« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

2日連続

2日連続
あまりの美味しさに2日連続で鰹いただきました。塩でいただく塩たたき、今回初めて食べましたが病みつきになりそうなくらい美味しいです。トーナメントでいく各地はほんと美味しいものがあったり、いいところばかりで幸せです。

今日は早明浦ダムでチャプターが開催されているため私は休日。今朝はホテルのチェックアウトまで目が覚めないほど眠れました。
練習もあと4日しかできません。状況はもちろん変わるでしょうが、プリプラでは戦う気持ちと細かい動作や思考のチェックをしている段階です。美味しいものもいただいて、ゆっくり休めたので明日からまた集中して頑張ります。

| コメント (0)

2013年3月28日 (木)

早明浦三日目

早明浦三日目
早明浦三日目
だんだんトーナメントのイメージが掴めてきてテンションが上がってきました。今日は予報は悪かったのですが、晴れて昨日の雨で濡れたデッキもすっかり乾きました。
プリプラはあと実質6日。長いです。あといくつ文旦を食べるのか…

| コメント (0)

2013年3月27日 (水)

早明浦の雨

早明浦の雨
早明浦の雨
今日は一日中雨でした。荷物の多い春の遠征は雨が降ると車内の収集がつかず大変です。でも雨が苦手な自分は、こんな日こそ練習しなければならないんです。対策は雨具の重ね着。

| コメント (0)

2013年3月26日 (火)

プリプラ開始

横浜フィッシングショー、ご来場のみなさまありがとうございました。関係者の方々お疲れ様でした。いつになく休めない短いオフが終わりました。フィッシングショーが終わり、そっこうで早明浦ダムに移動し、本日からプリプラ開始です。
冬の間も釣りにでていましたが、まずは釣り感を戻していきます。
今日はさめうら荘に宿泊です。ではがんばります。

| コメント (0)

2013年3月23日 (土)

横浜フィッシングショー2日目

横浜フィッシングショー2日目
今日もたくさんのご来場ありがとうございました。明日もメガバスブースにてお待ちしております。
明日は11:45からトークショーを行います。ぜひお越しください。


フィッシングショーの最中に今日はすごいニュースが入ってきました。
一昨日58cmがでたSTUDIOUS&T.G.S&FIFTYSTORMビッグフィッシュトーナメント開催中のトキタボートですが、今日はなんと記録更新。60cmがでました。ルアーはやはりモコリークローです。4キロ超えのすごい魚です。この調子ならまだまだ上が出そうな勢いです。ワンテンJr.のパターンで数もでています。亀山いきたいな…

| コメント (0)

2013年3月22日 (金)

横浜フィッシングショー初日

横浜フィッシングショー初日
初日が終わりました。
明日は11時からJBブースで、お昼からメガバスブースでトークショーがあります。みなさまのお越しをお待ちしております。

| コメント (0)

2013年3月21日 (木)

STUDIOUS&T.G.S&FIFTYSTORMビッグフィッシュトーナメント

すごいことになってきました。今年は暖かい割りはあまりバスが上がってきてないのでラスト一週間くらいが勝負と思っていましたが、今日優勝候補の魚が出てきました。
58cmの3kgフィッシュ。ルアーはモコリークローだそうです。
なかなか超えるのは難しいサイズですが、こんなサイズがでるんですから狙う価値はありますね。いやまだまだデカいのもいるはず…

| コメント (0)

2013年3月20日 (水)

バニッシュ・レボリューション

名古屋バスフェスタから池原でのロケをして関東に戻ってきました。ロケはなかなかの苦戦。シーズンインを前にして戦略のミスや頭の固さがでてしまう釣りになってしまいました。悪い点も「なるほどな」と思ってみていただければと思います。その釣果以上にショックなのは猫のコモリが死んでしまったことです。ボートハウスに住み着いてる猫だったのですが…ご冥福をお祈りします。

さて昨年からテストを繰り返していたプロトのライン。そのラインのネーミングが今日明かされた。
その名も「バニッシュ・レボリューション」
以前にも紹介しましたが、特徴はバニッシュウルトラより更に強度がアップしています。クオリティが高さは使っていただければわかると思います。バニレボ、発売をお楽しみにお待ち下さい。

| コメント (0)

2013年3月15日 (金)

名古屋バスフェスタ

名古屋バスフェスタ
名古屋バスフェスタ
名古屋バスフェスタでしか手に入らない限定の品々があります。明日から開催。皆様のお越しをお待ちしております。

| コメント (0)

2013年3月13日 (水)

期待通りに

期待通りに
期待通りに
期待通りに
生暖かい南西の強風が朝から吹いていました。水温は9.6℃。ここ数日と同じように朝一は本湖周りのシャローをチェックしていきました。さっそくホテル下ワンドで40アップをワンテンでキャッチ、昨夜の予感通り昨日までとは明らかに違う展開です。
一昨日から小規模ワンドは奥へいくと必ずと言っていいほどバスが見える感じでした。今日もその見えバスを追いましたが、相変わらず口を使わず断念。風が強くボートポジションをキープできないこともありました。
続いて冬のディープエリアをスモラバで、本流筋のオーバーハング下をカットテールで狙うもやはり風でうまくいかず、笹川上流をチェックして午前は終わりました。

午後は雲が多くなりローライトになってきました。強風でしたがあえて風下のエリアを狙い再びワンテンJr.で攻めました。アクションは激しいジャーク。
上がってきたばかりのような柄の弱いバスがヒット、その後エリアを周りプチ入れ食いになりました。キャッチできたサイズは40ちょいまででしたがもう少しデカそうなのもバレてしまいました。お腹はプリプリです。久々の二桁釣果となりました。
ルアーはミノー、シャッド、トップ様々なものを試しましたが今日は明らかにワンテンJr.が良かったです。バスは下から湧いてくるようにアタックします。つまりバスのいるレンジのやや上でバスを浮かせるような激しい誘いを演出できるルアーがよかったと言うことです。レンジは2〜3mの1.5mです。
ワンテンJr.はオリジナルのワンテンよりキレのある鋭いアクションを演出し、ボリュームは小さめですが、引けをとらないリアクション効果があります。ベイトでもゆうに投げれますし、使いやすいミノーです。ミノーのジャークで亀山ダムでこんなに釣ったのはもう十年ぶりくらいです。
カラーはオレンジ強し!!そう、前にも紹介しましたが亀山はオレンジです。
ロッドは私はFSNC-65M-MGS。色々なルアーを試せたのもこのロッドのおかげです。ワンテンもワンテンJr.もノーストレスです。

少し残念なことに、今日釣った魚のほとんどカワウにやられたと思われる傷がありました。活性の低いバスがシャローにあがりにくくなっている理由にカワウの存在があるかもしれません。ヘラブナもシャローに少ないですし、カワウはシャローフラットにたくさんいます。

今日はその他にモコリークローのテキサスでカバーを攻めた方によい釣果があったようです。それから湖畔に日本語を話すカラスがいたらしいです。そのカラス見かけたら、いや、話しかけられたら教えて下さい。

| コメント (0)

名古屋バスフェスタ

今週末の名古屋バスフェスタ、今年初めて参加させていただきます。名古屋の皆さま、よろしくお願いします。
今回はZPIのブースでの参加です。昨年トーナメントで実際に使用したタックル等を展示いたしますので、ぜひZPIブースにお越しください。
また、ピュアフィッシングブースでは両日合わせて100名様に豪華賞品があたる抽選会を開催しております。ピュアフィッシングのHPより抽選券をプリントアウトして是非ご参加下さい。
会場で声をかけて下さった方には数に限りがありますが、STUDIOUSの缶バッチをプレゼントいたします。

| コメント (0)

2013年3月12日 (火)

亀山

亀山
3月に入り暖かい日が多くなってきました。そして今週は新月の大潮。今日の亀山は休日なみにボートが多かったです。流行りの言葉を使うなら「Xデー」狙いといったところでしょうか?グッドコンディションのバスが次々と釣れたり、思わぬビッグフィッシュが飛び出すタイミングとして、この大潮を狙わない手は確かにありません。
しかし季節の流れの中では今日がたまたま大潮だというだけです。冷静な判断をすれば、今日の午前中までなら、やっぽどのタイミングや場所を見つけない限り、トーナメントなら私はディープ攻略を選択します。なぜなら、ディープを1日やれば700gを3本とることができる自信があるからです。今日も少し手を出した11mラインで同クラスがヒットしました。
シャローはバスは多くなりつつありますが、キッカーになるようなサイズがあまりでていません。たまには見えますが、密度が低くまだまだ難しいです。それでも春の魚を追う楽しみもあり、トーナメントでなければ夢を見て七割以上の時間はシャローに費やしたいのも事実です。
私がデータだけですが、「シャローのみ」に絞れるのは水温が明らかに10℃越えた時点で天気が荒れた後。今日の午後は9.0℃だった表水温が11.2℃まで上昇、南風が強まってきました。現在8mまで水は循環が大きく9℃前後、9mから下がまだ6℃台。このレンジまで大きく水が循環してくれればディープの魚は上がっていくだけです。すなわち今日の午後からはそんな雰囲気がでてきたのです。明日は南西の強風。一気に湖は春になりそうですよ。

| コメント (0)

2013年3月10日 (日)

キャスティングトークイベント

今日はキャスティング日本橋店さんでトークイベントでした。亀山のロコアングラー羽生和人と題して「亀山ミーティング」という亀山ダム中心のお話でした。土日のみを中心に亀山ダムトキタボートでガイドを行うのが彼です。基本バスの動きを追ってバス釣りをしている私も、休日もハイプレッシャーなトーナメントも日頃から経験していますが、休日のみという視線からはバスを追っていません。平日から休日になり、ハイプレッシャーでこうなる、ああなるというのは当然流れで分かっていますが、サンデーアングラーはそこをスタート地点でバスを追わなければなりませんので、彼の話はとても参考になります。行き着いているところは同じでも、人が多く釣りをする場所が少ないことが前提な場合のプロセスがあるというわけです。
この2人形式のトークイベントはフィッシングショーでもそうでしたが、つい熱くなって話したくないところまで話してしまうという、聞いてくださっている側からすれば「おいしい話」が聞ける企画です。今回も話の流れでテクニックの肝までポロリと明かしてしまいました。何を話したかって?それはもう内緒です。ぜひしっかり聞いていたキャスティング日本橋店さんで店員さんから聞き出してください。FantasistaSTUDIOUSのNewアイテム3機種、レッグワームDSに最適なFSNS-60ULSⅡ MGS、オールマイティーな巻物ロッドFSNC-65M MGS、スーパーフィネスタッチFSNS-67SULS MGSやバニッシュのNewラインなんかのお話もたくさん紹介させていただきました。会場に来てくださった方皆様、これなかったけど応援メッセージを下さった皆様、本当にありがとうございました。キャスティングスタッフの皆様もありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

そしてキャスティングさんつながりでニュースがあります。3月12日にキャスティングふじみ野店2Fに国内初となるメガバス・ショップinショップがオープンいたします。数多くのメガバス製品を展示しておりますので、気になるアイテムをお手元でご覧いただけます。常時、専門スタッフが在中しており、製品のご説明などもご対応してくれます。私も機会があったらお伺いします。こちらもぜひよろしくお願いします。

| コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

試合の準備

試合の準備
前日エンジンをリニューアルしました。もちろん環境対策型のマーキュリーオプティマックス。
昨年の第一戦直前プラクティスでクランクシャフトが折れるというアクシデントがあり、中古のエンジンに載せ替えたばかりでしたが、壊れた方のエンジンの修理にめどが立たず、スペアを確保するための策でもあります。これで手元に稼働中のものも含めエンジンが3つ…ちなみにロアケースは5つ(笑)。壊れて慌てないように予備にと思っていましたが、持ちすぎですね。

そして今日はフラーさんでオーバーホールをお願いしていたエレキが出来上がって帰ってきました。試合用のエレキです。スペアエレキとオーバーホールで入れ替えています。スペアは振動子入り、試合用は振動子別のモーターガイド。段々試合の準備が整ってきましたよ。

| コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

T.G.S&STUDIOUS&FIFTYSTORMビッグフィッシュトーナメント

既に開催されております亀山ダムトキタボートでのビッグフィッシュトーナメント。トキタボートから出船のお客様で期間内の最大魚(50アップに限る)を釣られた方に豪華プレゼントをあげてしまうという企画です。この週末にようやく待望の一本目が上がりました。中流域のワンド内で、ルアーはダブルホグのテキサスリグだそうです。前日の春一番と暖かい雨で動いた魚が、翌日の晴天でカバーについたタイミングをまさに狙ってとったといった感じでしょうか?お見事な一本です。しかしまだまだ日程は残されていますので誰にもチャンスが残っています。

さてこのイベントに参加するにあたって、みなさまに改めてお願いがあります。

・湖上では必ずライフジャケットをきちんと着用してください
・ライブウェルは十分な大きさのものを使用し、必ず循環装置を付けてください。
・大型の個体ではキープするライブウェルは狭すぎます。いい魚が上がったらできるだけ早く帰着して検量をお願いします。
・その他、禁止エリアなど、湖のルールを必ず守ってください。
・警報などが発令された場合は速やかに釣りを中断し帰着して下さい。

いよいよ春の気配が増してきましたので、安全確保と資源保護の観点をいま一度お願いいたします。それでは残りの日程でもいい魚がでてくることを期待しています。

| コメント (0)

テスト中のライン

ラインは同じフロロカーボンでもクオリティーによって強度に違いがあり、各メーカーや種類によってクセが違います。一概にいいラインとは何か?と言われると、自分が使っていて切れなければそれでいいのですが、フロロカーボンならば他のラインと比べて、伸びが少なく、巻き癖がつきにくく、根ズレに強く、ノットに強度があればいいラインだと評価されます。

私たちトーナメンターから付け加えるなら商品ムラの少ないラインというのもいいラインの条件になります。年間に何度も何度も巻きかえるため、製品の製造日の違いなどによって同じ太さでありながらムラがあったのでは、信じて使い続けることができません。これは比べてということができませんが、製法、製造元の工場のクオリティーというところでしょう。

今までトーナメントではバニッシュウルトラというラインを使い続けてきました。このラインの癖はよく知っています。どれだけ引っ張ったら切れるかも、どんなスピードで沈むかも、どうなったら巻きかえどきかも、言葉にしにくいですが、はっきりとした感覚で覚えています。とてもいいラインです。値段も安く、もし自分がライン契約のないいちアングラーだとしたら、間違いなくこのラインを買い続けていることでしょう。事実これで何度も優勝し、タイトルも獲っています。

ラインは釣り道具の中で最も信用度がいります。魚とつながる最も細い部分だからです。かけた魚を何もミスがないのにラインブレイクでバラすようなことはあってはならないのです。そう、昨年末のエリート5の2日目。ディープクランクの戦略で私はかかったらネットを使わずに抜くと決めていました。理由はロッドが8ft.でネットが短いため、やりとりの方がミスが起こりうることと、今まで何度も50UPを抜いてきたラインセレクトで自信があったからです。それが待望のビッグフィッシュを抜こうとした瞬間、突然ロッドティップ付近から切れてしまった。ラインを掴もうと走ったが間に合わず、ゲームが終わったしまった。その理由も散々考え、後日ペットボトルをぶら下げたりして検証もしました。結局検証では一度も切れませんでした。そして行き着いた結論は溶岩にあたってラインが弱っていから切れたでした。これは不慮のアクシデントです。これによりバニッシュウルトラ10LBと自分との信頼関係が崩れることはありませんでした。そしてこのラインブレイクは予測可能であり、回避できたミスとも考えています。しかし溶岩のスレにもっと強いラインがあれば、あの魚はボートの中に入っていたはずです。私にとって、アングラーとしてミスをなくす方向と、強いラインをチョイスするという二つの進歩の可能性を知ることができた出来事でした。

もちろんどんなラインであってもあの時は切れていたかもしれません。しかしよりクオリティーの高いラインがあれば、他のケースでもさらに有利に戦えるのではないか、当然そういう考えが浮かんできました。そしてその答えがメーカーからようやく帰ってきつつあります。それが今テスト中のラインです。

ラインのテストは妥協を許しません。そりゃそうです。最低限の条件はすでV3をつなぎとめたバニッシュウルトラですし、そこを明らかに超えなければ新製品を作る必要はありません。何を何%アップしようが、高性能な材質を使おうが、ダメなものはダメなのです。何十回も何百回もノットを作り、手で切って、キャストをしたり、わざとストラクチャーを絡ませてみたり、フィールドで実際に起こりうるラインブレイクの実例に当てはめて、何度も強度を確認しました。このNEWラインなら次はあの魚をウエイインできると思います。

| コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

白馬

白馬
ゲストさんに誘われて五年前からこの時期に毎年木崎湖の近くの白馬にきています。目的はスノーボードとイタリアンとフライフィッシングの話。
スノーボードをはじめたのは2005年の冬。30歳になってからです。それまでスキーは毎年やっていたのですが、思うところあり、それまで出来なかった何かにチャレンジしたくなって、一人で裏磐梯で練習を始めました。
覚えたての数年はオフの間、十回以上通いました。そこそこ滑れるようになりましたが、ここ数年は三回か四回くらい、もっと上手くなりたいのですが、妥協してシーズンにむけた体力作り程度に考えています。
今日は平日でゲレンデはガラガラでした。関東で春一番が吹くような暖かい日だったので、午後からは白馬も雨。頂上付近はブリザードに雷と半日ちょっとで終了です。ゲレンデの雷は湖上同様にむちゃくちゃ恐怖を覚えました。明日は爆風になりそうなので撤収。自然相手の遊びでは自然に逆らってはいけませんからね。また来年。

| コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »