« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

2足追加

2足追加
青はトーナメントシャツに合わせて、茶色は遊びようかな… このモデルは安かったので2足追加しました。GRAVISは本当に履きやすく最高です。中でも私はLOWDOWN HCが一番ですね。

| コメント (0)

雪…

雪…
なこり雪なんて生易しいもんじゃない寒さと雪です。池原を出たあとも亀山インター辺りは一時的に吹雪でした。写真は足柄P。分かりづらいが山は真っ白です。花粉症と桜と雪と氷点下…2月に夏日があったり全く季節が分からないですね。
スーパーコンピューターという私の何億倍も頭がいいコンピューターを使った地球シュミレーターというものがあるそうです。それによると昨今の大型ハリケーンや北極の氷面積の減少など、ある程度わかっていたそうです。地球温暖化論は支持派と反対派と懐疑派が研究者の中にもあるようですが、実際のところ、最近の気候が穏やかでないのは事実ですね。桜が白っぽくなったのと併せて本当はどうなのか知りたいところです。それと地球シュミレーター並みのコンピューターで先のトーナメントを解析してみたいものです。
そんなこと考えながら足柄Pで休憩中。しばらくしたら琵琶湖、そして四国にはまだあと二回。

| コメント (0)

2010年3月29日 (月)

カーブの店

カーブの店
カーブの店
カーブの店
池原ダムに帰ってきました。昨夜は雪が降ったようで山の上は白くなっていましたが、ダムの方は今年も一段と白味を増した気がしますが桜が見事です。

試合でお借りしたボート、カーブの店号の魚探装備を外しました。HDS8二台のネットワークやストラクチャースキャンユニット、ヘディングセンサーなどでこれだけたくさんの配線を試合前に取り付けていました。お借りしたステーサー400という船は、井手さんの愛艇と同タイプの船で、サイドのバランスもよく引き波が立ちにくい上にスピードも出る最高のアルミボートでした。最新最高の装備とセッティングで試合に臨ませてもらえたことが、今回いいスタートができた最大の要因です。ありがとうございました。
ところで、池原と七色の間にあるカーブの店がこの度、ヤマサキショップに生まれ変わります。とはいえカーブの店の味は生かしたままの新装開店。商品量も増えて営業時間も長くなり益々便利になります。オープンは31日だそうです。

| コメント (0)

2010年3月28日 (日)

開幕戦決勝

開幕戦決勝
開幕戦決勝
私が狙っていたポイントは春先どのリザーバーでも通用するパターン的なエリアでした。それは上陸から入る冷たい水と湖の水が混ざり合う沢筋のスポット。ここには上流部へ行き来する比較的口を使いやすいバスが溜まります。プラクティスから見つけた釣り方でそのエリアを狙いました。インレット最上流よりは爆発力はないかもしれませんが、直前プラクティスで降った冷たい雨もプラスになるし、なによりプレッシャーを受けやすい春のリザーバーでは絶大な安定感こそが上位入賞のキーワードには違いありません。
しかし今日は上流からの流れが弱くなり、水温の変化するエリアが変わってしまいました。さらに上流部がよくなったことに気付くのが遅く、残念ながら成績をあげることができませんでした。
でもまぁ初戦としては上出来ですね。連覇目指すにはこの上なくいいスタートです。そして今年も前人未到の全戦お立ち台を目指します。
今回もたくさんの応援メールありがとうございました。
さて池原経由で関東にかえります。ここからが本当の長旅です。

| コメント (0)

2010年3月27日 (土)

開幕戦二日目

何とか順位を上げることができました。まだてっぺんも見えています。明日ものんびり…いや集中して頑張ってきますので応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

2010年3月26日 (金)

開幕戦初日

案の定、厳しい湖へと様変わりしました。明日以降ももっと厳しくなるような気がします。それでもなんとか順位を上げて表彰台に食らいついていきたいです。このままでは去年の自分に負けてしまいますから。
しかし全てを占う開幕戦初日の第一投は二年連続キロフィッシュという幸先いいスタートができました。まぁ結果はなるようになるってことですね。
明日も頑張ります。応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

2010年3月25日 (木)

直前プラクティス二日目

直前プラクティス二日目
これでもかっと言うくらい雨が降ります。プリプラから通算10日間、少しだけ晴れた日が一日あっただけです。雨の多い地域ですねと地元の方に聞いてみたら、今は特別だと言われました。いやいや(汗)ちゃんと晴れる日はあるのでしょうか…。桜も台無しです。
さて、湖はプレッシャーでいよいよ釣れなくなってきました。明日からの試合頑張ります。応援よろしくお願いします。

| コメント (0)

2010年3月24日 (水)

新作DVDのご案内

新作のDVDが3月31日に発売になります。舞台は集中してガイドを行っている冬の亀山ダム。もうだいぶ暖かくはなってきましたが、冬を懐かしむのもよし、来季の冬の教本にするもよし、食わせのテクニックを盗むもよし、お好きな角度からご覧ください。詳しくはアルバンのウェブサイトwww//alvan.co.jpをご覧下さい。

| コメント (0)

直前プラクティス初日

朝からトラブった今日は一日雨でした。濡れて困るのは体よりフックケース。ちなみに昨年出番0だったスモラバは大量に作っていれていたボックス内にいつの間にか雨水が入ったようで、シーズンオフにチェックしたら全ての針がさびていました。その数約30個…もったいない…。たまには使わなきゃダメですね。
プラは明日の14時までの予定。明日も雨のようです。

| コメント (0)

直前プラ初日前

直前プラ初日前
野村ダムまであと10キロという地点でこの有り様です。タイヤのバースト。借り物のトレーラーだけにスペアタイヤもなく、途方にくれましたが、若手のプロに助けていただきなんとか会場入りできそうです。高橋くん、掛水くん、伊藤くん、山下くん、貴重なプラクティスの直前にありがとうございました。
さて気を取り直して頑張ります。

| コメント (0)

2010年3月23日 (火)

土砂降り

土砂降り
野村ダムまであと50キロくらいのところに着きました。どこかで配線関係をチェックしようと思っていたのですが、土砂降りです。意を決して雨の中で作業をしたのでパンツまでびしょ濡れです。
この雨が上がればきっと春が来る― 春は天気もコロコロかわり、雨の度にそう思わされます。徐々に雨のあとの冷え込みも予報ほどではなくなってきましたし、今週末は春を満喫できるといいのですが…

| コメント (0)

2010年3月22日 (月)

サクラサク

本日東京の桜が開花しました。例年より六日早いようです。今週はトーナメントウィーク。私は今日、愛媛県の野村ダムに向けて出発しました。三連休最終日で道路は大渋滞です。のんびり走っていますが、道中の浜名湖のあたりはかなりの花が開いていました。週末のトーナメントもサクラサクように頑張ってきます。初戦、気合い入りますね。

| コメント (0)

2010年3月19日 (金)




今日は朝から曇りと北風で昼過ぎまで寒い一日でした。しかし水曜日とは違い、冷え込みが急激なものではなく、むしろローライトだったので釣果は順調に伸びました。ミノーで1人15回くらいバイトがあり、その七割がフッキングし、そしてその半分はジャンプなどで手前でバレてしまいましたが、残りがキャッチできたという感じです。MAXは46cmです。晴れ間の少ない今日はカバーはほんの少しだけ手を出しました。そこでも40アップがでました。

今週は大潮+低気圧接近で月曜日の午後から魚が動き出し、火曜日はシャローへの上がり口となるブレイク上でサタンワームやカットテールのライトキャロが爆発しました。レッグワームのダウンショットも効きました。この日は夕方頃からさらに魚の活性が上がり、ライトキャロよりミノーにパターンが変わってきました。
水曜日は一転して急激な冷え込み。シャロー上がり口は沈黙してしまいました。夕方頃にミノーの早引きにリアクション的な反応をすることに気づき、昨日と今日はそれを通して数が延びてきました。
ミノーの他にはオーバーハング最奥やシャローのエグレ半サイトパターンと岩盤カバーパターン、ワンド奥やシャローフラットカバーパターンがありました。日中は陽が射すとミノーなどの追いが悪くなるのでこちらで凌ぐ感じです。
ミノーはザッカーがメインです。昨日今日と圧倒的に反応のいいカラーがありましたから、色々と試してみることをお勧めします。岬周りなどはハイカットの方が深くからアプローチできてよいと思います。
カバーはチガークロークレージーレッグ3のテキサスです。できるだけ岩盤に絡んだ浮き草を狙うといいですが、サイズは微妙です。シャローやワンド奥の方がいいサイズが出ました。
オーバーハングはワンド入口付近をみると必ずショアタイトにバスが見えます。今回のガイド期間中はなかなか口を使ってくれませんでしたが、ナイスサイズも見えました。

エリアですが、私はやはり本湖がメイン。上流部は爆発力もある反面、三寒四温に影響され安定感もなく、シャローフラットの広い柳島や鳥居まわりの方が今まで安定して釣れているからです。しかしそんシャローフラットでも、その上にボートが何艇も乗ってしまうと口を使わなくなってしまいます。春の魚はナーバスでセレクティブ。そういったフィッシングプレッシャー対策も重要です。船団は避けた方が懸命です。もちろん小場所でも釣れました。
この一週間を振り返るとこんな感じでした。明日から三連休、天気も程よく崩れ、期待できそうな予感ですね。亀山にいかれる方は参考にしていただければと思います。
来週はいよいよトーナメントウィーク。私はしばらく亀山を離れます。

| コメント (0)

2010年3月18日 (木)

春復活

春復活
春復活
やはり晴れれば暖かく、今日は昨日の寒さから解放された一日でした。

そして暖かくなると釣果も順調にのびてきます。釣り方は主に前々日によかったシャローの上がり口ではなく、フラットサイド上の中層をリアクションをかける意味でのミノー早巻きです。ルアーはザッカー。早く引くとバランスを崩すその手前くらいのスピードです。ブレイクが急なところや岬まわりではハイカットが有効。こちらはバランスを崩し難いので立木か何か当ててやるほうがいいかもしれません。
この釣りはあくまでもリアクション。追い食いするようならミドストの方が釣れると思います。 明日でひとまず亀山は終了。次回ガイドの予定は未定ですが、このフィールドは本当に答えが明確にでて練習になるところです。

| コメント (0)

2010年3月17日 (水)

冬に逆戻り

今日は想像以上に冷えました。特に午前中は冷たい北風も吹き、冬に逆戻りです。当然昨日動き出したバスも今日はまばら。朝一のキャッチ以降はバイトのみで終わってしまいました。
冷え込みで弱った単発のベイトにチェイスするバスを何時か目撃。三寒四温のパターンは健在ですね。

| コメント (0)

2010年3月16日 (火)

春が来た

春が来た
春が来た
春が来た
今日は明け方の大雨から西の爆風の荒れた天気。しかし風は暖かく晴れていたので、とても暖かい一日でした。昨日のプラントと同じ場所、同じ攻め方を試したのですが、水が動いた今日は昨日と違って朝からバイト連発でした。食わせ方に微妙なタイミングがあることに気づき、朝30分ほどで二桁ペースかと思われましたが、07:30の震度3の地震で沈黙してしまいました。その後またポツリポツリと釣れ始め、一時はまた連発。ビッグワンこそ混じりませんでしたが、アベレージもよく、バイトは20近く、キャッチは二桁コースです。まさに春が来た感じです。ポイントはブレイク、オーバーハング奥が好調。攻め方のキモはタイトが基本でしたが、夕方雲が出た一時は魚は浮き始め、ミノーなど中層が良かったです。
明日の朝はまたかなり冷える予報です。さてどうなることやら…

| コメント (0)

2010年3月15日 (月)

亀山ダム

亀山ダム
亀山ダム
昨日はホワイトデー。フィッシングショーのときにチョコを下さった皆様、ありがとうございました。直接お返しするわけにもいかないので、お気持ちだけでも…

さて今日は亀山。昨日から大潮に入り、天気も良くなり気温、水温も上昇し今日はかなり期待が持てそうだったのですが、思った以上に反応が悪く苦戦しました。満水で水位が安定し流れがなくなっているのが一番の要因のようで、その証拠に流れのある上流部はなかなか釣れていたようです。ようやく口を使い出したのは下船間近。明日は低気圧も来ており雨も降って水が動くので期待大です。ただ浅いところばかりではなく、4〜6、そして8〜10mも意外と勝負になりそうな気がします。苦戦したら試してみて下さい。

| コメント (0)

2010年3月13日 (土)

トーナメント準備

今週末、来週末は第一戦の準備に当てることにしました。本当は少しでも多く湖上に出たかったのですが、初戦だけに車の整備から工具の整頓までしっかりやることにしました。とりわけ今日は車を重点的に。エンジンオイル、ATオイル、デフオイルを交換しました。私の車はなぜか思った以上に燃費が悪かったのすが、先日ヒューズを抜いてEFIをリセットしたらリッター2キロも上がりました。こんなこともあるんですね。

| コメント (0)

2010年3月10日 (水)

雪
昨日はしまなみ街道にのり尾道経由で本州に入りました。
今日は兵庫県にて。僅か10分でこんな真っ白になってしまいました。雪というより霰といった感じです。

| コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

野村ダム七日目

今日は停滞を余儀なくせざるを得ない天気予報だったのですが、明日の方が雨が雪になり、なお悪いということなので頑張って出船しました。しかし雨が冷たくリグるのはもちろんのこと、リールもうまく巻けないくらいかじかんでしまいました。
このような冷たい大雨の中の連日プラと、仮に明けの木曜日が晴れたとしても、冷えと濁りがミックスされた状態では八日目以降のプラとしてはあまり意味のあるものに思えず、本日でプリプラは締めようかと思います。
試合のためのピース集めとしては一先ず完了。あとはオフリミットの間にいかに白紙に戻せるかです。

さてプリプラは締めて帰路についたのですが、雪で松山道が通行止めになっています。果たして帰れるのか心配です。

| コメント (0)

2010年3月 8日 (月)

プリプラ六日目

一段と寒くなりました。明日は大雨の予報、明後日は雪になるような寒い雨のようです。こちらに来てから六日中四日は雨。晴れるとがらりと変わる時期だけに少し晴れの練習もしたいのですが…さすがに明日は停滞しようかと考え中です。

| コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

野村ダム5日目

今日は1日ぐづついた天気でした。気温も下がり少し寒く感じましたが、もう真冬のような寒さって感じはありません。まぁ1月や2月の亀山で慣れちゃってますから、3月は花粉以外は大概平気です、たぶん。

状況は見えたり見失ったりしています。開幕戦は毎年そうですが、いや…年々プレッシャーが掛かるようになりました。プリプラが始まったその日から、昨年の総合成績などもはや過去の話。初戦をどうとるか、そう思えば自信は全て根拠がなくなり、不安だけが明日の練習へのエネルギーになってきます。他に何もしたくなくなるほど、初戦のことだけを考えるこの開幕前の1ヶ月こそ、私にとってトーナメントへの憧れや尊敬、そして恐怖といった全てが詰まっている時間です。昨年のように初めから思ったように結果がでる年もあれば、一昨年のように出遅れが最後まで響いた年もあります。結果がどうであれ、初戦にどこまで気持ちを入れれるか、一年間戦っていく気持ちを作る上で大切ですよね。だいぶ気合いが入ってきましたよ。

| コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

啓蟄

昨日は二十四節季の啓蟄。冬眠していた虫が出てくるという日でした。言葉通り暖かく、湖上にはルリシジミが飛び回り、夜は外灯に何かいっぱい集まっていました。
春を感じましたが、今日は雨のち曇り、気温はまだ高めですが、明日から下がり、冬に戻った感じになる予報です。
野村ダム四日目が終わりました。ようやく人が多くなり、プレッシャーのためか湖が様変わりしてきました。今のところなんだか掴み所が見つかりません。試合で釣れたらいいのですから、今は我慢のときですかね…

| コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

DNA偏光グラス

本格的なサイトフィッシングシーズン前に新しい偏光グラスを手に入れては如何ですか?
私も愛用しているDNAの偏光グラス。Webページにて期間限定のアウトレット商品の格安販売を行っております。是非この機会にお買い求め下さい。
DNAのページへはトップページかプロフィールページのバナーをクリック下さい。

| コメント (0)

不思議な一日

関東を出て西へ向かうほど花粉症がヒドくなってきました。寝不足や疲れも重なって昨日まではホント大変でした。今日は雨のあと、気温は20℃近くまで上がる陽気でした。前日の酷さからこりゃヤバいと思いマスクを着用して出船したのですが、今日は花粉の影響が全くといっていいほどありませんでした。こんなことってあるんですね…正に花粉飛散条件にピッタリ当てはまった天気なのに。
おかげで今夜はグッスリ眠れそうです。

| コメント (0)

2010年3月 4日 (木)

野村バス

野村バス
楽勝50アップですね。色んなことが分かりかけてきたときこんなのが釣れました。分かりかけてきた証拠です。しかしまだまだ先は長い…いい試合ができるようにもちょい頑張ってきます。

| コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

野村ダム

野村ダム
野村ダム
遠い…走っても走っても着かないんですけど…ってくらいです。高速で向かってそんな感じ。以前のように下道なら5日くらいみてなきゃってくらいですね。
でもようやく無事に着きました。さてプリプラ頑張ってきます。

| コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

池原ダム

池原ダム
第一戦の会場、野村ダムに向かったはずですが、今は紀伊半島の南、池原ダムにいます。
今回の試合は60馬力制限という微妙なイレギュラーレギュレーションのため、カーブの店とホワイトリバーさんの協力でアルミボートをお借りすることになりました。
カーブのおっちゃんに手を借りながら魚探の配線等セッティングをやり直そうと思っていたのですがなかなか思うように行かず、苦戦していたところ、たまたま近くに居合わせた光電設の光成さんが快くて手伝って下さいました。魚探の電源やネットワークなどの線の接続屋や配置を実にきれいにやっていただきました。さすがプロ。これでボートはばっちりです。ありがとうございました。
ここから野村ダムまではまだ8時間くらい。野村ダムは四国の西の端に近いです。さて残りの運転がんばります。

| コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »