« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月30日 (火)

オールスターを振り返って

Ts3x02710001_3


Ts3x02650001_3


Hi3g070ss0


詳しくは来月のBasserに掲載されると思いますが、簡単に釣りを振り返ります。
8日間行ったプラクティスでは4インチヤマセンコーのジグヘッドリグをカバーにスキップでねじ込み、中層を泳がせる釣りや、サイクロンSRで沈みテトラを狙う釣りで中流域から上でキッカーがとれ、キーパーは中流域のテトラ帯でシャッディングX75の早巻き、下流域のクリーク等でとることができていました。写真はプラクティスのものです。1500gを超えるビッグサイズも混ざっていたため、それなりに厳しい大会になるとは予想できましたが、まだこの覚えたての釣りで押し通せると感じていました。
しかし試合が近づくにつれ、利根川は急激にタフコンディションになっていきました。試合前、全体像を分析して考えた作戦は、支流でレッグワームのダウンショットとシャッディングXで揃え、入れ替えで本流のキッカーを狙うことでした。ウエイト勝負のオールスターですが、そのウエイトを優勝ウエイトが低くなると読んだこの作戦はこの切り替えは吉と出ました。
しかし初日はリミットメイクに失敗。ミスもあり4位という結果でした。トップとのウエイト差も1600gと開いてしまいました。正直少し優勝は難しいかなと思いました。
2日目はたくさんのギャラリーに見守られのスタート、急に勇気が湧いてきました。不覚にもスタート直前には「いくぜ!!」と叫んでしまうほど興奮していました。その気合いのお蔭か、朝一にナイスサイズも入り、その後、レッグワームとシャッディングXでリミットメイクに成功。入れ替えを狙い、本流のテトラをモコリークローのテキサスリグで打ち、入れ替え成功。逆転優勝という結果になりました。

TOP50もすごい強敵揃いのメンバーですが、オールスターも負けず劣らずものすごいメンバーです。普段の大会ではお会いできない方ばかりで、手の内もわからず、見えないプレッシャーはものすごいものがあります。そして会場にきて下さる、またはインターネットや来月号のBasserを、釣りビジョンをご覧になるそのギャラリーの皆からのプレッシャーも半端ありません。こういったプレッシャーが大好きな私は、毎年こんな楽しい舞台はそうそうないというくらいドキドキしています。そこで優勝できたことは本当に幸せです。初出場の三年前は準優勝、二年目は気合いが空回りし惨敗。昨年は冷静さを取り戻し、勝ちにいけると思ってましたが、またも準優勝。帰ってから本気で泣きました。悔しかったです。このタイトルにはひょっとしたら縁がないのかもとさえ思いました。今回の優勝はこの悔しいさがあったのでまた格別です。プレスアングラーの福井さんは三年前の準優勝を一緒に味わってくれたお方。リベンジしましょうと言って下さり、それが実行できて良かったです。自分の事のように悔しがって、喜んでくれたのが頼もしく嬉しかったです。
プラクティスではドライブシャフトが折れてロアケース交換したり、タイミングベルトが損傷したり、本当にトラブルもたくさんありました。初日もミスが相次ぎ、時にはもうダメかなと思ったこともありましたが、徐々に調子があがっていき、終了間際の入れ替えで優勝がきまっり、最後まで諦めないことの大切さを、これほど知ることのできた試合もそうそうありませんでした。

そして、この欲しくて欲しくてしかたなかったタイトルを手に入れた私、小森嗣彦は決して独りで強くなってきたわけじゃないということを試合が終わり、改めて感じました。
私の右腕「ファンタジスタSTUDIOUS」やタックル、ライン「バニッシュウルトラ」をサポートしてくださるピュアフィッシング様。優勝決定のとき大泣きしてくれた大内さん、いつもありがとうございます。
私のマネーベイト「レッグワーム」「モコリークロー」「カットテールワーム」など最強のソフトベイトを使わせて下さるゲーリーヤマモト様。時には厳しく、時には優しく、いつも私を成長させて下さる河辺さんはいつも私の憧れであり、目標です。これからも頑張ります。
昨年から素晴らしいハードベイトをサポートして下さるメガバス様。契約のとき、井手さんの話をしてくれたのが本当に嬉しかったです。シャッディングXは今回大活躍でした。サイクロンSRは次回の大会で炸裂させます。
利根川、北利根、北浦とどこからでもアプローチできるルートフィッシング様はこの水系での試合では本当に頼もしいマリーナです。今度は艇庫いくつかもできるそうなので楽しみにしています。
ZPI様はリールのチューニング…いや私には心のチューニングもして下さります。いつも会場にきてくださる加藤社長、気合い充填ありがとうございます。「勝つやつは最後まで自分が勝つと決まっていると信じている」は名言です。
アンダーウェアのスキンズは私の体を戦い仕様に変えてくれます。
そしてサングラスのDNA様、池原ダムからいつも応援メッセージを下さるカーブの店、ホワイトリバー。おっちゃんまた楽しい酒を飲みましょう。
それからいつも応援メッセージを下さるファンの皆さま。一人一人お返事することができないときもあり、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、いつも感謝して読ませていただいています。お祝いのメールも沢山ありがとうございました。
それからいつも応援して下さる友人たち、プラクティスや整備を手伝ってくれる仲間たち。失礼なこともあるかも知れませんが、本当に心から感謝していますし大好きです。他にもたくさんの方々に本当に感謝です。
これだけたくさんのサポートに恵めれて戦えていることが、私が強くなれた要因です。本当にありがとうございました。
これからもご迷惑をお掛けするかもしれませんが、たくさんの応援よろしくお願いします。 

さて次は…
今年はあと2つ。
本気で言っていますよ。

| コメント (0)

2012年10月28日 (日)

Special Thanks!!

Special Thanks!!
応援本当にありがとうございました。心の底から欲しかったタイトルです。今夜は喜びを噛み締めています。うれし涙がとまらないや。

| コメント (0)

2012年10月27日 (土)

オールスター初日

ラッキーもあればアンラッキーもある、今日は全てがアンラッキーな一日でした。明日捲ります。応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

2012年10月26日 (金)

明日からオールスタークラッシック。

明日からオールスタークラッシック。
4度目の出場となりますBasserオールスタークラッシック。今年も舞台は利根川。去年の借りを返せるかわかりませんが、やることはやりました。頑張ってきますので、応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

2012年10月22日 (月)

いよいよ

いよいよ
今週末はBasserオールスタークラッシック。川の上は賑やかになってきましたよ。練習はあと5日。ラストスパートです。
今週はGive Me Heavenの初回放送、TOP50最終戦の初回放送もあります。釣りビジョンもぜひお楽しみに。そして会場でお会いしましょう。

| コメント (0)

2012年10月21日 (日)

ドライブシャフト…

ドライブシャフト…
ピニオンギアの前で折れていました。クランクシャフトにドライブシャフト…折れちゃいけないものが年に二回も折れるとは…。しかも何かに当たったりしたわけではありません。
修理は完了。明日からプラクティス再開です。

| コメント (0)

2012年10月19日 (金)



台風一過で利根川から富士山がくっきり見える朝でした。風が強かったですが、きつい濁りはまだなく、プラを順調にこなしていましたが、夕方、プレーニングしようとしたらギアが突然滑って壊れてしまいました。何にもぶつかってないのに…。まあ壊れるときは壊れます。機械ですから。何度も思いますが試合中じゃなくてよかった。
おかげで夕方は漂流し、 どうなるかと思いましたが何とかエレキで退避できました。今日はその後も考えてられないようなトラブルが相次ぎましたが、トラブルは笑顔で切り抜けるのが一番。笑ってたら何とかなりましたわ(笑)。

ホント今年はトラブルが続きました。第1戦ではクランクシャフトが折れてエンジン載せ替え、第2戦ではロアケーストラブルで毎日オイル交換、第3戦では桧原湖にて車のパワステ故障で自力交換、最終戦は冷却水が出なくなり、先日はタイミングベルトが滑り、今日はギアが滑り…。
でも備えあれば憂いなし。今回は琵琶湖にある自分のスペアロアを送ってもらったので、たぶん来週には利根川に復活できそうです。ロアは余分に持っとくのが大正解。因みに前のマーキュリーオプティマックス175用ロア、ペラもまだうちに残ってます。欲しい方、格安?でお分けいたします。

| コメント (0)

2012年10月16日 (火)

ロッド開発のウラ話?

2009-2010年、TOP50を連覇したときFSS-62LSというロッドをV2モデルとしてリリースしました。このロッドは基本的にはFSS-60ULSと同じスペックなのですが、バット部分が2インチほど長く、ほんの少しパワーを感じるロッドです。しかしほんの少し重量も増しています。
開発のきっかけは旧吉野川戦。その前年の2008年の旧吉野川で川バス特有のファイトにネットイン直前でのミスが相次ぎました。ロッドアクションを変えずに、ほんのわずかなパワーをのせたロッドが欲しいと開発にお願いして、プリプラ中に突貫で作ってもらったものでした。
パワーを増したことによる副産物で、少し重たいシンカーも使えるようになりました。FSS-60ULSでは1/8ozのダウンショットがいっぱいですが、FSS-62LSでは3/16ozのダウンショットもこなせます。2009年の旧吉野川戦ではまさにこの3/16ozダウンショットで4位、2010年も3位とこのロッドなくしては語れない好成績を残すことができました。
当初、発売予定はなかったのですが、FSS-60ULSにほんの少しパワーをのっけたいと感じる少数派の方も他にいるかも知れないと思い、限定本数での販売になりました。V2を達成した記念に作ったわけではなく、発売までにはこんな経緯があったのです。

トーナメント中にはこのように、ほんの僅かな違いを求めたくなる時や、全く世になく、全く売れそうにもないけど、こんなのあったら今もっと釣れるのに、と感じることがしばしばあります。ルアーならそう難しくなく改造できますが、ロッドはそれを形にするのには結構大変です。しかし「そのちょっと感じたこと」は、私が年200日以上釣りをして、15年間トーナメントを戦ってきている中で感じたことであり、確信に近いものでもあると思っています。それを拾っていかなければいいものなんて生み出せるわけがありません。

今年も桧原湖のプリプラ中、スプーキーに泳ぎ回るポストスポーンのバスが、横方向のアクションにしか反応せず、しかもショートバイト、ショートタッチで苦戦していました。魚は間違いなく優勝に絡めるサイズばかり。残念ながら季節は進行してしまうため、試合ではメインになりませんでしたが、これを獲るロッドを開発しました。コードネームはSULS「スーパーウルトラライトソリット」。長さもその時は適当でとにかく試合に間に合うように急ぎました。かなりの仕上がりでもう少し季節の進行が遅れたら、このロッドはウイニングロッドになっていたかもしれないというものです。これでなければ釣れない魚は確実に存在していました。

こういったロッドは常に使うロッドではありません。また、コンセプトをはっきりとさせてからサンプルを作り、開発に時間をかけた通常のラインナップとは違います。コスメ(飾り付け)も雑破ではっきいって見てくれよりも機能のみです。イメージ通りにハマるかどうかも工場から上がってくるまでわかりません。従って今までも結構作りましたが、全く使えなかったものもあれば、そこから時間をかけて開発テストを繰り返し、通常のラインナップに取り込まれたもの(ベイトライトリグのFSC-65LS、フットボール専用のFSC60MH、パワーロッドFSC-80H+MGS、エキストラファーストテーパーのFSS-60XULS-MGS)もあります。いや、ファンタジスタSTUDIOUSはそういった後者のものがほとんどかもしれません。しかしどれだけクオリティーが高くできても、あまりにも特殊過ぎると、販売までこぎつける数々の壁でオクラ入りになってしまうことがあります。そうして私は使っているが発売していないロッドもまだ多数存在しているのです。STUDIOUSの世界は私の経験、感覚、感性。より多くのバスを釣りたいからという思いで開発をしています。それを知ってもらうためにはこういったロッドもぜひ手にとってもらいたいと思っています。機会は少ないですがSULSもぜひ手にとって「ああなるほどね」と感じてもらいたいロッドです。

| コメント (0)

2012年10月15日 (月)

タイミングベルト

タイミングベルト
タイミングベルト
エンジンから滑るような異音がしたので点検したところ、タイミングベルトがかなり劣化していました。周辺部品に違和感はないのでベルト交換で直ると思います。
こまめにこまめにチェックをしていても不慮のトラブルはあるものです。私のblogをずっと読んでくれている方はトラブル多いなぁと思うかも知れませんが、それだけ稼働時間が長いのと、大きな故障になる前に小さな違和感をトラブルとしているからです。エンジン一つに色々なものがかかっていますから、最も最悪な事態を避けるのがベストな選択です。
今日で利根川四日目。明日はお休みします。荷物とりにいったり気分転換ですね。

| コメント (0)

2012年10月13日 (土)

シマシマ…

シマシマ…
シマシマ…
秋の空ですね。昨年ほどではありませんが、空がシマシマ状態。
利根川、水位が高い…こりゃ苦手な状態です。今日は湖上で色々な方に出会いました。川なので遭遇率は高いですね。

| コメント (0)

2012年10月12日 (金)

利根川

TOP50が終わってから全く疲れがとれず、全身が痛い怠い感じでしたが、いつまでも休んでいられないので、昨日から無理やり利根川入りしてBasserオールスタークラッシックのプリプラクティスに突入しました。
ポストシーズンのBIG3(Basserオールスター、JBエリート5、JBクラッシック)は日程が近く、スケジュール調整や宿泊先、タックルやルアーの準備など同時に考えてしまわなくてはならないので、頭の中がぐちゃぐちゃになります。これが私のポストシーズンが苦手な原因です。練習期間と準備期間…もしくは体が3つ4つ欲しいと感じます。オールスターは9日近くプラ日程がとれるのですが、エリート5は無理して4日間、クラッシックは5日間、そんだけとれば十分だろ?と思うかも知れませんが、優勝しか狙ってない大会、しかも追い上げの効かない2日間の戦いはやってもやっても日数が欲しくなるもんです。
疲れた身体とは裏腹に、トーナメントのためにやらなきゃいけないことが次々と浮かんでくる、つくづく自分は体の芯までトーナメンターなんだと思います。

まずは利根川が終わるまで他の湖は忘れよう、そんな感じで出船した今日の利根川は途中、地震がきてびっくりしました。シャローを流していたらボートの下からゴンゴンゴンゴンと音がしてきました。エンジンが座礁するような音です。??と思い辺りをみると川底から泡があちこちでボコボコ。ショアから鳥の大群が飛び立ち、杭が振動していました。大した地震ではなかったですが、あの異音は初めてで少し焦りました。

| コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

最終戦最終日

この試合の最重要課題はポイントランキングを守りきることでした。しかしただ二十位を目指す簡単な戦い方はトーナメントには存在しませんし、今回の北浦水系というフィールドは、歯車が狂えば0もありうる厳しいところ。誰よりも釣る気持ちがなければ、何もかも失いかねない、そんな試合だと思っていました。
初日は増水しているがアシまで魚が届いていないことに早く気づけ、少ないバイトをノンミスで7位。

2日目は初日の結果から安心してしまったのか、午前中はミスばかり。タイトル争い最悪のシナリオも頭によぎりました。 そこからの2本は年間何千匹もバスを手にする私でさえ、手の震えが止まらず、思わず涙がでるほど一生忘れない魚になりました。
3日は霞ヶ浦まで行きたかったのですが、北西風で断念。昨日のリベンジを果たせ表彰台まで復活することができました。
この試合のメインは神宮橋より下流域のエリアで、攻め方はハードボトムフラットをスピナーベイト(ジンクスミニ10g)、杭をレッグワームのダウンショット(今回は196と231。カラーローテーションはかなり重要です。)、テトラやドッグ周りをパワーホグ(パンプキンシード)のネコリグでした。
ロッドはスピナーベイトがFSNC-65M-MGS、それ以外はベFSNC-69LSBF-MGS。パワーホグのネコリグは昨年同時期に霞ヶ浦で収録したGive Me Heavenの番組内でも使用しましたが、この時期の秘密兵器です。しかし軽くてベイトでのキャストがしにくく、直前まで違うリグを選択していました。直前でレボLTXのZPIベイトフィネスキットスペシャルをお借りすることができ、ベイトフィネスで使うことができました。これがこの試合の大きな武器でした。ショートディスタンスでかける秋の北浦水系のバスはよく引くため、ミスが多く、ベイトでやるほうが 安心できます。使いたいリグが全てベイトでできるようにったのです。ラインはバニッシュウルトラ5LBでしたが、2日目に鉄杭に巻かれて切られたので(プラクティスでは一度も切られなかったのですが、魚がデカすぎみたいです。)、最終日は8LBにチェンジしました。
3日間の戦いを終え、総合4位。勝てる試合だったのかもしれませんが、この結果には満足です。そして二年ぶり3度目のA.O.Y.が確定しました。
昨年の不調の間に学んだことが、今年しっかり結果につながりました。前人未到の領域に足を踏み込めたことを誇りに思えると同時に、今まで応援して下さった皆様と、戦う環境やタックルをサポートして下さる、ピュアフィッシングジャパン様、ゲーリーインターナショナル様、メガバス様、スキンズ様、ZPI様、ルートフィッシング様、DNA様、ホワイトリバー様に感謝いたします。

今回は釣りビジョンさんが同船。試合展開や釣り、トーナメントの興奮シーン、ぜひ番組をお楽しみに下さい。
本当にたくさんの応援ありがとうございました。
残りBasserオールスター、エリート5、JBクラッシックと今年はまだまだ目標が残っていますので、もう一踏ん張りして頑張ります。

| コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

最終戦2日目

本日も応援ありがとうございました。ミスだらけで厳しい試合展開でしたが諦めず最後まで頑張りました。優勝も狙える内容だっただけに悔しいですが、今回は大切なものを守る試合。まずはホッとしています。今回は釣りビジョンさんが同船でしたので放送をお楽しみに下さい。
さあ最終戦最終日。今日落とした順位を取り返しますよ。

| コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

最終戦初日

7位からのスタート。好位置です。あと2日、頑張ります。明日も応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

2012年10月 4日 (木)

プラクティス中止

プラクティス中止
プラクティス中止
雨や風で折れるような心じゃありませんが、今日は大雨と強風警報が発令されていたので出船を自粛、準備の1日となりました。大事な最終戦直前プラクティスが1日できないのは痛いですが、おかげで昼からの日差しでタックルを乾かしたり、リールのチューンを合わせたり色々とできました。明日は出たとこ勝負です。結果はなるようになる。気合いいれてやってきます。

| コメント (0)

2012年10月 3日 (水)

直前プラ初日

気合い入れすぎてだいぶテンパってましたが激荒れの霞ヶ浦一周で目が覚めました。
台風の影響で北浦は風裏がないほどの荒れ具合。霞ヶ浦も風下は三回も波に突き刺さり、エレキのパワードームが壊れました。明日、明後日もこんな天気だとか…かなりつらいですね。

| コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

最終戦に向けて

今週はトーナメントウィーク。明日からTOP50の最終戦直前プラクティスです。優勝争い、年間争い、その中にいる緊張感、ドキドキ感、これほど楽しいことはありません。なにを書こうか適切な文章が浮かばないほど、試合に向けて興奮しています。まずは落ち着かないとですね…。いや、それとも今回は試合でこの興奮を解き放ってみようかしら…クレーバーからクレイジーに。なんて(^_^;)

現時点ではベストを尽くしました。明日からどんなことが待ち受けているかわかりませんが、それに立ち向かう準備はしてきたはずです。あとほんのちょっとのラッキーと皆さんの応援があれば、結果はついてくるはずです。シリーズ中もたくさんの声援をいただきましたが、最終戦最終日まで応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

2012年10月 1日 (月)

FSNC-65M-MGS

ライトリグなイメージとよく言われますが、確かに私はライトリガーです。しかし神戸の野池でバスを覚えた私は、実は昔はライトリグがむちゃくちゃ苦手だったのです。大学の友人にスピニングが上手いやつがいて、スピニングタックルでなければとれないバスがいるということを知りました。トーナメントに参戦するようになってからはその重要さを知り、必死で練習しているうちにコツをつかみました。
その私の今の基本的なフィッシングスタイルは巻物2、カバー3、ライトリグ5ですが、土師ダムで優勝したときはフットボール、北浦の一回目の優勝はR.C1.5クランクがメインでした。
ライトリガーだからこそ、ライトリグではとれない魚がいることをよく知っています。だからハードベイトも知ってなくてはいけないし、練習しなくちゃいけないのです。私のプリプラクティス期間が長いのはそんなこともやっているからです。
そんな話はさておき、私が最も欲しい巻物ロッドをリリースすることになりました。といっても発売は来春くらいになりますが、FSNC-65M-MGSというロッドです。このロッドの特徴はナノコンポジションによる軽さ、感度のよさ、パワー、トータル的なバランス感、マイクロガイドによるルアー操作感とキャストの制度の高さ、など色々ありますが、何よりも幅広いルアーに対応した汎用性でしょう。メガバスルアーならDeep-X300からナックル60、Baby X-Ploseくらいまでストレスなく使えます。トーナメントシーンで必要な巻物ロッドには、この汎用性は重要だと思っています。なぜなら、先に述べたように私のスタイルでは元々は巻物は2割しかないため、そのためにたくさんロッドは積めないからです。巻物試合なら別ですが、ダウンショットやキャロのようにリグる必要がなくルアーの付け替えが簡単なハードルアーは汎用性のあるロッドが便利なのです。
ファンタジスタには今までなかった用途の広い巻物ロッドFSNC-65M-MGS。これから少しずつその全貌をあちこちで紹介していきます。

| コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »