« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

青野ダム

青野ダム
青野ダム
今日は青野ダムに何年か前の取材のリベンジ釣行にいってきました。
色々釣れる要素は詰まっているのにさまざまな理由から少し難しくなっているフィールドですが、それでもバスはいます。それも相当デカイのが。
で、今日はその中でも一番デカそうなやつを食わせたのですが…
無情にも外れてしまい、小さいの一匹だけで終わってしまいました。推定ですが55は超えていましたよ。残念 …。
釣り方はサイトです。アフターのかなり動く魚を食わせる技をまた見つけました。公開は…来年またこの時期に青野ダムで。

| コメント (0)

2013年5月30日 (木)

関西滞在中

関西滞在中
関西滞在中
関西滞在中
九州から関西に移動してきました。ロケのスケジュールなどの都合で、移動のリスクなどを考えていたら予定がぽっかり空いてしまい、この期間は他の仕事をやろうと思って関西に滞在しています。
なんか食べてばかりの写真ですが、明日は関西の某リザーバーにいつぞやのリベンジ釣行の予定です。

| コメント (0)

2013年5月28日 (火)

VictoryTrail

VictoryTrail
Give Me HeavenからVictoryTrailに変わった私の主演する釣りビジョンの番組のロケが完了しました。6月放送分です。
今回の舞台は遠賀川上流で、昨年末に旧吉野川編で共演した琵琶湖の人気ガイド国保誠さんと再び同船釣行でした。
私の釣りのスタイルはパフォーマンスではなくトータル的なバスフィッシング。トップウォーターや巻物、カバーからライトリグまでを駆使し、状況を見極め、フィールドから何かを感じ、魚にあわせて釣っていきます。花粉症がひどくなり苦しみましたが(笑)、今回もそんなストーリーを求めていきました。
国保さんは彼流の琵琶湖スタイル。バーンと投げてドーンなイメージなのですが、もちろん遠賀川は初めてですし、私の操船で私のディスタンスにあわせて釣りをしてもらいましたので、琵琶湖スタイルそのままとはいかない窮屈さを味あわせてしまいました。
しかし見ていると細かいキャストもとても上手く、高度な繊細さを持ち合わせていることに気付きます。
前回の番組内で紹介した国保さんの琵琶湖ガイドスペシャルロッドX-GLAIVE もあれから完成、発売し、私も琵琶湖ガイド期間に使わせていただきました。軽量化、感度のみをロッドに求める時代に、時代の流れが見落としたものが載っかってる感じのロッドです。はっきりしたコンセプトに対するはっきりした答えがでている名竿だと思います。そんな彼のタックルへのこだわりも必見です。

| コメント (0)

2013年5月26日 (日)

九州

九州
九州
九州
プリプラが木曜日まで、明日から九州でロケがあるため、週末は九州に滞在し、休日を楽しんできました。九州はほとんど知りません。いったことがあるのは博多と遠賀川近郊、熊本、北山ダム、鹿児島に数時間くらいで、私の旅してまわりたいところ一番が九州です。
今回はちょっと短かったので博多から朝倉市くらいをぷらぷらしてきました。大宰府天満宮で頭がよくなるようにお祈りしてきましたので、さらなる高度なテクニックの発見に乞うご期待です。
三日間ロッドを握りませんでしたが、いい気分転換になりました。明日からロケ、頑張ってきます。

| コメント (0)

2013年5月21日 (火)


何度も来ていてそれなりに詳しい遠賀川ですが、今回は徹底した魚探がけがしたくて一足先にプリプラ入りしました。選手がたくさん来てからでは魚探をかけていると釣りの邪魔になりますし、それを見て魚探がけに入ったみたいで気分もあまりよくありません…と私は思っていたのですが、そんな風にみんながみんな早くプラクティスに入れるわけもなく、後からきた選手は当然ながら必要なエリアで魚探をかけていくので、遠賀川は無秩序の超音波ゾーンと化しています。
したがって魚探をはやく終わらした私は、釣りをする超音波に侵されていない(笑)スペースを探すのが精一杯のプラクティスで、全くではないですか、集中力の続かないときがあります。
かといって早く切り上げる訳にもいかない事情があり、もう遠賀川に昔から住んでいて毎日船を出すのが日課だ、みたいな感覚になってきています。プラクティスが順調なのかどうかはあえて考えないようにしていますが、ガイドしてって言われたら、できるくらいにはなったはずです。
遠賀川に入って今日で8日目。花粉症に悩まされ、自律神経がくるっていてるのか暑いのか普通なのかわからないですが、 今日は暑かったみたいです。マスクにカッパ姿で汗がでたり出なかったりでした。北西の風が強く、PM2.5やら黄砂やらで空は白くなっています。

| コメント (0)

2013年5月18日 (土)




今日はほぼボートメンテナンスに費やしました。快適に試合をするための準備ですから、プラクティスといえる作業です。
先ずは先日壊れたボートトレーラーのウインチ交換。地元のプロショップ「ロッドマン」さんに取り寄せてもらいました。
それから遠賀川ではいつもGPSがふらつきます。基地が近いからかだと思うのですが、今回は特にひどく、アンテナを交換してみました。 シムラッド製のヘディングセンサーとHDS内蔵アンテナから、ヘディングセンサー内蔵のポイントワンというアンテナを導入です。
アンテナをスペックアップできるのがロランス魚探の強味でもあります。
そして最後に魚探をコンソールパネルにセッティングしました。私の船は旧モデルなため、パネルには5インチクラスの魚探しかはめ込めません。そこで、専用のパネルを友人に作ってもらい、魚探を固定。これで右サイドにもロッドを安心して置けるし、前を見て魚探がけできるため安全ですし、腰痛や首痛に効果ありそうです。
あとはガンネルネジをまし締めして今日の作業完了。

| コメント (0)

2013年5月17日 (金)

遠賀川四日目

遠賀川四日目
身になってるのかなってないのかわからない感じのプラクティスですが、きっとなっているはずです。
四日目になりますが、この時期特有の川沿いでよくなる花粉症に苦しんでいます。マスクをしているとPM2.5を気にしすぎじゃないのかと言われましたが、本当に花粉症です。

健康には腰痛と花粉症くらいしか気にしてませんでしたが、先日背中にほくろのような出来物が突然でき、腫れてきました。皮膚ガンじゃないかと言われ少し心配しました。
結局悪性ではなく、すぐ切って直りましたが、仕事の性格上、皮膚ガンのリスクはとっても高いんじゃないかな?と感じました。
それ以前に、いつも手だけが真っ黒で笑われるので、こんな手袋を手にいれてみました。
これで手に日焼け止めを塗らなくて済みます。

さて明日からも頑張りますよ。

| コメント (0)

2013年5月15日 (水)

遠賀川

遠賀川
風情があってとてもいい川です。昨日からプリプラを張り切ってやっています。
ただし、ひたすら魚探がけ。遠賀川をもう一度1からやり直しています。

| コメント (0)

2013年5月14日 (火)

FantasistaSTUDIOUSのPVがYouTubeにアップされました。是非ご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=yyNXFuDikzM

| コメント (0)

2013年5月13日 (月)

琵琶湖のタックル

この春、琵琶湖で使用したタックルを紹介いたします。

Dsc_0158_2
まずはガイド期間中盤からかなりメインとなったベイトフィネス、4インチカットテールの超ショートリーダーダウンショットです。ロッドはFSNC-69MLS MGS-Nine-、リールはRevo LTX、ラインは本格的なテストも兼ねてバニッシュレボリューション6~7LBでした。パワーフッキングでばければ琵琶湖のバスはサイズも大きいためフッキングしにくいと言われていますが、このロッドはスピニング感覚でスイープな合せでもフッキングします。ラインはスピニングで扱うには少し太めのライン。バニッシュレボリューションの強度もありますが、ベイトリールが故にクラッチをオフにできるのでやり取り中のライントラブルは全くありませんでした。
ダウンショットのシンカーは1.8~3.5gウィードの濃さやレンジ、風などで使い分けました。リザーバータイプのスリムシンカーもウィードとの相性がよく今回はよく使用しました。アクションはズル引きステイ。一般的にヘビダンが使用されることの多い琵琶湖ですが4カットの方がでかい魚が来ることもよくあるため、ヘビダンユーザーは使い分けてみてはいかがでしょうか?

Dsc_0148_3
続いてフィネスのメインタックル、ジグヘッドです。今年はウィードの濃い薄い関わらず、重めのジグヘッドが好調でした。例年は0.9~1.3gなのですが、ボトムを強く意識して1.8~2.3gを使用しました。ロッドはFSNS-60LSⅡとその開発中に作ったプロトロッド。軽くなった新しいロッドはウィードの質の違いや、ショートバイトを確実に伝えてくれました。そして私のロッドの最大の特徴であるバットパワーは健在で、50UPを簡単に寄せてくれます。リールはできるだけハイギアのものがフッキングの助けにもなりいいと思います。フルーガーのパトリアーク2000XT、ラインはバニッシュレボリューション5LBです。
ワームですが、バークレーのパワーユーフォリアはとても良く釣れました。琵琶湖ではかなり可能性のあるワームです。他にはカットテール5、6インチワームのテールカット、前半はヌードルなどのファットなもの、サイズアップ狙いとミドスト用にトリプルDシャッドなどが良かったです。

Dsc_0144_2
次に琵琶湖ではもう超ド定番、困る前にこれ投げろというのがヤマセンコー4、5インチのノーシンカー。ロッドは今年からファンタジスタに加入した国保
プロプロデュースのX-GLAIVE FXNC-610M-MGSです。このロッドはとにかく強い合せができるロッドで、このノーシンカーの釣りに最適でした。釣りビジョンで共演した際に使わせてもらい、琵琶湖で使ってみたいなと思っていました。リールはこれもとにかくハイギアが欲しかったのでRevo Elite8、ラインはバニッシュレボリューション12LBです。ウィードの高いところや、風のない時には沖でも使用しました。
Dsc_0147続いて巻物。FSNC-65M MGSは中、軽量級の巻物用です。またこのロッドはヘビダンにも使用しました。またメタルバイブには超最適です。ルアーはバイブレーションX、ワンテンJr.が良かったです。リールは新しく発売されたRevo パワークランク6。ラインはバニッシュレボリューションの12LB。バイブワーションXは前半の濁りが強かった頃、ワンテンJr.は後半のクリアになってから赤野井沖1.5~2mが良かったです。とても投げやすく使用感のいいロッドで、バーサタイルな部分も含め、琵琶湖アングラーの方もぜひ一本持っていて損はしないロッドだと改めて感じました。


Dsc_0160それから巻物の中~大です。例年ならDeep-X300の出番がとても多いこの時期のびわこなのですが、今年はそこまでたどり着けない日が多く、季節も遅れているためあまり出番はありませんでした。しかしこれから必ず出番が来ると思います。
ロッドはこれも国保プロプロデュースのX-GLAIVE FXNC-73MH MGS。とても遠投ができ、かけたバスをばらしにくいロッドです。リールはRevoパワークランク5。スローロールも頭にあったのでギア比を落としました。ラインはバニッシュレボリューションの14LBです。ウィードエッジの沖目のラインでベイトがいれば試してみる価値アリです。


Dsc_0154
最後にテキサスリグです。昨年はゲーリー8インチワームやリザード5インチが良かったのですが、今年はテキサスは早い時期のアシ撃ち、浚渫の上にある濃いウイード撃ち、マンメイド撃ちに使用しました。ロッドはプロトのFSNC-67MH MGSです。このロッドはいよいよ感染が近づいてきた感じがします。ライトテキサスに最適な一本です。リールはRevoElite8、ラインはバニッシュレボリューションの16LBです。こと撃つに関してはモコリークロー。まだ使ったことのない方は是非お試し下さい。よく釣れます。

他にもフットボールやメタルバイブ、前半は普通リーダーのダウンショットも使用しました。ウイードの少ない今の琵琶湖では、少し寒い時期は1.8~3.5gスモラバなどでもいいバスが釣れました。


| コメント (0)

琵琶湖ガイド最終日

琵琶湖ガイド最終日
琵琶湖ガイド最終日
琵琶湖ガイド最終日
昨日と一転した天気でピーカンベタなぎの1日でした。ここまで天気が180°変わると、そうそう甘くはありません。昨日までよかったところがまるでダメ。また、凪のため広くボートが散っているためにプレッシャーも高く、バイトが遠い時間もありました。
意外と穴場だったのが西岸のウィードエリア。アフターのメスがウィードに残っている感じのところで50アップ連発。なんとか琵琶湖ガイドの最終日を乗り越えた感じです。
今年はちょっと例年とは違っていて難しい一面もあった春の琵琶湖でした。
明日から遠賀川に向かう予定です。

| コメント (0)

2013年5月11日 (土)

1日雨

1日雨
1日雨
1日雨
午前中で止む予報だった雨が1日降り続きました。幸いどしゃ降りでもなく、ひどく寒い雨ではなかったし、風も吹かなかったので 1日楽しめました。
今日はカットテールのダウンショットがメイン。この釣りはベイトフィネスでやるのですが、とても集中力が続きます。
雨や風の日はこのダウンショット、晴れた日はジグヘッドとノーシンカーというリグローテーションです。ちょっとバラしちゃいますが、ダウンショットはこのリーダーの長さがキモです。とにかくメスが釣れるところをサクサク探していくのが理想ですね。

| コメント (0)

2013年5月10日 (金)

雨
雨
今日は天気予報では曇りのち雨。夕方までもってくれることを期待していましたが、昼前には雨がパラパラと降り始めました。その後、降ったりやんだりの天気でしたが、よく魚が釣れるのは雨と風が収まって空が明るくなったときだけでした。
いいタイミングにはゲストさんが50前後を4投連続キャッチということもありました。
暖かい雨ではなかったですが、夕方にはシャローに差してきたバスもけっこういたようでした。
琵琶湖ガイドも残すところあと二日です。実は早明浦戦から右膝がずっと笑ってるみたいな状態で毎日接骨院に通っています。痛くはないのですが不思議な感じです。あと二日、できれば荒れないで欲しいですね。

| コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

快晴

快晴
快晴
昨日、髪の毛を切りました。風が吹いたら帽子が脱げるほどのびていたので美容院にいきましたが、相変わらず髪を切られ始めると眠くなるので眠ってしまいました。起きたら少年のような髪型になっていて笑えました。

今日は午前中はピーカンベタなぎ。数は延びませんでしたがサイズがでました。ガイドさんがやらかしたのは62cm。これはパワーユーホリアのジグヘッドリグです。
午後は風が吹いてよくなるかと思いましたが、なぜか不調になってしまいました。

| コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

花粉症再発?

花粉症再発?
昨日の夕方くらいから花粉症の症状が再発しました。気温があがり何かの花粉か、昨日の強い北風で飛んできた黄砂的なものなのかわかりませんが、ちょっと辛いです。
今日のゲストさんは写真NGということなので、写真用バスを狙っていたらロクマルが来ました。ルアーはパワーユーホリアのジグヘッド1.8gです。

| コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

連休は明け

連休は明け
連休は明け
連休は明け
連休明けの今日は朝から北よりの強風が吹いていました。そのせいもあり船も数艇しか見えず、まさに連休は明けです。あまりの強風なため、沖は朝小一時間しかできず、その後も限られたエリアしか回れずでした。
そんな中、頑張ってくれたゲストさんに感謝。50アップも混じり、全員が無事にバスをキャッチできました。
今日は元々半日の予定だったのでお昼に無事帰着です。

| コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

こどもの日

こどもの日
こどもの日
こどもの日
今日はこどもの日。ファミリーフィッシング には最高のお天気でした。気温はあがり、風は穏やか、人は昼過ぎには少なくなり、あたりはずっとありました。狙ってるのは50×50Mくらいのピンスポット。今日はカットテール4インチのダウンショットとトリプルDシャッドのジグヘッドがメインでした。

| コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

今日の琵琶湖

今日の琵琶湖
ウィードの少ない今年の琵琶湖は、波の比較的穏やかな日はフィッシングプレッシャーを受けやすいように感じます。釣れるはずの場面で釣れないで、ふとした場所やタイミングでポロポロ釣れる、そんな感じになるときがあります。 そんなときはやはり人のいないところが一番。次に人のやらないレンジやロケーション。答えが出やすい時期なので冒険しながら探ってみてます。
今日はちょっとバイトの遠い時間や、雰囲気のない場所を回ってしまったときがありましたが、50頭までは狙えばそれなりに釣れる感じでした。

| コメント (0)

暖かくなりました

暖かくなりました
今日は午前中は風も弱く暖かくなりました。フィッシングプレッシャーが高いため人のいないところを探してまわり、今日はポツポツ。コンスタントに50アップが入るようになってきたので助かります。
今日はほとんどユーホリアのジグヘッドリグ。食わなくなったらカットテールでライトリグのローテーションはオッケーですね。

| コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

ゴールデンウィーク?

ゴールデンウィーク?
ゴールデンウィーク?
昨日以上に寒い一日でした。北西の風は強くたまに雨も降り、吐く息は白く、ゴールデンウィークというのに防寒にネックウォーマーを外せない状況です。午後は日差しもあり、少しは暖かくなりましたが、「初夏のような」天気はまだまだ先かもしれません。
釣果は昨日ほどではありませんでしたが、強風の中、ゲストさんが45アップ8本、50アップ3本です。

| コメント (0)

ボコボコ♪

ボコボコ♪
ボコボコ♪
今日から5月に。にもかかわらず朝から北風が強く吹く寒い一日でした。こんな天候が続き苦戦も飽きたので、もう作戦を変えて攻めようと、少し違った考え方をしてみたら、それがみごとに的中し、45アップがボコボコに釣れました。
もちろん厳しい時間帯もありましたが、終盤は50アップのラッシュに。数を忘れるほど忙しい船上となりました。ルアーはカットテールのダウンショットとパワーユーホリアのジグヘッドリグ。
ライトリグですがいいサイズしか釣れません。
釣れてくる魚のスポーニングに対するステージははっきり言って確定できず。プリ、ポスト、まだプリにも至ってない冬のようなコンディション、さまざまなものが混ざっているように思えました。なんとなく理由はわかりますが、確信に至る証拠がないためあえていいませんが、こんな答えにたどり着いた日はガイド冥利につきます。ゲストさんありがとうございました。そして明日はまた明日。頑張って追っかけてきます。

| コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »