« 地震 | トップページ | 忘年会・祝勝会 »

2012年12月10日 (月)

熱血ウインターカップ

昨年まで村野杯として行われていたトーナメントですが、今年から熱血ウインターカップとして行われました。私はこの時期のトーナメントは大好きです。また、この時期に大会にでようか、という人達も大好きです。おかげで前夜祭から盛り上がりすぎてしまいました。

昨年は初出場で優勝だったのですが、今年は昨年より水位が2m程低く、まるで浦島太郎状態。バスのレンジを掴むのに時間がかかってしまい、苦戦の1日でした。結局キャッチできたのは1尾のみ。9位という結果でしたが、釣れて良かったです。
気温−7℃、水温6℃、 バスのコンディションより人間の方が過酷なコンディションに違いない中での釣りは集中力云々より、釣りを継続させる防寒対策にあると思います。まだ12月中はこんな中でも頑張れば魚にさわれるもんです。
釣ったのは昨年同様、インチホグのショートダウンショットでのシューティング+α。レンジは5mでした。
ナチュラルレイクはレンジよりも地形につく。そんな少し分かりづらいヒントを見つけました。機会があったらまた解説したいと思いますが、まだまだ検証が必要です。
さて熱血ウインターカップ、個人は9位だったのですが、稲葉組関東支部としてエントリーしたチーム戦は、2年連続のチーム優勝でした。

全部写真がなくてすいません。

« 地震 | トップページ | 忘年会・祝勝会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。