« コモリカップ2012 | トップページ | カエルパターン »

2012年12月 3日 (月)

F-1ケロケロトーナメント

F-1ケロケロトーナメント
中空フロッグ縛りのこのF-1ケロケロトーナメントに参加してきました。急激に冷え込んだ12月頭に開催されたわけですが、この表層の釣りでウエイインは4人もいました。いや今回は特別厳しく4人しか、という話かもしれません。なぜなら、亀山ダムは熱いフロッグレイクですから。

個人的にはとても楽しめました。このような縛りのあるトーナメントは実は嫌いではありません。なぜなら、普段の私の釣りにフロッグは登場しても全体の1%未満。年にそれほど使いませんし、今年も数匹しか釣っていません。腹をくくってやり切る前に、トーナメントでは次の一手を考えていかなければならないので、ダメでもやり通すことはないのです。あるいはより効率的な釣り方を探してしまうため、経験値が上がるほど投げたおしませんし、フロッグで釣りたい的な気持ちは持たないようにしています。
しかし1日投げ通して初めてわかることも多く、これは私のスキルアップに確実に繋がるからです。そして元より持っていた「自分のカエルパターンの考え方」がどの程度正解なのか知る機会でもあるからです。今回は実に大きくスキルアップできたと思います。

さて私の大会の様子ですが、コモリカップ&忘年会兼懇親会が前夜にあったため、朝はさすがに二日酔いでした。そのため、ちょっと遅れて出船したのがよかったのか、人の少なくなったおりきさわボート近くのカバー裏でケロボーイ改にいきなりバイトがありました。しかし伝わった重みはすぐ軽くなってしまいました。
結局1日やってバイトはそれのみ。行きたい場所、やりたい場所を全てできたわけじゃありませんが、チャンスはそんなに多くなかったですね。ただ出てくる場所なんかは表彰式を聞いていても予想通りに近かったです。捕れた穫れなかったは少ないチャンスをものにできる技術の差があるのだと思いました。それを埋めたいですね。

カエルパターンの考え方についてはまた近日中にでもレポートしたいと考えてています。

« コモリカップ2012 | トップページ | カエルパターン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。