« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

亀山

今週は亀山ウィークでした。、まず火曜日、水曜日がGive Me Hevean!!の撮影でした。大減水を狙っていったのですが、二日前の雨で一気に3m弱水位が戻ってしまい、水温も低下と少し渋い状態でした。それでもそこはなんとかシャローのバスとミドルレンジに落ち始めたバスをきっちり攻略しました。ルアーはホローベリー、レッグワーム、バイブレーション。今回は河辺プロと共演。内容は番組をお楽しみにください。10/23初回放送予定です。

週末はハードベイト縛りで再び亀山でした。水曜の雰囲気ならなんとかと思っていたのですが、季節が夏に戻ってしまったような暑さにピーカンベタ凪、おまけに満月の大潮。迂闊とはこのことです。朝はBaby X-PLOSEですぐいいバスをキャッチできたのですが、大混雑の湖上はプレッシャーもかなり高かったと思います。日が上がるにつれバスからのレスポンスはなくなりました。朝一はワカサギが浮いていたためバスが出たのですが、日中は浅いところにいるベイトはオイカワのみになっていました。そのオイカワは冠水植物に絡んでいて、たまにそれをスクールのナイスバスが狙っていますが、それはとても狙える状態ではありませんでした。運良くフィーディングが起こればとれるやも程度です。厳しい時の大場所を頼りにエリアをまわり、その後、反応があったのは折木沢筋上流のみでした。ここはオイカワの群れがフラットに散っているためバスに食われやすい状態でした。FX-0の表層トゥイッチにチェイスがあり、ルアーの浮き上がりを見てバスが見切っていたのでX-80+1にスイッチしました。そこから何度もチェイスがあり、医院下入口の岬では50UPも出てきました。しかし全て食い損ね…ほんの少し天気が味方してくれたら…という結果でした。魚探の反応から察するにバスは急な増水で大場所に集まり、ターンの影響で深いところは6mくらいまで、浅いところはオイカワを狙ってスクールしているという状況だと思います。深いところはベイトなどが絡んでいないため、かなりスローでサイズは選べないといったところでしょう。この台風でまた増水し、状況は変わると思いますが今はそんな感じです。リザーバーはほんと生き物のように変わっていくから面白いですね。それから私は亀山に通いだした頃はミノーしか投げないということもあるくらいミノーのトゥイッチが好きでした。ある頃からトゥイッチは反応が悪くなり、ミノーはただ巻き、トゥイッチはノーシンカーのみになっていましたが、X-80+1の魚の湧いてき方は亀山に通いだした20年前を思い出しました。コンディションがもうちょっといい時なら数もとれそうです。Baby X-PLOSEはかなり完成されたプロップベイト。この先はライトキャロでの中層引きとかも期待できそうです。ぜひ試してみて下さい。

Dsc_0335


Ts3x0242

| コメント (0)

2012年9月26日 (水)

台風

昨日、今日とGive Me Heavenのロケで亀山にいっていました。今回は今までの番組内容の少し変わり、河辺プロと共演。亀山は大減水から増水したばかりのコンディションでなかなか手強い感じでしたが…内容は10月の放送をお楽しみに。亀山はやはりホローベリー強しという感じです。
さて、あまりの雨の降らなさと残暑の厳しさに、もうこないと思っていた台風がまとめて2つ接近中です。あとから発生した18号の方が先に東の海上へ消えそうですが、さきに発生していた17号がどうやら来週頭に関東に接近しそうです。

| コメント (0)

2012年9月23日 (日)

京都

京都
今日は京都。

| コメント (0)

2012年9月20日 (木)

プリプラ完了

長い長いプリプラの日程が完了しました。成果は?わかりません。一度頭を白紙にします。
今日は「俺モテキか?」と思うほど、オフリミット期間中のお誘いの電話がかかってきました。デートのお誘いではなく撮影とか打ち合わせのですけどね…。よってオフリミットも予定がいっぱい。頭を切り替えるににはちょうどいい忙しさです。

| コメント (0)

2012年9月19日 (水)

プラ13日目

プラ13日目
長かったプリプラも明日まで。毎度のこと、やればやるほど不安が積もる、疑問が増える、やりたいことが増えていく、それはつまりいいプラができてるってことかも知れません。
今日は日中に雷雨がありました。雷は霞ヶ浦の南から霞ヶ浦を横断していきました。雨雲レーダーを見ていたおかげで濡れずにラストタイムまでプラができました。試合中は緊急時以外に通信機器を使うことは認められていませんので、雨雲レーダーを魚探画像に反映できないものかと思います。気圧計は結構役にたっています。積乱雲が近づくと明らかに気圧が下がり、逆に積乱雲が見えていても気圧があがるときは、その雲は近づいてきません。

| コメント (0)

2012年9月18日 (火)

暑さ寒さも彼岸まで?

暑さ寒さも彼岸まで?
暑さ寒さも彼岸まで?
暑さ寒さも彼岸まで?
今週くらいから少しは秋めいてくるのか?昨日までは気配はなく、林では季節のツクツクボウシに混じってミンミンゼミがこのところ完全復活していました。夏は好きなので残暑が続くのはいいのですが、およそ夏らしいことをしてい今年の暑さはたまりません。
しかし今日は二度、大雨タイムがあり、夕方の雨からすっかり涼しくなった気がします。こうやって季節が進行していくことを願います。写真は豪雨がやってきた瞬間と雨の止み間に見えた虹。虹は二重でした。

| コメント (0)

2012年9月17日 (月)

早上がり

早上がり
せっかく桧原湖からダッシュで帰ってきて今朝からプラクティスを頑張ってましたが、今日は激荒れ。やりたかったエリアを風の中、強引にみたせいで、その後やれることがなくなってしまいました。かなり早上がりして緩んだガンネルやパワーポールのリードバルブを閉めたりのメンテナンスに時間を当てています。しかし今日みたいな天気だったら何もかもボロボロになってしまいますよ…。

| コメント (0)

2012年9月15日 (土)

【コモリカップ日程変更のお知らせ】

コモリカップの日程がJBのクラッシックと重なっているため、webで告知してある日程が変わります。変更日は今のところ12月の第一週土曜日を予定しておりますが、エリート5の詳細が不明のため、最終決定までしばらくお待ちください。ご迷惑をおかけいたしますが皆様のご参加お待ちしております。

| コメント (0)

2012年9月14日 (金)

地鳴り&地震

地鳴り&地震
昨夜は寝ていたら激しい地鳴りで目が覚めました。ゴーという音のあとに激しくグラグラ。音がヤバかったのでもっとスゴいかと思いましたが、震度は4。被害がでるほどではありませんでした。しかし震源がほぼ直下ということもありグルグル回るような怖い揺れ方でした。マグニチュードは5.1。これがもうちょい大きかったら、震源がもうちょい浅かったらと思うとゾッとします。地鳴りは先日と同じ方向からでした。
プラクティス9日目が完了。明日は朝だけやって、明後日までプラクティスを一時中断してJB桧原湖の運営に向かいます。広いこの水系は、バスボートで空を飛んでいる気分になります。プラクティスは月曜日からあと4日できる。あと一踏ん張り。少しでも多くの材料を集めなければ。

| コメント (0)

2012年9月12日 (水)

プリプラぶっ通し7日目。なんか手足がかぶれてきたり、朝がつらくなってきたり、そろそろ本気で疲れてきました。そして今信じてやっていることがあってるのか間違ってるのか分からなくなってきました。でもまだこうやってブログに書いてられるほど余裕があるのかもしれません。もう二段階くらい自分を追い込んで状況を楽しみたい気分です。
さて今日一番のニュースはタイガース金本選手の引退でした。
プロのスポーツ選手が引退するときは3つのパターンがあると聞いたことがあります。一つは心が折れたとき、もう一つは怪我で続けられなくなったとき、そしてもう一つは結果が残せなくなったとき。先のふたつは悔しさは残るが仕方がないと思えますが、一番難しく苦しいのが最後の場合だそうです。まだやれると信じれば信じるほど。そして自分でその日を決めなくてはいけません。
釣りのプロトーナメントにはそんな3つの法則あるかどうか分かりませんが、私もいつか引退を考える日がくるのでしょうか?野球のようにメジャーでシビアな世界とは違いますが、できれば最後までもがき苦しんでまだまだできると思いながらその日が来ることを願っています。なぜなら、好きで選んだ道ですから。

| コメント (0)

2012年9月11日 (火)

霞ヶ浦の危険

霞ヶ浦の危険
霞ヶ浦の危険
最終戦プラ6日目。今日は霞ヶ浦。天気予報の降水確率は当てにならず今日も気持ちのいい快晴…いや写真ほどすがすがしい天気ではなく蒸し暑い1日でした。
広大な霞ヶ浦、エンジンが当たるようなシャローや風が吹いたときの三角波も危険ですが、それらはある程度の予測で回避可能です。一番怖いのはこの隠れ鉄杭。今は少し減水中なので、所々に顔を出しています。結構沖目にもあるので、絶対にヒットしたくありませんね。もちろんボラアタックも要注意。今日は3匹入ってきました。走行中は絶対に余所見厳禁です。

| コメント (0)

2012年9月10日 (月)

気圧

気圧
気圧がどうのこうのでバスがどうとかよく聞く話なので、実際どんな感じなのか7月からコクピットに気圧計を取り付けている。ちなみに昨日までは1020〜1025ヘクトパスカルだった気圧が、今日は徐々に下がり始め1010に。とくに状況変化はわからず、と気圧とバスの関係は今のところ他の日も含めて分かっていない。ただ低気圧→バスは浮くという人は多いが、気圧が急激に下がるとライブウェルに入れたバスはたいてい底でじっとしている…どうなんでしょうね。

| コメント (0)

2012年9月 9日 (日)

漂流

漂流
こんな状態でした。お手上げ、万歳ケロボーイ。 さっそくこれを投げに上流の葦へ向かう途中、快調に走っていたら突然イヤな警告音。昨年の桧原湖を思い出すような気分でした。私はいつもプレーニング中にウォタープレッシャーや検水をこまめにチェックしていますが、突然、冷却水が検水からでなくなっていました。目詰まり、サーモスサット、インペラ…理由はすぐさま考える単純なものですが、止まった位置が悪く、ちょい荒れぎみの北浦大橋付近。後部で作業するのも危険なため仕方なくエレキでマリーナへ戻りました。ざっと一時間半。パワーポールがあるため、最悪漂流して沈は避けられると思っていたのでこの判断は正解だと思いますが、ビッグレイクは止まると急に不安になりますね。結局検水穴などの詰まりが原因で、上がってすぐに直りましたが、試合中じゃなくてよかった、エレキの範疇でよかったという感じです。試合前にもう一度、メンテナンスをしておかなきゃだと思います。

| コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

ボラ巨大化…

ボラ巨大化…
プリプラ2日目、今日はこのプラ初のボラアタックを受けてしまいました。写真を撮る暇もないほど船内で暴れまわり、糞やウロコ、血をまき散らしていきました。とても臭く最悪です。しかもなぜか飛んでるボラが今年はやたらとデカいです。明らかに巨大化しています。ゆうに4キロクラスばかりです。笑い事じゃないのは、場合によってはロッドを折られたりしますし、こんなのがバスボート走行中に頭や胸部にヒットしたら…と考えると恐ろしくなってきました。走ってるときよそ見は絶対できませんね。 みなさんも気をつけてください。

| コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

プリプラ開始

プリプラ開始
年初に予定を決めるとき、最終戦だけは2週間のプリプラ日程をとっていました。もちろんそこまでタイトル争いをしているつもりだったからです。予定通りで今日から本格的にプリプラ開始です。少し長いですが、エリアも広いし、プリプラなんかは入れ込みすぎてるくらいでちょうどいいんです。
しかし今日は雷雨の接近で少し早上がりです。霞水系のようなビッグレイクは航行に時間がかかるため、安全を考えて動く場合、早すぎるなんてことはありません。湖上に竜巻が発生した例もあるので、徹底した危険回避をお勧めします。雷も霞ヶ浦は周囲が低いので湖上に落ちます。誰が一番強いのかを証明する前に死ぬわけにいきませんからね。

| コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

TOP50第4戦を振り返って

TOP50第4戦を振り返って
TOP50第4戦を振り返って
TOP50第4戦を振り返って
夏の旧吉野川戦は過去ここまで4、3、8位と3戦中お立ち台2回、不調だった昨年ですらシングル入賞で相性は良かったのですが、相性の良さや得意なフィールド的な感覚は根拠のない希望的観測でしかなく、ハイルベルなアングラーが集まり、少しのリズムの違いで成績がぶっ飛んでしまう昨今のトーナメントでは絶対的な自信などまったく持つこともできないのです。ましてや年間のポイント争いを意識して戦う中では通常の試合とは違う格別のプレッシャーがかかる終盤の2試合。本音を言うとかつて2度のチャンピオンを獲得したときも既にこの第4戦にはいっぱいにまで緊張していました。それを身を持って知っているだけ今年の私は余裕があるかもしれません。
さて、そうして迎えた今回の試合。体調も万全に臨んだはずなのですが、直プラ初日に首が痛くなり、その日の夕方には振り向くことさえできなくなってしまいました。夜寝ていても寝返りをうつたびに電気が走るように激痛が走り、初日の前夜などはほとんど寝れない状態でした。そんな不安が釣りの不安を消してくれたのかも知れません。幸いに前夜のストレッチや針の処置がよかったのか、首痛は試合中にみるみる解消していきました。
ウィードの少ない今年の旧吉野川。バスのコンディションも例年ほどではなく、スローに広く散っている気がしました。そこで私が立てた作戦はランガン。ランガンは確実な食わせがあってこそ成り立つ戦略です。自信のあるルアーがあるからこそ、1日の試合時間の中、バイトのない時間帯やミスがあっても5匹揃うことを信じて色々なポイントを打ち続けられました。ちょっとしたウィードやハードボトムにはFSS-62LSでレッグワーム2.7gダウンショットを、少し奥まったところにはFSNC-69LSBF-MGSで同じく2.7gダウンショットを7LBで、更に奥まった水門やカバーにはプロトのFSNC-67MH-MGSでパワーホグ(マッディテナガという新色)2.7gテキサスを、テトラの穴の中にプロトのFSNC-65MH+-MGSでモコリークローの5gテキサスリグをというチョイスでした。テトラでラインブレイクしたアンラッキーもありましたが、最終日は魚が差してきて連発するラッキーもありました。苦しい試合展開でしたが積み重ねたウエイトが5位という成績になりました。優勝ではないですが結果にはひとまず満足です。しかし自分の釣果以上
に、あの厳しい状況下で、総合的にあれだけの釣果が出ていることを思えば本当に恐ろしいメンバーで戦っているなと改めて思いました。最終戦も全く気を抜くことが許されないということですが、年間争いは首位をキープでようやくゴールが見えてきそうなところまできました。今年は全部穫る。あとは自分との戦いです。
最後になりましたが、今回もたくさんの応援ありがとうございました。最終戦もよろしくお願いします。

| コメント (0)

TOP50第4戦5位フィニッシュ!!

ひとまず報告まで。みなさん応援ありがとうございました。試合詳細はまたのちほど。

| コメント (0)

2012年9月 1日 (土)

第4戦2日目

第4戦2日目
無事に予選通過です(笑)
シャローにハードマテリアルの多い旧吉野川では 毎試合のようにエレキのペラがこんなことになってしまいます。スペアのペラはまだたくさんあるので大丈夫です。
さあ明日最終日、気合いを入れてがんばります。更なる応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »