« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

どうして?

どうして?
どうして?
どうして?
4月最後の日も寒い雨の一日でした。3月はあんなに暖かかったのに…。
今日は59.5を頭に40アップがゲストさん2名で20匹弱、数字だけなら景気もいいのですが、釣りたい場所から少し離れたところで食ってくるため、なかなか難しい感じましたです。
おまけに雨で午前中に携帯が壊れてしまいました。なりゆきでスマホに機種交換して非常にくるしんでいます。
しばらく色々とコミュニケーションができないかもしれません。このブログも無事に更新されることをいのります。

| コメント (0)

2013年4月28日 (日)

一気に初夏?

一気に初夏?
今日は急に気温があがり、状況がガラリと変わりました。朝の風が強いうちに連発したのもあり、数も伸びて2人で20匹くらい、5本のウエイトが8キロ超の釣果でした。

| コメント (0)

2013年4月27日 (土)

GW突入

GW突入
GW突入
湖も連休仕様に変わってきました。今日も厳しいことには変わりありませんが、なかなかの釣果でした。
ダブルヒットの2本はまだプリまでもたどり着いていない魚です。寒いからこんなところはどうだろ、という感じで冒険した場所から出てきました。
まんべんなく人が浮き、全ての地形変化がバレているようでも、琵琶湖はさすがに奥の深い湖です。まだまだ知らない何かがまだまだ見つかりそうです。

| コメント (0)

2013年4月26日 (金)

激荒れ

激荒れ
激荒れ
激荒れ
朝から南風が強く、やがて西に変わり、雨も降る荒れた天気でした。この状況下ではやれることも限られましたが、ぼちぼちな釣果です。しかし釣れる魚はオスばかり。メスはどこに?
今日はダウンショットが好調でした。まだギル等の小さい魚があまり多くないのでレッグワームで もいい魚が釣れます。亀山釣法です。

| コメント (0)

雨のあと

雨のあと
雨のあと
雨のあと
ガラリと変わるかと思いましたが、あまり変化なし。今年の琵琶湖は少し手強いです。いや年々ハードルが高くなってるからそう感じるだけかも知れませんが、もう少し暖かくなって欲しいですね。

| コメント (0)

2013年4月24日 (水)

雨の琵琶湖

雨の琵琶湖
雨の琵琶湖
雨の琵琶湖
今日の雨は冷たくあまりいい雨じゃなかったですね。さしてくるプリが増えるかと思っていましたが、雨の前と変わらずでした。
状況的にはサイズを狙えば数が出ず、数を追えばサイズが出ずです。この天気ではいいサイズはポストではなくプリメスになるので、リスクは高くなります。数、といってもボコボコではないですがこちらは若干アフター混じりのオスたち。サイズが出ずといえども40cm以下は釣れないので、半分以上の時間はそちら狙いがメインになっていました。これは自分の釣りでは巻いてとるはずなのですが、今日はライトリグ。ジグヘッドでルアーはゲーリー6インチワーム、トリプルDシャッド、パワーユーホリア、ジャゴビーといったところです。
でも一発ドカンを求めてさまよったり、動きながら釣りができるという点で今日のゲームは面白かったです。

| コメント (0)

2013年4月23日 (火)

琵琶湖ガイド再開

琵琶湖ガイド再開
琵琶湖ガイド再開
一週間ぶりに戻ってきましたが、スポーニングベッドが見られるようになった以外、ぜんぜん状況が変わってないような気がします。季節の進行がとまっているのか、あるいは今年の春はこんな感じがダラダラなのか、ちょっと疲れた頭の今日の自分にははっきりとした判断ができません。大潮に絡んだ明日の雨以降どうなるのか、今日は休んで明日からアタマをフル回転させて考えていきます。

| コメント (0)

2013年4月22日 (月)


今日は四国某所で取材でした。その関係でしまなみ街道を使い琵琶湖に帰ってきました。プリプラは明石海峡大橋、大鳴門橋で四国に、試合は瀬戸大橋、帰りはしまなみ街道と四国までの全てのルート制覇です。
明日から琵琶湖ガイド再開。暖かくなってきたので期待大です。

| コメント (0)

2013年4月21日 (日)

今回の敗因を一つあげるなら、天気予報を過大評価しすぎたことだろう…。
プリプラのときたくさん見えていたバスが消えていた直前プラ。その間の寒の戻りが与えた影響が大きいと思い、金曜日からかなり冷え込むという予報をもとに戦略を立てた。
メインにしてたエリアやポイントの要素は表彰台のTOP3と全く同じ本流筋の岩盤系。しかし冷え込みからくるタフを想定し、あえてやや小さなクリーク内の岩盤とそれに絡むインビジブル的なレイダウンを初日からメインに狙っていった。ルアーもフットボールジグに加え、超軽いスモラバであえてアジャストさせ、多少小さい魚も交じってしまうが、アベレージウエイトでのリミットメイクはボディーブローのように効いてきて必ず表彰台に立てると考えてしまった。
使い方は垂直に落としてステイ、シェイクして横に浮かして次のフォールでバイトというやり方。岩盤のミドルショルダー4〜5mにバスは浮いていた。
初日は水温が上がり、シャローにさしてくるバスの動きを捉え、途中で修正してカバー撃ちとクランクベイトを投入したがミスが相次ぎ出遅れた。
2日目はいよいよ冷え込みと冷たい雨がくると思い、苦しい時間にクリーク奥のマメキーパー取りに逃げてしまいウエイトアップが出来なかった。
3日間はまたもや連続のミスに泣いた。タラレバだがミスがなければもっと上位争いに食い込めた。
ミスは必ずある。そこで心を折らないのは当たり前だがリズムを崩さないであきらめないというテーマは保てた。それが唯一この試合の良かった点かも知れない。

早明浦ダムはタイトルを穫った2010年が11位、2012が7位といずれの年も五戦中一番悪い成績だった。ものすごく悪い成績になったことはないが、比較的苦手があるかも知れないフィールドだ。今回は17位。この順位は正直、落胆し絶望するほど悪くもないが悔しい。しかし反省はするが全ての選択に後悔はない。天候の変化に敏感な春のクリアウォーターリザーバー。今回はネガティブな要素ばかり考えてしまったが、変化を推測して先読みして行動をするのは戦いの基本だからだ。
AOY争いはまだまだ全然チャンスがある。今回獲得ポイントは43P。全5戦×60P=300P満点で270P点なんて超える選手は過去にそうそういない。超えられたら諦めもつく。だからまだまだチャンスはある。今年は競ってタイトルを穫る。
あと四戦、気合い入れ直して頑張ります。
タックルデータはまた後日。

| コメント (0)

2013年4月20日 (土)

第一戦2日目

今日もマメキーパーをライブウェルに残してウエイインとなってしまいました。なかなかグッドサイズに入れ替えが進みません。でも今日はノーミスだったのが救いです。
2日とも計算していたより少し順位が低く残念です。暫定の上位陣が年間争いの常連達だけにもう一踏ん張りしなくてはです。
色々ありますが反省は明日終わってからゆっくりしよう。とりあえず明日も頑張ります。必ず捲ります。応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

2013年4月19日 (金)

第一戦初日

今日はたくさん釣れました。しかしいいサイズに恵まれず、入れ替えを狙って作戦変更し4発入れ替え、ここまでは理想的な展開でしたが、最後にドデカいのをミスしてしまいました。
前のバスをキャッチしたとき、ランディングネットをバックシートに置いたままで、取りに行くスペースがボート周りになく、強引にハンドランディングにいってのミス。一生忘れませんねこのミスは。
19位と出遅れましたが、ミスがある中ここに留まれたことを感謝して明日も頑張ってます。絶対捲ります。明日、明後日も応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

2013年4月18日 (木)

第一戦直前プラ完了

第一戦直前プラ完了
護岸に大量のオタマジャクシがいました。エレキの水流で舞い上がってしまいましたが、小さいのがびっちり。あまりバスはこれを狙ってません。
なんどかストマックチェックでウシガエルのオタマジャクシが出てきたことはありますが、あまりバスはオタマジャクシを食べませんね。なぜでしょうか?昔からの疑問です。
でもオタマジャクシ型のワームはよく釣れた思い出があります。

さて明日からTOP50開幕。今年も精一杯がんばりますので、応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

2013年4月17日 (水)

第一戦直前プラ初日

第一戦直前プラ初日
第一戦直前プラ初日
湖上にでるまでなんのプランも湧かず、何をやろうか少々焦りました。ガラになく緊張しすぎてました。まだプラなのに(笑)。
今日は半日雨でした。週末も雨なのでいい練習になったはずです。午後は太陽がでで、冠水した柳の若葉がきれいだったので感動しました。明日もぼちぼち頑張ってきます。

| コメント (0)

2013年4月16日 (火)

トーナメントウィーク

トーナメントウィーク
今週末からいよいよTOP50が開幕する。試合前は毎回それなりに緊張するが、開幕戦の緊張感は特別なものがある。昨年はタイトルを奪回できたが、試合前はいいときのイメージなんてすぐ消えてしまい、悪いときのイメージばかりが頭をよぎる。しかしこの弱気な部分が今までの成績を支えてくれていると思っている。 完璧ではないが準備にはベストを尽くした。万全ではないが体調も整える努力をした。それでもトラブルやミスもあるだろう。
それに負けない気持ちだけはある。

| コメント (0)

2013年4月14日 (日)

気温回復

気温回復
気温回復
気温回復
今日は昨日までの寒さがなくなり、風も暖かく、とても釣りやすい一日でした。気候が回復したおかげで昨日も狙っていたフラットに魚が入り出し、ポツリポツリとですが釣果がでました。釣れればドカンとビッグママが入るプリスポーンのこの時期、今日はMAX55センチです。ブリブリに太った魚でした。
昨日からライトリグの食わせ方に一つのパターンを見つけました。それはプリスポーンのセオリーとも言えるズル引きです。シェイクすると見切ってしまう場合も多いようです。

| コメント (0)

2013年4月13日 (土)

緊急地震速報

ガイドに出発しようと準備をしていたら携帯がミュンミュン鳴り出しました。関西では初めて鳴ったんじゃないでしょうか?
大阪フィッシングショーで緊急地震速報を聞いたことないっていう話題を関西の方としたのを思い出しました。
今回はあっ鳴ってる、と気づいてから何もできませんでした。起きぬけは頭が働きません。
震源地、時間帯で阪神大震災を思い出し、胸を痛めた方も多かったと思います。今回はそれほど大きな被害にならず、場所によってはひとまず安心ですが、地震は油断ならないです。いざという時のために色々準備をしておいた方がいいですね。

| コメント (0)

2013年4月12日 (金)

琵琶湖初日

琵琶湖初日
琵琶湖初日
昨日から冷え込みが厳しくなり、今日も一日中寒く風が強い日でした。
琵琶湖初日は明日からのガイドに備え、湖全体を元JBワールドプロの大隅さんと回りました。
2004年にトーナメントを引退した大隅さんは、一人行動が基本の私が、トレイル中に食事などで行動を共にしていた数少ないプロです。毎年この琵琶湖初日を手伝って下さいます。
今日は風の中、Deep-X150やNewバイブレーションX、モコリークローのテキサスなどでポロポロ。寒くて少し辛かったですがサイズは50アップが2本でした。

| コメント (0)

2013年4月10日 (水)

関東遠征?

早明浦のプリプラ最終日からダッシュで関東に戻り、4日の釣行で27匹のバスに出会えました。
厳しいと思っていた冬はもう終わり、季節はすっかり春になっていました。
この春はかなりタイトなスケジュールです。明日には琵琶湖に戻ります。

| コメント (0)

2013年4月 5日 (金)

週末は天気に注意

早明浦のプリプラを昨日の午前中で完了し、昨夜のうちに移動、今日は朝から亀山ダムでロケでした。なかなかのハードスケジュールでしたが、今日はなかなか釣れたので疲れも吹っ飛びました。
ロケの内容はBasserから発売予定のダウンショット道場のDVDです。レッグワームの使い方、動画で伝授いたします。発売までぜひお楽しみにお待ち下さい。

さて、毎週末荒れている気がしますが、今週末も天気は大荒れの予報がでています。春の低気圧は時として爆発的な釣果を生むこともありますが、事故や災害に巻き込まれてしまっては、その釣果を誰にも自慢できませんし元も子もありません。今週末はさすがにアウトドアな遊びはお勧めできない予報です。
天気が保っているうちに釣りに行かれる方も、くれぐれも安全第一で早めの判断と、必ずライフジャケットを着用して下さい。同じアングラーとして心からのお願いです。

| コメント (0)

2013年4月 1日 (月)

STUDIOUS&T.G.S&FIFTYSTORMビッグフィッシュトーナメント結果

STUDIOUS&T.G.S&FIFTYSTORMビッグフィッシュトーナメント結果
STUDIOUS&T.G.S&FIFTYSTORMビッグフィッシュトーナメント結果
STUDIOUS&T.G.S&FIFTYSTORMビッグフィッシュトーナメント、トライして下さった皆様、ありがとうございました。おかげさまで期間中になんと50アップ5本がトキタボートで検量され、優勝は角田浩一さん。モコリークローで釣られた60cm、4120g。見事な魚で文句なしの優勝です。おめでとうございます。
しかし亀山ダム、すごいポテンシャルですね。
数の出ない時期だからとうやって楽しもうかと、このトーナメントを提案してみましたが、正直2月末から3月は案外難しいかもなぁと思っていました。釣果はかなりうれしい結果です。なにより狙って亀山に来て下さった方々がドキドキしてくれたなら私は最高に満足です。来年もぜひよろしくお願いします。
協賛いただいたピュアフィッシングジャパン様、、トキタボート様、羽生和人様、五十嵐誠プロありがとうございました。

| コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »