« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

小野川湖

小野川湖
小野川湖
今日は小野川湖出船。昨日の午後から少し食いが悪くなりましたが、今日も少しショートバイトとフックアウトが多く苦戦しました。50センチ近い魚も来ましたがフックアウト。また近日中にリベンジですね。

| コメント (0)

2013年7月30日 (火)

今日の釣果

今日の釣果
今日の釣果
毎日雨がふり、水位も落としつつありますが、増水したり、たまに晴れたり凪ぎったり、風が強くなったりとと状況が落ち着かないため、今日は少しだけ厳しかったです。厳しいといってもボコボコなときにくらべてで、やっぱりよく釣れます。
明日はゲストさんの希望でふたたび小野川湖に出船予定です。

| コメント (0)

2013年7月29日 (月)

桧原湖は今日も雨

桧原湖は今日も雨
桧原湖は今日も雨
桧原湖は今日も雨
天気が悪いこともあり、今日はほぼプライベートレイクでした。雨が降るまでは虫パターン、雨が降ってからはミドルレンジで、今日はいいサイズばかりでした。

| コメント (0)

2013年7月28日 (日)

小野川湖

小野川湖
小野川湖
小野川湖
今日は桧原湖がNBC福島チャプター開催のため、小野川湖でガイドを行いました。年に一度は必ずくる小野川湖、アベレージは桧原湖より落ちますが、45アップの確率は高く、桧原湖より静かでのんびりした空気が流れるとてもいい湖です。
そんな小野川湖での私の釣りはひたすら虫。なだらかなバンクが多いのでよく出ます。あとはインレットでライトリグ。シャローエリアでスピナベやミノーも出るのですが今日はバンクで虫DAYでした。
風が強めでしたが、でかいのが5分に一度くらいの頻度でチェイスしてきます。小さいのは無視して選んでいけるので、数釣りはしませんでしたが、40アップでリミットメイク、MAXは47cm。とっても楽しめました。

| コメント (0)

2013年7月27日 (土)

桧原湖に帰ってきました

桧原湖に帰ってきました
桧原湖に帰ってきました
桧原湖に帰ってきました
私の不在中、かなり雨が降ったようで、湖は50センチほど増水し、一部崩れているショアラインもありました。
ベイトの群れも写りにくく、あまり釣れていないと聞いていたのですが、これは私のよく知るパターン。とてもよく釣れました。サイズは500〜800gのハイアベレージをキープ。しかし少し2週間前より痩せてきています。
釣り方は虫パターン、ダウンショットなど。ダウンショットはガルプのマイクロクローラー4、レッグワームノンソルが好調。虫は本日「青木虫」を桧原湖に初投入。微波動が出せ、誘いの入れれるこの虫は、なかなか反応してくれないバスを水面まで呼ぶことができるナイスなルアーです。
昆虫の専門家としては、活虫、ハイフロートバグに並び虫レギュラー入りです。ぜひお店で採集してください。もうすぐ発生します。
小森虫?ステキなアイデアがありますが、今のところまだ発生時期じゃありませんね。

| コメント (0)

2013年7月26日 (金)

Victory Trial

Victory Trial
Victory Trial
今週はVictory Trialのロケがありました。舞台は利根川。今回は河辺プロと競演。夏の利根川。試合明けでテンションも高く、気候も一瞬だけ夏に戻り、牛が水浴びをするくらいでした。しかし状況は…
初回放送は来月の第3火曜日21時〜になります。是非ご覧ください。

| コメント (0)

2013年7月24日 (水)

Top50第3戦

年間のターニングポイントとなる第3戦、この試合は私にとって2度目のシリーズ連覇へのラストチャンスでもありました。

プリプラは梅雨まっただ中。試合は梅雨から真夏への季節の過渡期。オフリミットの二週間、私は桧原湖にいたので知りませんが、関東は猛暑の真夏日が続き、完全に梅雨は明けたと情報が入っていました。しかし、試合が近づくにつれ、気温下がり、冷たい風が吹き付け、季節は完全に戻ってしまいました。戦略的に私は真夏のピーカンの方が得意です。もっているポイントも多いし、今回もそれにあわせてプリプラも行いました。もっとも、梅雨があけなければプリプラ時のパターンでいけばいいからです。

そうして作戦を梅雨バージョンのエビパターンに戻しましたが、梅雨で停滞したわけじゃなく、一度季節が進んだということが、作戦にネガティブな影を落としました。

さて試合。強風のため初日がキャンセルとなり、2dayなトーナメントとなったことで、年間の考えると初日は勝負せざるを得ない状況になり、とてもリスクのあるプランを選択することになりました。それは霞ヶ浦本湖の足の早い魚達。
結果はその勝負に破れるかたちとなりました。
スタートが悪かったことで、その戦略のベースとなるリミットを霞ヶ浦に着くまでのエリアで確実に揃える必用があったのですが、ミスが続き、結局リミットが押さえられないまま霞ヶ浦に向かい、後手後手の霞ヶ浦ではキッカーもキャッチできず、苦しいまま初日を終えてしまいました。
2日目はハイウエイトを捨てて守る形をとり、晴れ間がさした時間に梅雨明けのキッカーパターンでキロフィッシュをキャッチすることも成功し、僅かな希望を残すことができました。と同時に少し乗り切れない今ジーンズの何かが吹っ切れた気がしました。
これはこの試合の少ないですが収穫です。
残り2試合、可能性があるかぎり、いや、そこにトーナメントがあるかぎり、死に物狂いで結果にこだわってきます。
次戦も応援よろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2013年7月23日 (火)

Top50第3戦

たくさんの応援ありがとうございました。試合の展開などはまた近日中にまとめたいと思います。今期は少し不調でしたが、最終日になにか復調の手懸かりをつかんだと思います。次頑張ります。

| コメント (0)

2013年7月19日 (金)

初日中止

初日中止
スタート地点のマリーナを直撃する強風のため、スタート待機となりましたが、天気が回復する気配はなく、初日はキャンセルとなりました。
気分転換し、明日から頑張ります。

| コメント (0)

2013年7月18日 (木)


翼がはえたみたいな空なので撮ってみました。明日から第3戦が始まります。暑さに負けず頑張ってきます。それでは応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

2013年7月16日 (火)

準備中

準備中
明日からの第3戦直前プラに備えて、今日は現地で準備色々。先ずはバスボートのペラ交換。
この北浦水系は標高も低く、多少塩分もあるため、船が浮き、エンジンがよくまわり、プレーニングも早く立ち上がります。そのため、少しペラのピッチを上げることもできますが、今日は同じピッチのトロフィーから修理から上がったばかりのヒューリーにチェンジです。同じ回転数での速度がアップし、安定した走りになるペラです。
ついでにギアオイルをチエックし、船底の傷を修復、次にデッキのロッドバンドを直しました。もはや試合前という以上の手の込んだ整備になりました。
続いて釣具を準備して宿には入り、ノートとルールを確認して今日は寝ます。
明日から頑張ってきます。

| コメント (0)

2013年7月14日 (日)

JB桧原湖第2戦

JB桧原湖第2戦
まだ梅雨が明けていない桧原湖。今日も朝は曇り、日中は陽も射しましたが、午後は嵐のような天気でした。
JB桧原湖シリーズ第2戦、ベイトブレスカップ、今日は選手ではなく運営です。
咋シーズンからこのシリーズの大会実行委員長を任されています。JBのトーナメントフォーマットがあるので、不可能はなことはないのですが、出来るだけスムーズに、公平に選手にトーナメントを楽しんでもらおうと思うとこれがなかなか大変…。魚を釣ってくるよりはるかに難しく、ミスばかりです。
しかし運営サイドに立ってはじめてわかることもありますし、陸上で選手の動きや展開を創造しながらトーナメントを机上で戦ってみたりと楽しみ方もあります。そして何よりもトーナメンター達のギラギラした顔。Top50とはまた違った表情に、このシリーズからトップカテゴリーに昇格した頃を思い出させてくれる懐かしさもあります。

今日も表彰式は嵐の中でしたが、無事に運営完了。選手の皆さま、お疲れ様でした。
さて、来週は自分が戦う番です。

| コメント (0)

2013年7月13日 (土)

雨
雨
雨
今日はけっこう激しい雨が降り続く1日でした。どちらかというと寒いと感じます。ここ数日の酷暑を経験していないのは幸か不幸か、明日関東に戻ったときにわかるはずです。
今日はJB桧原湖シリーズの直前プラとあって湖はなかなかの人の多さですが、桧原湖の懐の広さはすごいなぁと改めて思うほど、人のいないポイントを選んでいてもよく釣れました。

| コメント (0)

2013年7月12日 (金)

トレッキング

トレッキング
今日は空きになっていたので、車に忍ばせてきたザックとトレッキングシューズを装備して山登り、いや、近くのトレッキングコースを軽く山歩きしてきました。
久々に歩くとずいぶんつかれました。やっぱり体力は落ちるもんですね。鍛え直しです。

| コメント (0)

2013年7月11日 (木)

シグレー

シグレー
昨日はメガバスルアーで桧原湖を攻めきりました。季節の過渡期、シャローは雨で不安定、ディープはベイトが小さく、食わせが重視されるスモールマウスの釣りではハードベイトがまだマッチしない状況でしす。
エビを狙っているバスに絞り、クリアー系カラーのシグレーでいいサイズ連発。真夏の虫パターンと違い、ショアギリギリにアプローチしてやるのがポイントです。もちろんバスはエビを主食にしていてもセミや虫が落ちていたら食べますので、ちょっとミスキャストしても大丈夫です。

| コメント (0)

2013年7月 8日 (月)

DVD撮影

DVD撮影
昨夜はこいつにやられました。

今日はどっしゃ降りの桧原湖でDVD撮影でした。仮想トーナメントで4キロ超え。桧原湖サイズアップしすぎです。
かなりシークレットなテクニックもお見せしています。ぜひ発売をお楽しみに。

| コメント (0)




関東の猛暑はどこ吹く風。桧原湖は天気が悪く1日涼しい日でした。
釣果は御覧の通り。船中の最大5本で4キロくらいといった感じです。
楽しいですね〜。

| コメント (0)

2013年7月 6日 (土)

桧原湖ガイド

桧原湖ガイド
桧原湖ガイド
今年は春の桧原湖ミノーゲームの時期が九州遠征と重なったためできませんでした。
従って今日が今年の桧原湖ガイド初日。もうシーズナルはアフターです。

関東は猛暑だったようですが、桧原湖は朝からそれほど気温が上がらず、途中に雨も降り、その後は肌寒い1日でした。
アフター特有のパターンはいくつかありますが、雨が降ったり風が強かったりするとパターンは少なくなってしまいます。それでもハイアベレージのパターンが残っていました。
今日の私はレッグワームのノンソルティーという新しいカラーを使った釣りでした。このワームにつきましてはゲーリーのブログにて感想を掲載しています。ぜひ御覧ください。

| コメント (0)

2013年7月 5日 (金)

ガイド空き日程

7月12日、桧原湖ガイド日程ができました。皆様のお越しをお待ちしております。

| コメント (0)

2013年7月 4日 (木)

プリプラ完了

水が増えたり減ったり、雨が降ったり晴れたり、そんなプラクティスでした。手応え?ナイショです。試合まで頭を真っ白にし直してきます。

今私がやっていたのはプラクティスです。私の中で釣行は4つに分けられます。プラクティス、トーナメント、ガイド、プライベート。
プラクティスは釣果を求めません。目的の日に釣る準備で、場合によっては釣り込みますが、正直釣れて釣れなくても、何かに繋がれば嬉しいですが、ただ魚がたくさん釣れても全く楽しくありません。魚探で沈船を一台見つける方が遥かに楽しいです。何も見つからない日の方が多いですが、しかしこの積み重ねが財産で、詳細釣りマップが蓄積しています。私はそうは思いませんが、トーナメントなんてピンスポットを何個知ってるかだけだと言い切った知人もいました。

トーナメントは逆に釣果のみを求めるので、とにかくルアーが水についている時間を増やします。そしてサイズが小さくても、それは釣れたら雄叫びをあげるほど嬉しいし楽しいです。よほどの余裕がなければ後日のことなど考えず今を追いかけます。しかしプラクティスあっての当日で、釣りをしながら魚探をかけることなどほぼありません。もちろんその時の釣技やルアーは参考になりますが、ある意味、トーナメントに出ていない方には特殊な状況かもです。

ガイドは結果が求められます。事前調査ができないこともありますが、基本知り尽くしたフィールドで行いますのでトーナメントと似ていますが、ゲストさんによって楽しみ方も違います。

プライベートはテーマがないときはトーナメントと似ていますが、異なるのは釣行のための事前調査=プラクティスがないということです。取材も場合によっては似ています。しかし、ほとんどのアングラーはそういう釣行が普段だと思います。最近プラクティスの話ばかりでしたが、ブログを読んでくださる方にはプラクティスの話よりこっちの話の方がお役にたてるかもしれません。
だからプラクティスがなかったらトーナメントをどう戦うか?そんなことを考えていつもプライベート釣行をおこなっています。
昔、韓国でのトーナメントに参戦していたときはプラクティスはほとんどありませんでした。その時思ったことは「地形くらいは把握しておきたい。あとはベイトの種類とか、バスのアベレージとか密度とか。シーズンの進行具合がわかれば…」でした。地形はインビジブルなものは期待せず、見えるものに絞れば意外とすぐ把握できます。地図くらいはいくらなんでも手にはいりますから、あとは山の形や地質をみて想像します。場合によっては釣りをしながら魚探で把握します。クランクとかで把握する手もあります。
そしてまず一匹、釣ります。見るでもいいです。とにかくバスに接して考えます。何かわかれば、そのキーワードを叩き続けます。岬でフィーディングしてた=岬をトップでランガンみたいな。
あるいは初めからキーワードを入力して様子をみます。クランクで一周、岩盤ネコリグで一周、その間に何かを読む。
しかしこのプライベート釣行をしっかりする力がないとトーナメントでも成績が残せません。逆にしっかりすればプラクティスなど意味がないのかもしれません。
いや、プラクティスでとても小さなピンスポットを見つけたり細かいニュアンスに触れることはやはり成績に繋がります。
なんか長い話になりましたが、プラクティスとトーナメント、それからプライベート釣行の違いと類似点、またどういうところを見れば参考になるかなど、このお話から掴んでいただければと思います。

ともあれ第3戦のプラクティスは全日程を終えました。明日から桧原湖です。

| コメント (0)

2013年7月 2日 (火)

大惨事…

大惨事…
大惨事…
ボラアタックです。まるで事件のあと…。しばらく臭いも消えません。
今日は晴れました。しかし後半は風が強くなりました。それでもイヤになるくらい荒れてないんですよね、今回のプラは。体や船にはいいですが、試合でいきなり荒れる方が怖いですね。

| コメント (0)

2013年7月 1日 (月)

プリプラ大詰め

プラクティスです。魚を釣ることを目的としているわけではありません。ポイントを再確認したり、チャートのマークを釣りしやすいように入れ直したり、新しい何かを探したり…
1日やって「おっこれは!」みたいな発見は、もうほぼホームのこの水系では3つあれば奇跡。だいたい試合に少しでも繋がりそうなものを1つ2つ見つけるか見つけないかの毎日です。つまり1日湖上にいて、魚も釣れなければ全く何も見つからない日もあります。
今日がそんな日?というわけではないですが、それを考えると心が折れそうになりますね。

魚探がけの基本は魚探をかける理由。ストラクチャーのみを探すのではなく、ストラクチャーが必要な場所を探すのです。そして魚探でわかることは実際の7割。そこで使う予定のルアーを通してみないと完成しません。明日も頑張りましょう。

| コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »