« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

1月最終日

1月最終日
1月最終日
氷点下7℃の亀山最低気温更新の今朝は、路面凍結の恐れがあったため時間を遅らせてスタートしました。天気がよく気温はすぐ3℃くらいまで上がりましたが、北風が冷たく午前中は激寒でした。
この冬は濁りからはじまり、強烈な冷え込みが相次いだためバスは早い段階から10m
以深に落ちてしまいました。私が狙っていたのは11〜13m、日や場所によってバスがサスペンドしていることがあり、風向きやターンオーバーの状況でできるだけボトムコンタクトしているエリアをメインに選んでいました。
さすがに厳しくなっては来ましたが、逆にサイズはよくなってきており、まだまだ釣れると思います。

サスペンドしているやつをとれたら最強なんですけどね…

さて、私は今週末はフィッシングショーのため大阪へ向かいます。亀山出船はまた二週間後以降になります。

| コメント (0)

2011年1月30日 (日)

日曜日

日曜日
日曜日
日曜日
今日はトーナメントが開催されており、湖は大混雑でした。日中は北風が強い時間もあり、かなり寒く感じました。そんな中でもなかなかいい魚が連発。ここ数日ととくにプランは変えていませんが、今日はストラクチャー周りで反応がよかったです。ここ数週間は週末が好調なのが有難いです。
夕方は雪が舞い、明日は過去最も寒くなる予報が出ています。

| コメント (0)

2011年1月29日 (土)

釣りガール

釣りガール
釣りガール
女性に優しい冬の亀山ダムです。今日は気圧が下がり全体的にはアタリが多かったみたいです。

| コメント (0)

52.5

52.5
トキタボートの松本恵太氏が釣ってきました。彼は昨年も50アップを5本釣っています。いいサイズが浅いところでも釣れるようになってきました。まだまだ春にはほど遠いですが、たまにはチェックが必要ですね。

| コメント (0)

2011年1月28日 (金)

やや減水

やや減水
今朝も寒い朝でした。亀山ダムは水曜日から数センチ減水。ただでさえ浮き気味のコンディションなので低水温期のディープの釣りには減水は堪えます。
サイズも欲しいですがいよいよなんでもいいから一本づつという季節が来たかもしれません。もう少し減水が進めばシャローか巻ものに絞れます。

| コメント (0)

2011年1月26日 (水)

路面凍結注意

路面凍結注意
今週に入ってから夜に雨や雪が降る日が続いています。今朝も久留里の辺りには路面に積雪がありました。気温は氷点下なので凍結している場合もありますので、亀山に来られる方は気をつけてお越しください。
天候のせいか月曜日も今日も釣れる魚がサイズアップしています。数は5本前後と伸びなくなってきましたがアベレージで700g、いいのはキロ近いのが混じります。安定した釣果をあげるコツはバイトの取り方です。今狙ってるレンジでは思った以上にパワフルでストロークのあるフッキングをしなければかかりません。ですから当然シュープリームのようなハイギアのリールが有効だと思います。

| コメント (0)

2011年1月25日 (火)

記念品

記念品
このシーンは昨年の最終戦2日目、リミットメイクした瞬間です。こんなに大きな記念品を並木プロが贈ってくださいました。職人さんによる手描きです。ありがとうございます。今年も頑張ります。

| コメント (0)

2011年1月24日 (月)


昨夜は雷を伴った激しい雨が短時間ですが降りました。朝は冷え込んだので路面や桟橋の凍結を心配していましたが、それほどでもなかったようです。しかしこの雨がバスに与えた影響は多少あったようで、人の少ない月曜日の割には苦戦しました。少しバスが浮いたかレンジが上がったような気がしました。厳しくてもこういうときはアベレージサイズがいいですよ。

| コメント (0)

2011年1月23日 (日)




今日は薄曇りで陽射しが弱く昼頃まで寒い1日でした。日曜日ということでトーナメントも開催されており、なかなか厳しいかなと思って出船しました。こういうときはいいところで粘るに限ります。冬ですからね。
4ヶ所をメインにして計6匹、サイズはなかなか伸び悩みましたが800gまで混じり5匹で2500gという釣果です。

| コメント (0)

2011年1月22日 (土)

二桁釣果

二桁釣果
二桁釣果
二桁釣果
二日間空きましたが今日は亀山ダム出船。朝は氷点下でしたが日中はポカポカして暖かさを感じる1日でした。さすがに週はじめの冷え込みからは回復してきたようで、今日は行く先々でバイトがあり、久々の二桁釣果になりました。サイズもまずまずの感じです。土曜日の割りに人が少なかったのも幸いしました。ルアーはレッグワームのダウンショット、カットテールのテールカットジグヘッドです。

| コメント (0)

2011年1月19日 (水)

穏やかな1日

穏やかな1日
穏やかな1日
今朝はマイナス3℃、雲がまばらにあり冷え込みは少しマシでした。そのせいか少し活性は上がったようです。日中も風がなくポカポカな1日でした。
今日の釣果で先週と比べて何が変わったのかはっきりしました。バスの動きに大きな変化を与えたのは、やはり氷点下7℃までの冷え込み。それにともなう強烈なターンオーバーです。その影響でシャローを除く8〜10のボトムベタで口を使っていた魚は沖でサスペンドしています。レンジと誘い方を変えていくことがキモでした。

| コメント (0)

2011年1月18日 (火)

今日も…

今日も…
今日も…
マイナス5℃の冷え込みからスタート。車もバリバリに凍りついています。釣れないわけではありませんがかなり厳しくなってきました。
魚探の画像から察するに、バスは浮いています。この冷え込みでそういう動きになったのだろうと思います。

| コメント (0)

2011年1月17日 (月)

激冷え

激冷え
今朝トキタボートの前にある温度計はマイナス7℃を指していました。いくらなんでも冷えすぎですが、今日は日差しがあったぶん、かなり暖かく感じました。
冷え込んだわりに、朝もやもかからず、シャローに雰囲気を感じましたが、こちらは反応なし。結局少し苦戦しました。
徐々に厳しい日も多くなってきました。例年ならこの月末からガラリと気配がかわるのですが、今年はどうなるのか…

| コメント (0)

2011年1月16日 (日)

テスト

テスト

| コメント (0)

2011年1月14日 (金)

ベイトフィネス?

ベイトフィネス?
流行りの言葉はあまり使いたくないのですが、すっかり定着してきましたので、あえて小森流のベイトフィネス考を紹介します。あくまでも個人的な考え方ですので違うよーと思ってもらっても大丈夫です。

今でこそ私は基本スピニングみたいになっていますが、初めて釣ったバス以降は7年以上ベイトオンリーでなんでもやっていました。もちろんそれは中、高校生の頃ですが、一本のベイトで7グラムのテキサスリグやディープクランク、トップウォーターからトーナメントワームのノーシンカー、シャッドラップ5センチあたりまでやっていたのです。今思うとある意味すごいです。
スピニングの重要性を感じたのは二十歳の頃にリザーバーのストラクチャー周りで同行した友人がジグヘッドのフリーフォールで入れ食ってるのを目の当たりにしたときでした。それを見てラインテンションをかけない釣りにはスピニングが必要だと実感しました。
なんせ不器用なもんですから、初めはキャストも上手くいかず、スキッピングもプロになるまで出来なかったほどです。亀山ダムの冬のダウンショットも初めの二年はベイトでしか釣ってませんでした。しかしそこから練習と工夫を繰り返したのが今の財産になっています。

スピニングでやるにはやや重たいようなライトリグはFCS-65LSというスペシャルなロッドがあります。このロッドはスピニングを覚える前の私が今いるとするば「軽いルアーが何でもできる軟かめのロッド」。このロッドはフルーガーXTの未公開ZPIチューニングリール(このリールについてはまたいつか詳しく説明します)をセッティングしてバニッシュウルトラ7ポンドでシンカーウエイト2.7gのレッグワームダウンショットが普通に使えます。実際亀山ダムの立木周りで多用して釣果に繋がっています。しかしこれでは実際はベイトライトリグ。北浦戦では2〜3gのテキサスリグを駆使して釣りましたが、コレもリールの性能を生かしたスーパーライトテキサスリグ。単にラインを太くしたいからベイトだというのも、軽いリグをカバーで使うのも苦労してものにしたスピニングに未練がある私は、あえてライトウエイトの釣りでベイトタックルを使うくらいなら明確な使い分けや差別化や必要性を求めてしまうのです。
出た結論はベイトフィネスは軽いルアーを扱うだけでも、スピニングでやる釣りをベイトでやるだけでもなく、スピニングでも難しく繊細な、或いはスピニングでできないような(場所やコンディションやテクニック的に)繊細な釣りをやるために必要なものです。これが私のベイトフィネスの考え。そのためには新しいタックルは必要です。実は昨年半ばからプロトを試してきました。FCS-65LSをマイクロガイド仕様にしたものやそれをベースにしたプロトも試しましたが、ベイトフィネスとしては全て却下。グリップもトリガーレスもトリガーありも試したが私にはしっくりこないのでこれまた全て却下。今のところ自分では一番しっくりきているディーズの67を越えるような、おぉ!!と思えるものを只今開発中です。新しいテクニックを産み出せるようなロッドを目指しています。またプロトが上がったら開発段階をお見せします。

| コメント (0)

2011年1月13日 (木)

55

55
55
亀山に出船中のゆるぎやさんから吉報が届きました。レッグワームのダウンショットで55cm。今日は木曜日で他のボート屋さんの定休日。センターからの出船だったので写真はあまりよくないですが、この時期にしては見事な魚です。本湖周りのディープから出たようですが、レンジはアベレージがでるようなところから少しズレているみたいです。

| コメント (0)

2011年1月12日 (水)

FSS-62LS

FSS-62LS
FSS-62LS
FSS-62LS
STUDIOUS FSS-62LS。当初は苦手だった旧吉野川対策に開発したトーナメントロッドです。以来旧吉野川戦は4位、3位と好成績を残しています。FSS-60ULSを僅かながらパワーアップさせたブランクスは他のフィールドでも度々アドバンテージをもたらしてくれました。
V2モデルのみの限定販売です。生産数がかなり限られるためFSS-62LSは幻のナンバーになるかもしれません。

| コメント (0)

2011年1月11日 (火)

ナイスフィッシュ連発

ナイスフィッシュ連発
ナイスフィッシュ連発
ナイスフィッシュ連発
昨夜の午後9時の時点でマイナス2℃、今朝はマイナス4℃まで冷え込みました。日中は風は吹かなかったですが、日差しが少なく寒い1日でした。朝は冷え込みの割りに靄がたたず、湖はターンオーバーしている感じでした。水面が泡立つターンオーバーをマイナスに捉える方は多いと思いますが、私は常にそうは思いません。今日もこの時期にしては数もよく釣れました。いいサイズも連発し昨日の優勝ウエイトも越えました。ルアーは昨日同様、レッグワームのダウンショットとガルプアライブミノーのジグヘッドの二本立て。湖はだいぶ濁りがとれてきましたが、レッグワームは今日のようなローライトや昨日のような風の中ではやはりシルエットのはっきりしたブラック。今年は確実な当たりカラーですね。

| コメント (0)

2011年1月10日 (月)

T.G.S.新春トーナメント

T.G.S.新春トーナメント
今朝まで意識朦朧、頭痛、熱による腰痛、腹痛で死んでましたが、ローカルとはいえ今年最初のトーナメント、そして初釣り、気持ちを入れて戦ってきました。あまりの寒さに悪寒が止ます、何度かギブアップしそうになりましたが、こういう状態のときほど体は素直に日頃覚えた通りに反応してくれるもんです。レッグワームのダウンショットとガルプアライブミノーのジグヘッドでキーパー9本、サイズもいいので揃い、幸先のいい優勝でした。今年も明けました。おめでとうございます。

| コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

ダウン

昨夜亀山に到着し今日は朝から出船予定だったのですが、夜中に急に体調不良になってしまい、今日は1日寝ていました。熱で腰痛もひどく、内臓は何も受け付けてくれません。久々にダウンです。明日は釣りがしたいので今日はこのまま寝てしまいます。

| コメント (0)

2011年1月 8日 (土)

帰宅→亀山

神戸から帰って来ました。さっそく明日から亀山です。明後日は羽生くん主催のT.G.S.新春トーナメント。皆様のご参加お待ちしております。

| コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

産まれました

産まれました
産まれました
妹夫婦の子供です。自分はまだまだ未定です。

| コメント (0)

2011年1月 5日 (水)

使用済みシンカー類

使用済みシンカー類
昨年一年間トーナメントやプラクティス、ガイドで使用し、リグのまま放置していたシンカーをまとめて汚れやサビを落としました。ワームやフックもプラクティス用として可能な限り再利用しています。タングステンがこれだけ都市鉱山に埋まっていました。

| コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

帰宅

帰宅
北海道より帰宅しました。あちこち筋肉痛にアザだらけです。北海道で運動不足を一気に解消です。

| コメント (0)

2011年1月 1日 (土)

元旦

明けましておめでとうございます。

| コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »