« 亀山 | トップページ | 最終戦に向けて »

2012年10月 1日 (月)

FSNC-65M-MGS

ライトリグなイメージとよく言われますが、確かに私はライトリガーです。しかし神戸の野池でバスを覚えた私は、実は昔はライトリグがむちゃくちゃ苦手だったのです。大学の友人にスピニングが上手いやつがいて、スピニングタックルでなければとれないバスがいるということを知りました。トーナメントに参戦するようになってからはその重要さを知り、必死で練習しているうちにコツをつかみました。
その私の今の基本的なフィッシングスタイルは巻物2、カバー3、ライトリグ5ですが、土師ダムで優勝したときはフットボール、北浦の一回目の優勝はR.C1.5クランクがメインでした。
ライトリガーだからこそ、ライトリグではとれない魚がいることをよく知っています。だからハードベイトも知ってなくてはいけないし、練習しなくちゃいけないのです。私のプリプラクティス期間が長いのはそんなこともやっているからです。
そんな話はさておき、私が最も欲しい巻物ロッドをリリースすることになりました。といっても発売は来春くらいになりますが、FSNC-65M-MGSというロッドです。このロッドの特徴はナノコンポジションによる軽さ、感度のよさ、パワー、トータル的なバランス感、マイクロガイドによるルアー操作感とキャストの制度の高さ、など色々ありますが、何よりも幅広いルアーに対応した汎用性でしょう。メガバスルアーならDeep-X300からナックル60、Baby X-Ploseくらいまでストレスなく使えます。トーナメントシーンで必要な巻物ロッドには、この汎用性は重要だと思っています。なぜなら、先に述べたように私のスタイルでは元々は巻物は2割しかないため、そのためにたくさんロッドは積めないからです。巻物試合なら別ですが、ダウンショットやキャロのようにリグる必要がなくルアーの付け替えが簡単なハードルアーは汎用性のあるロッドが便利なのです。
ファンタジスタには今までなかった用途の広い巻物ロッドFSNC-65M-MGS。これから少しずつその全貌をあちこちで紹介していきます。

« 亀山 | トップページ | 最終戦に向けて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。