« Special Thanks!! | トップページ | 河口湖 »

2012年10月30日 (火)

オールスターを振り返って

Ts3x02710001_3


Ts3x02650001_3


Hi3g070ss0


詳しくは来月のBasserに掲載されると思いますが、簡単に釣りを振り返ります。
8日間行ったプラクティスでは4インチヤマセンコーのジグヘッドリグをカバーにスキップでねじ込み、中層を泳がせる釣りや、サイクロンSRで沈みテトラを狙う釣りで中流域から上でキッカーがとれ、キーパーは中流域のテトラ帯でシャッディングX75の早巻き、下流域のクリーク等でとることができていました。写真はプラクティスのものです。1500gを超えるビッグサイズも混ざっていたため、それなりに厳しい大会になるとは予想できましたが、まだこの覚えたての釣りで押し通せると感じていました。
しかし試合が近づくにつれ、利根川は急激にタフコンディションになっていきました。試合前、全体像を分析して考えた作戦は、支流でレッグワームのダウンショットとシャッディングXで揃え、入れ替えで本流のキッカーを狙うことでした。ウエイト勝負のオールスターですが、そのウエイトを優勝ウエイトが低くなると読んだこの作戦はこの切り替えは吉と出ました。
しかし初日はリミットメイクに失敗。ミスもあり4位という結果でした。トップとのウエイト差も1600gと開いてしまいました。正直少し優勝は難しいかなと思いました。
2日目はたくさんのギャラリーに見守られのスタート、急に勇気が湧いてきました。不覚にもスタート直前には「いくぜ!!」と叫んでしまうほど興奮していました。その気合いのお蔭か、朝一にナイスサイズも入り、その後、レッグワームとシャッディングXでリミットメイクに成功。入れ替えを狙い、本流のテトラをモコリークローのテキサスリグで打ち、入れ替え成功。逆転優勝という結果になりました。

TOP50もすごい強敵揃いのメンバーですが、オールスターも負けず劣らずものすごいメンバーです。普段の大会ではお会いできない方ばかりで、手の内もわからず、見えないプレッシャーはものすごいものがあります。そして会場にきて下さる、またはインターネットや来月号のBasserを、釣りビジョンをご覧になるそのギャラリーの皆からのプレッシャーも半端ありません。こういったプレッシャーが大好きな私は、毎年こんな楽しい舞台はそうそうないというくらいドキドキしています。そこで優勝できたことは本当に幸せです。初出場の三年前は準優勝、二年目は気合いが空回りし惨敗。昨年は冷静さを取り戻し、勝ちにいけると思ってましたが、またも準優勝。帰ってから本気で泣きました。悔しかったです。このタイトルにはひょっとしたら縁がないのかもとさえ思いました。今回の優勝はこの悔しいさがあったのでまた格別です。プレスアングラーの福井さんは三年前の準優勝を一緒に味わってくれたお方。リベンジしましょうと言って下さり、それが実行できて良かったです。自分の事のように悔しがって、喜んでくれたのが頼もしく嬉しかったです。
プラクティスではドライブシャフトが折れてロアケース交換したり、タイミングベルトが損傷したり、本当にトラブルもたくさんありました。初日もミスが相次ぎ、時にはもうダメかなと思ったこともありましたが、徐々に調子があがっていき、終了間際の入れ替えで優勝がきまっり、最後まで諦めないことの大切さを、これほど知ることのできた試合もそうそうありませんでした。

そして、この欲しくて欲しくてしかたなかったタイトルを手に入れた私、小森嗣彦は決して独りで強くなってきたわけじゃないということを試合が終わり、改めて感じました。
私の右腕「ファンタジスタSTUDIOUS」やタックル、ライン「バニッシュウルトラ」をサポートしてくださるピュアフィッシング様。優勝決定のとき大泣きしてくれた大内さん、いつもありがとうございます。
私のマネーベイト「レッグワーム」「モコリークロー」「カットテールワーム」など最強のソフトベイトを使わせて下さるゲーリーヤマモト様。時には厳しく、時には優しく、いつも私を成長させて下さる河辺さんはいつも私の憧れであり、目標です。これからも頑張ります。
昨年から素晴らしいハードベイトをサポートして下さるメガバス様。契約のとき、井手さんの話をしてくれたのが本当に嬉しかったです。シャッディングXは今回大活躍でした。サイクロンSRは次回の大会で炸裂させます。
利根川、北利根、北浦とどこからでもアプローチできるルートフィッシング様はこの水系での試合では本当に頼もしいマリーナです。今度は艇庫いくつかもできるそうなので楽しみにしています。
ZPI様はリールのチューニング…いや私には心のチューニングもして下さります。いつも会場にきてくださる加藤社長、気合い充填ありがとうございます。「勝つやつは最後まで自分が勝つと決まっていると信じている」は名言です。
アンダーウェアのスキンズは私の体を戦い仕様に変えてくれます。
そしてサングラスのDNA様、池原ダムからいつも応援メッセージを下さるカーブの店、ホワイトリバー。おっちゃんまた楽しい酒を飲みましょう。
それからいつも応援メッセージを下さるファンの皆さま。一人一人お返事することができないときもあり、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、いつも感謝して読ませていただいています。お祝いのメールも沢山ありがとうございました。
それからいつも応援して下さる友人たち、プラクティスや整備を手伝ってくれる仲間たち。失礼なこともあるかも知れませんが、本当に心から感謝していますし大好きです。他にもたくさんの方々に本当に感謝です。
これだけたくさんのサポートに恵めれて戦えていることが、私が強くなれた要因です。本当にありがとうございました。
これからもご迷惑をお掛けするかもしれませんが、たくさんの応援よろしくお願いします。 

さて次は…
今年はあと2つ。
本気で言っていますよ。

« Special Thanks!! | トップページ | 河口湖 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。