« クリスマスは釣りに限る | トップページ | ガイド日程 »

2012年12月26日 (水)

FSNS-60ULSⅡ-MGS Experience

FSNS-60ULSⅡ-MGS Experience
「V3の全てはこのロッドから始まった」といえるFantasist STUDIOUS FSS-60UL。私の絶対的な武器であるレッグワームのDSやその他数々のライトリグテクニックを確立させてくれた右腕のようなロッドです。
一般的とか売れるロッドという言葉を無視して、釣れる、勝てるロッドを目指したのがFantasistの原点。時代の流れに逆行したソリットティプにショートレングスのスピニングロッド、当時では最小のガイド径設定、トップガイドが2番ガイドより大きく設計されていたり、バットパワーがとても強かったり、よくよくみるととても変わっているスピニングロッドですが、使い易さという面でそれがシンプルに整っているように思っていました。いまでこそ、さらに細いものもありますが、バスロッドではそのころ最も細いリールシートを採用していました。
似たようなロッドも増えてきましたが、トーナメントにおけるスピニングロッドの完成形を早く手にすることができたのが先の2連覇に繋がったのは間違いありません。

発売から8年も経っていますが、今でもトーナメントシーンでは5割を越える魚をこのロッドで釣っています。
しかし、さすがに流通量も落ち着き、生産量も下がってきているので、スペアロッドやアクシデント時に私自身でも手配しにくく、新たに欲しくて探して下さる方には品薄状態でご迷惑をかけまくってるのが現状です。
そのことから過去に何度もリニューアルを提案されたのですが、このロッドを超えるものは作れない。と以前まで思っていました。

しかし昨今の技術の進歩は私の想像以上に早く、スペックアップの可能性が見えてきたため開発に取り組みました。大きなきっかけはNanoコンポジションとKRガイドの登場です。テスト段階で極端な軽量化が実現でき、フィーリングの同じものをさらに軽くすることで生まれた、副産物的な感度の良さと、バランスによる指先のような操作感に更なる未来を感じました。

FSS-60ULSを引き継ぐFSNS-60ULSⅡ-MGS。サブネームはExperience=経験。この8年間のそれが新たなロッドには詰まっています。

スペックはLength:6.0ft. Action:First Lure:1/48〜1/8oz Line:2〜5LBと変わらず。だが前回のモデルより20g近く軽量化されており、グリップもよりシンプルで感度の高いものにを採用しています。
こちらも来春発売予定になります。

« クリスマスは釣りに限る | トップページ | ガイド日程 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。