら飴
池原で地元の方に花粉症に効くと教えてもらい、先日から愛用しています。じゃばらとは、邪を払うという意味のここ下北山に自生する柑橘系の植物だそうです。
科学的根拠はしっかりとあるようですが、〜に効くという話は気分や体質にもよります。そう思って半信半疑で試して見ましたが、本当に効果あり。かなり楽になりました。今週末、観戦に来て下さった方はきなりの湯で販売していますので、ぜひ試してみてください。

| コメント (0)

2014年4月 1日 (火)

トーナメントウィーク

今週末はいよいよ2014TOP50シリーズの開幕戦です。場所は七色ダム。関東でいうと片倉ダムに雰囲気が似ています。明日から直前プラクティス、いっちょ頑張ってきます。今年はさらに熱くというテーマで戦い抜きます。熱い応援よろしくお願いいたします。

| コメント (0)

おかっぱり

おかっぱり
今日は気分転換、春の早いおかっぱりへ。せっかくだから動画を回しながらメガバスの新製品でも試しに、という感じでした。
さっそく試したのが春のプリメスに実に効きそうなSM-Xスプリガン。千鳥るようなアクションが特徴のミドル〜シャロークランクです。野池や川などをこのルアーで広く回りました。ボートからでもおかっぱりでも根掛かりしにくくサーチベイトとしてとても便利です。所々ではベイトフィネスでワームをしたり、コバスをライトリグで釣ってみたりして色々回っていきました。
そんな中、そのSM-Xスプリガじゃなきゃダメな、と言い切れるようなロケーションでビックフィッシュが連発。流れがかなりあり、隙間が広い石積が深みに続いているようなポイントです。
サイズは一本がロクマル、もう一本が55cmくらい。プリメスに効きそうな、とはよく言ったもんですね。
ちなみにそのビックフィッシュキャッチのシーンは近日中にメガバス動画にアップ予定。ぜひお楽しみに。

| コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »